圧巻の超大作に度肝を抜かれた!! 5歳児が全集中して作り上げたすごすぎるプラレールタワー

更新日:2022年8月2日 / 公開日:2022年8月2日

プラレール好きな5歳の男の子が、天井に届くほどのビッグスケールで作り上げた立体線路が圧巻です!

クオリティがプロレベル!

電車や新幹線の子ども人気はもはや不動。自宅でプラレールを組み立てて遊ぶお子さんも多いですよね。

はばちこ(@habachiko)さんの5歳の息子さんもまさにプラレール好きだそうですが、ある番組に刺激を受けて1日かけて作り上げたという線路が「プラレール博とか展示会とかにあるやつ」「テーマパークみたい、クオリティー高すぎる」と大きな話題を集めました。

実際に制作したものがこちら!

天井まで届きそうなビッグサイズの立体的な線路! パーツの色の組み合わせなど細かいところにもこだわりが詰まっていて、とんでもないクオリティーです。

これを5歳のお子さんが一人で1日かけて作ったというのですから、驚きますよね。 投稿主のはばちこさんに、お話をお聞きしました。

――息子さんはどういった経緯でこの超大作を作られたのですか?

はばちこさんその日、朝ご飯を食べながら、録画してあった番組を見たことがきっかけです。プラレールでタワーを2つ作成して最後に上で繋げるレイアウトをプロの方たちが作っているのを見て、「すごい! つくろう!」と決意し、食事のあと製作開始しました。

――朝から1日かけて作ったそうですね。どんな順番で作り上げていったのか教えてください。

はばちこさん午前中に画像左側のタワーを作り、午後に右側のタワーを作成して上で繋げました。

――とても美しい構造物になっていますが、どんなところが大変そうでしたか?

はばちこさん高いところの作業です。私が抱っこや肩車で補助したのですが、慣れない作業ですので大変でした。

――抱っこや肩車で! ばばちこさんもおつかれさまでした。息子さんがこだわったポイントは?

はばちこさん左右のタワーの役割を分けた点だそうです。左側は各階を車両が走らせられるようにしました(多くの車両を同時に走らせられる)。右側はお気に入りの1台がループ(下から上まで登って下の位置に戻る)できるようにしました。使う橋脚も実物に近い灰色をメインに使用しました。

――自由な発想とそれを実現するスキルが備わっていているのですね。本当にすごいと思います。完成したとき、はばちこさんはどんなお気持ちでしたか?

はばちこさんよくやった、集中力すごい!また、多くの部品を集めていて良かったな~とも思いました。

――子どもの集中力は大人の想像を超えるものがありますね。たくさんのパーツを使って、これからも様々な創作をしてくださいね。はばちこさん、すてきなお話をありがとうございました。

==================== 投稿主はばちこさん Twitter@habachiko

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事> ・「3歳児にカメラを渡して仕事に行ったら」言葉ではなく写真が伝える息子の今日の出来事に「うるっときた」「センスがありすぎる」

保育園で書いてきた謎の手紙をくっつけてみたら……「天才!」「発想力がすごい!」

1歳児とラブラドールが「リアルもののけ姫」状態に……堂々とした乗りこなしに驚き!


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録