「手首をサポートする枕」として特許を取得した、“装着するまくら”がMakuakeに登場

更新日:2022年8月1日 / 公開日:2022年8月1日


睡眠に関わる問題に取り組むスタートアップ企業のイノバエルダ社は、「手首をサポートする枕」として特許を取得した『Comin'(カミン)ナップ 装着する「まくら」』を、7月28日(木)~8月30日(火)の期間で応援購入サービス・Makuake(マクアケ)にて先行販売中だ。

オフィスでの昼休みにサッと仮眠


日本生まれの『Comin'(カミン)ナップ 装着する「まくら」』は、眠気があるのに環境が整わず、仮眠ができない人のための「まくら」だ。

オフィスでの昼休み、介護現場などの休憩、勉強の合間などに、自然な姿勢で周りの眼も気にならず、サッと仮眠できる。

手首サポートで負担軽減


本体に設置された「プレート(芯)」が手首をサポートして頭部を支え、「クッション」「サポーター」の弾力性が手首への圧力を分散してくれるので、負担が軽減されて心地よい仮眠が可能に。


背すじが伸びた自然な姿勢で仮眠が取れるようになり、座ったままの仮眠でありがちな首・肩・腰への負担も軽減される。


周囲の環境に合わせて左右どちらの手にも装着でき、重さは100gと軽量。収納すれば、22×14cmと小さなポーチほどの大きさだ。

交換枕のありなしにより2種類展開


本体+ライトブルーの枕+携帯袋の「スタンダード」と、


本体+ライトブルーの枕+ネイビーの交換枕+携帯袋の「エクストラ」の2種類がある。一般通常価格は「スタンダード」が4,680円、「エクストラ」が6,180円。どちらも限定1,000個となっている。

どちらも超早割で20%、早割で15%のオフとなる。セット割やまとめ割などの割引もあるが、それぞれ販売個数に限りがあるので早めにチェックしよう、詳細は、Makuakeのプロジェクトページで確認を。

「手首をサポートする枕」で有意義に仮眠をとってみては。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:使ってわかる心地よさ Comin’(カミン)ナップ 装着する「まくら」



この記事の著者

ログイン・無料会員登録