【小学生の自由研究にも】出版社社員イチオシ! 知的好奇心をはぐくむ工作本&絵本

更新日:2022年7月30日 / 公開日:2022年7月30日

出版社などで働く本のプロがテーマに沿ったおすすめの本を紹介! 季節やイベントを楽しめる本、子どもと読みたい本、育児に悩むママ・パパの心を軽くする本などなど、「今、読みたい本」が見つかるかも?

本のプロがおすすめする本をもっと見る

夏休みがチャンス! 子どもの知的好奇心をはぐくむ4冊

ついに夏休みがスタート! レジャーや帰省など楽しいイベントが盛りだくさんですね。子どもと過ごす時間が増えるこのシーズン、せっかくなら子どもの知的好奇心をはぐくむ機会にしてみませんか?

今回は、工作本や絵本など子どもの知的好奇心をはぐくむのにぴったりな本を、くもん出版、偕成社、福音館書店、岩崎書店の出版社社員が厳選して紹介。小学生の夏休みの自由研究に役立つ本もありますよ!

ワクワク!かんたん!おうちSTEAM(STEAM JAPAN編集部・編/くもん出版)

STEAM教育に特化した日本唯一のメディアであるSTEAM JAPAN編集部を編者に迎え、世界で実践されているSTEAM教育のアクティビティ(実験・工作)の中から、簡単で楽しくできるもの、子どもたちが探究や創造をひろげられるものを30例紹介。日本ではまだ少ない幼児からのSTEAM教育を家庭で実践でき、子どもたちの自主性や表現する力、達成感を引き出します。

切り取ってすぐできるアクティビティシートと、発見やアイデアをかきこめるアクティビティノートのふろくつきで、手軽かつ本格的に実践をはじめられます。

夏休みにもピッタリ!幼児から小学生まで、親子でいっしょに取り組めます。

この本をおすすめしてくれたのは…

ふきさんのアイデアおもちゃ大百科(佐藤 蕗・著/偕成社)

新聞・雑誌・webで活躍する手作りおもちゃ作家、ふきさんこと佐藤蕗さんによる、あそびのレシピ集。ふだんの暮らしの中でできる、楽しい工作・遊びを紹介しています。たとえば、窓付き封筒を活用した「封筒絵本」、ペットボトルで作る「かおボトル」など、ネーミングもユニーク。また、おもちゃの作り方だけでなく、いつもの公園がちょっとしたアイデアで楽しくなる遊び方も提案しています。

ふきさんは、幼いころから工作が大好きで、2人の息子さんの子育てにも、手作りのおもちゃが大活躍。それをSNSで紹介したところ、大きな話題になり、おもちゃ作家として活動するようになりました。

ふきさんの手にかかれば、身近なものにちょっとしたアイデアを加えるだけで、「なるほど、そうきたか!」とおどろくような楽しいおもちゃができあがります。もちろん楽しさもふきさんのご家庭で実証済みなので、子どもたちが喜ぶこと間違いなしです。

この本をおすすめしてくれたのは…

『ふきさんのアイデアおもちゃ大百科』掲載作品・作り方を試し読み!

マイナビ子育てでは『ふきさんのアイデアおもちゃ大百科』での紹介作品の一部を試し読み可能。作り方も解説しています。

『ふきさんのアイデアおもちゃ大百科』を試し読み

アリの かぞく(島田 拓・文、大島 加奈子・絵 /福音館書店)

他の多くの虫とは違い、家族で協力して暮らす虫、アリ。その高度な社会性を捉えた科学絵本です。「アリの巣ってどうなってるの?」という、子どもたちの疑問に答える絵本の決定版! ふだん見ることのできない地面の下には、大人も驚くようなドラマが隠されていたのです。

絵本のはじまりは1匹の女王アリが公園の地面で巣をつくる様子から。小さな巣穴ができると、女王アリはその中で産卵して家族をつくりました。そして、懸命な育児により、働きアリにまで育てた子どもたちと協力し、さらに家族を増やし続けます。もちろん家族が増えるぶん、巣穴も広げてゆきます。ところがある日、巣穴が石に囲まれて広げられなくなってしまいました。まだまだ家族を増やしたいのに、どうしたらいいのでしょう!?すると、働きアリが家族をくわえて持ち上げ、どこかへ運びはじめました。引っ越しがはじまったのです!

小さな命が支え合う様子が活き活きと描かれた作品です。

この本をおすすめしてくれたのは…

かみなり(武田康男 監修・写真、小杉みのり 構成・文/岩崎書店)

夏の風物詩、かみなり。

かみなりってなあに? どこで どうして うまれるの? じめんにおちるのはどうして? かみなりのふしぎさやうつくしさ、自然の姿をとらえた、迫力満点の写真絵本。かみなりぐものドラマを軸に、さまざまなかみなりの表情を写真で紹介。

一見、同じかたちに見えるかみなりにも、様々な違いや個性のようなものがあることをご存じでしたか!?

巻末ではかみなりのおこるしくみをくわしく解説。おとなの方も知らないことが盛り沢山ですので、読み聞かせをしつつ、子どもと一緒に学べます。

自然現象は科学への最も身近な入口でもありますので、空模様が変化したら本書を思い出していただき、知られざる魅力をお楽しみください。

この本をおすすめしてくれたのは…

本で夏休みのおうち時間がもっと楽しくなる!

親子やきょうだいで工作に取り組んだり、おうちでも自然観察の気分が味わえる4冊を紹介しました。暑さが厳しい日も天気がすぐれない日も、本があれば楽しくおうち時間を過ごせそうです!

(寄稿協力:くもん出版、偕成社、福音館書店、岩崎書店/掲載協力:大日本印刷/マイナビ子育て編集部)

<関連リンク> ・お風呂で遊べる簡単ペットボトル工作 子どもウケ間違いなし、かおボトルとなかまたち『ふきさんのアイデアおもちゃ大百科』

【担当編集イチオシも】寝かしつけやイヤイヤ期……育児中の「困った!」に役立つ本 #推し本教えてください!

【本のプロが厳選】児童書・保育雑誌編集者がオススメする0~2歳向け知育絵本 #推し本教えてください!


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録