嵜本ベーカリーから塩トリュフパン登場!期間限定「北海道育ちのとうもろこし食パン」も

更新日:2022年8月9日 / 公開日:2022年8月9日

高級食パン専門店「嵜本ベーカリー」が、「嵜本の塩トリュフパン」と期間限定商品「北海道育ちのとうもろこし食パン 」を販売している。

高級感漂う「嵜本の塩トリュフパン」


8月10日(水)から販売がスタートした「嵜本の塩トリュフパン」190円(税込)。もっちりとした生地の中にトリュフと発酵バターを巻き込み丁寧に焼きこんでいる。

■バターとトリュフオイルの香りがふわっと薫る


「嵜本の塩トリュフパン」は、発酵バターが生地に溶け込むことで、口に入れた瞬間に発酵バターがじゅわっと広がり、バターとトリュフオイルの香りがふわっと薫る。仕上げにアクセントとして黒トリュフ塩をかけることで、より一層トリュフを感じることができる。

■「嵜本ベーカリー」27店舗で購入可能


「嵜本の塩トリュフパン」は、「嵜本ベーカリー」27店舗で購入可能。販売店舗等は、「嵜本ベーカリー」公式サイトにて確認を。

「嵜本の塩トリュフパン」で、シンプルな塩パンと贅沢なトリュフのハーモニーを味わってみては。

嵜本の塩トリュフパン:https://shokupan-sakimoto.com/shokupan/salt-truffle-bnread/

北海道十勝産とうもろこしを使用した「北海道育ちのとうもろこし食パン」


また、「嵜本ベーカリー」では8月31日(水)までの期間限定で「北海道育ちのとうもろこし食パン」800円(税込)を販売している。

■北海道十勝産のとうもろこしを使用


食欲をそそる、北海道十勝産のとうもろこしを使用した香ばしい匂い。粒状のとうもろこしと、固形マヨネーズを混ぜ込むことで食感にアクセントを加えた。仕上げにコーングリッツを振りかけこんがりと焼き上げている。

■北海道の店舗は美瑛産とうもろこしを使用

同店では、6月1日(水)から全国で初めてご当地限定商品として、福岡限定商品の“博多名物 明太⼦とチーズの⾷パン”の販売を開始した。これまで限定食パンは、甘いスイーツ系の商品しか販売したことがなかったが、ユーザーの多くの声をから、食事系の食パンを開発することとなった。

第2弾として北海道限定「美瑛育ちのとうもろこし食パン」を開発。全国販売では、十勝産のとうもろこしを使用し、販売することとなった。なお、北海道の店舗は美瑛産とうもろこしを使用している。

■オンラインショップでも受付中


「北海道育ちのとうもろこし食パン」は全国36店舗で購入できるほか、各店への電話、公式アプリ、オンラインショップで受付中だ。販売店舗等は、「嵜本ベーカリー」公式サイトにて確認を。

■高級食パン嵜本


「嵜本ベーカリー」は、国内37店舗、海外8店舗を展開する高級食パン専門店。

看板商品は卵・牛乳を使わずに小麦本来の味わいと香りが楽しめる「極美‟ナチュラル”食パン」と、北海道産牛乳や生クリーム、国産はちみつなど贅沢素材を使用したもっちり食感の極生‟北海道ミルクバター”食パンの2種類。

さらに嵜本の食パンと相性のいいジャム16種類は、それぞれの素材の美味しさを最大限に活かした宝石のようにキラキラと美しい色合いの逸品を用意。購入した翌日から「ちょっと贅沢な朝食時間」が楽しめそうだ。

なお、「北海道育ちのとうもろこし食パン」は、8月限定での販売となっているので、気になる人はお早めに。

北海道育ちのとうもろこし食パン:https://shokupan-sakimoto.com/shokupan/hokkaidou-corn-shokupan/
嵜本公式オンラインショップ:https://sakimoto.shop-pro.jp/

高級食パン専門店から登場した個性豊かなパンをチェックしてみて。



この記事の著者

ログイン・無料会員登録