まるで生花のよう!生花卸会社によるドライフラワーブランド「Re:bloom」誕生

更新日:2022年8月2日 / 公開日:2022年8月2日


創業53年の生花卸会社「サンフラワーアート」が、従来のドライフラワーの常識を覆すドライフラワーブランド「Re:bloom(リ・ブルーム)」のブランドサイトをオープンした。

花の廃棄を減らし花の命を永く慈しむ


生花は鮮度が命。それは楽しめる時間が短く儚い存在であること、そして早く捨てられることを意味している。


花の廃棄を減らし、花の命をもっと永く慈しみたい、そんな同社の想いから生まれたのが「Re:bloom」だ。

ワンランク上のドライフラワー


ドライフラワーはこれまで、生花本来の色がベージュっぽく色あせてしまったり、乾燥工程において花びら同士がくっつき、小さくしぼんでしまったりといった問題が多くあった。


「Re:bloom」のプレミアムドライフラワーは、最先端の機械を駆使した独自の乾燥技術で生花を乾燥させることにより、本来の色に近い発色のまま、彩りゆたかで美しいドライフラワーに生まれ変わるのが特徴。


一枚一枚の花びらが美しく開き、しぼむことなく本来の大きさをキープ。まさに従来のドライフラワーの常識を覆す、ワンランク上のドライフラワーだ。

プロも唸る薔薇のドライフラワー


プレミアムドライフラワーの違いが最もよくわかるのは、薔薇のドライフラワー。生花と見間違えるほどの美しい発色を残した薔薇のドライフラワーは、50年以上にわたり生花と向き合ってきたプロも唸るクオリティだ。

フルオーダーメイドのドライフラワーアート


同ブランドサイトからは、オランダのフラワーアレンジメントの国家資格を持ち、日本の生け花の師範でもあるフラワーデザイナー・⼩川くみ子氏監修による、フルオーダーメイドのドライフラワーアートもオーダー可能。


異なる質感のドライフラワーや異素材を組み合わせることで、プレミアムドライフラワーの美しい風合いをより⼀層引き立たせている。

生花代わりとして重宝できる


水を必要とせず、生花と見間違うような発色や風合いが楽しめるプレミアムドライフラワーは、長期間に及ぶイベントの装飾や水を使用できない場所の装飾に、生花代わりとして重宝できるのもポイント。


ホテルのロビーやレストラン、バー、サロン、アパレルショップのインテリアデザイン、結婚式、祝賀会、セミナーなどの会場デコレーション、写真撮影、ファッションショーなど、「Re:bloom」の色彩ゆたかで幻想的なドライフラワーアートで、非日常な空間を演出しよう!

「Re:bloom」のドライフラワーは、全国のフラワーショップや雑貨店にも卸販売されているので、利用してみては。

「Re:bloom」URL:https://www.rebloom.ne.jp/



この記事の著者

ログイン・無料会員登録