「ひろげてびっくり」体験で赤ちゃんの知識が5倍に! 仕掛けつき図鑑絵本『ひろげて びっくり! あかちゃんずかん どうぶつ』新発売

更新日:2022年8月10日 / 公開日:2022年8月10日

主婦の友社は8月4日、ページがダイナミックに広がる仕掛けつき図鑑絵本『ひろげて びっくり! あかちゃんずかん どうぶつ』を発売しました。

シリーズ累計48万部突破シリーズから、初の赤ちゃん向け仕掛け図鑑が登場!

赤ちゃんとのコミュニケーションを促し、好奇心を育てるシリーズとして累計48万部以上を発行している「頭のいい子を育てるプチ」シリーズ。

今回は、ページがダイナミックに広がる仕掛けつき図鑑絵本『ひろげて びっくり!あかちゃんずかん どうぶつ』が登場しました。ページが広がり、同じどうぶつが4つのシーンで現れる仕掛けで、めくるたびに驚きと楽しさがあるインタラクティブな絵本となっています。

登場する動物は「いぬ」「ねこ」「ぞう」「パンダ」「きりん」「うさぎ」、の6種類を厳選。赤ちゃんがはじめて出会うファースト図鑑にぴったりの内容です。

イラストと写真の5つのシーンで知識が広がる、記憶力が育つ!

同書では、招き猫のイラスト、公園で遊んでいる猫、丸まって寝ている猫のイラストなど、同じ仲間のどうぶつをイラストと写真の5つのシーンで紹介。どうぶつの名前を覚えるだけでなく、考える力や観察する力も育むことができます。

監修の<クボタメソッド(リトルランド)>からメッセージ

人間の記憶の仕組みを「ネコ」を見たときを例に紹介しましょう。

まず最初に、目から入った「ネコ」の情報は脳の前頭前野で「ネコ」と判断されたあと、脳の海馬を通って「ネコ情報」という記憶の引き出しに保管されます。これは、写真、絵、実物、どこから得た情報も同じです。

記憶の引き出しに保管された後は、写真や、絵や、実物を見るたびに、目から入ってきた「ネコ」情報と、記憶の引き出しに保管されている「ネコ情報」が前頭前野で瞬時に刷り合わされ、「ネコ」と認識するようになります。

この短時間(1、2秒前後)の刷り合わせ作業の時に、前頭前野はフル回転して育つので、「考える力」「比較する力」「観察する力」が身につくのです。さらに「ネコ」を見るたびに、「ネコ情報」は記憶されたり、記憶の引き出しから前頭前野に引っ張りだされたりするため、海馬が鍛えられて記憶力も育つのです。

作者・監修紹介

作・絵/かしわらあきお

新しいこと好き。ワクワク好き。アイデアマグマ、常時噴火中。自らのイラストを素材にデザインを展開し、ひとつの世界観をつくり出す達人。キャラクター開発、動画制作、ブックデザイン、商品企画など、幅広い分野でその技をいかんなく発揮中。著書に『あかちゃんごおしゃべりえほん』『あかちゃんごおしゃべりずかん』(主婦の友社)、『しましまぐるぐる』を代表する『いっしょにあそぼ』シリーズ(全11巻、学研プラス)、『ゆびあそぶっく』シリーズ(全6巻、ひかりのくに)など多数。

監修/くぼたのうけん(旧クボタメソッド能力開発教室)

「クボタメソッド」は、久保田競先生、カヨ子先生と主婦の友社が35年かけて築いてきた、子どもたちの「脳力」を最大限に伸ばすための最新育脳プログラム。久保田競先生は、大脳生理学研究の第一人者。久保田カヨ子先生は、「脳科学おばあちゃん」としてテレビ出演や講演を重ねた。2019年8月逝去。

書誌情報

『頭のいい子を育てるプチひろげて びっくり!あかちゃんずかん どうぶつ』 作・絵:かしわらあきお 監修:くぼたのうけん(旧クボタメソッド能力開発教室) 定価:1,430円(10%税込) 発売日:2022年8月4日(木) https://www.amazon.co.jp/dp/4074519909/


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録