来季トレンドのスパンコールを意識した【グリッターネイル】

更新日:2022年8月14日 / 公開日:2022年8月14日

2022年秋冬のトレンドアイテムの一つとされているのが、スパンコール。キラキラと輝き、とっても可愛いですよね。見ているだけで、テンションが上がる方も多いはず。そんなスパンコール、ネイルにも取り入れたいところですが、サイズや厚みなどの理由から、なかなか難しいですよね。そんなときは、スパンコールに似た光り方をする「グリッター」を使ったデザインにしてみてはいかがでしょうか。ラメやホログラムをミックスさせて、あなただけのギラギラネイルを楽しみましょう!

シンプルなワンカラーでグリッターを引き立たせて

via itnail.jp

大粒のグリッターを敷き詰めて、ギラギラに。思いっきりグリッターを楽しみたい方は、自爪が隠れるくらい大胆に乗せてみて。ラメ入りのアイボリーを交互に塗って、ちょっと落ち着かせているのも◎。ラインストーンやパーツなどは何も乗せないで、この輝きをそのまま味わって。

via itnail.jp

イエロー・オーロラに光るホログラムとラメをミックスさせた、クリア系グリッターネイル。秋冬のトレンドを意識したネイルとはいえ、まだ暑い日が続く今にピッタリですよね。涼しげにして、残暑を乗り切りましょう。このような透明のグリッターは、塗り方によってキラキラ具合をお好みに変えられるのもポイント。もっとゴージャスにしたい場合は、重ね塗りすればOK。

流れるようなラメグラデーションでキラキラに

via itnail.jp

グリッターのラメグラデーションをベースに、色々なサイズの乱切りホログラムを乗せたアート。普通のラメグラでは物足りない方にオススメ。ラメ・丸ホログラム・乱切りホロとたくさんのキラキラアイテムを使用しているので、指を動かす度に違う表情をしてくれます。シンプルなので、飽きにくいです。

via itnail.jp

カラフル好きにはたまらないデザイン。オレンジ・シルバー・ピンクをメインに、根元側からホログラムを散らつかせて、POPな仕上がりに。ベージュのスキンカラーをワンカラーで塗ることで、POP感を少し落ち着かせた、計算されたデザインです。

via itnail.jp

定番のラメグラデーションに、人差し指のワンポイントアートが素敵なネイル。グラデーションは幅を狭めにデザインして、上品な仕上がりに。ラメをどれくらい入れるのか、範囲によって印象はとても変わりますので、ネイリストさんとよく相談してくださいね。

via itnail.jp

ラインストーン好きは、是非こちらのデザインを!グリッターは控えめに乗せ、ラインストーンとVカットを3点置き。ゴージャスになりすぎない程度にグリッターを乗せることで、ストーンの輝きもしっかりと出ていますね。この画像では、ラメはシルバー、ラインストーンはクリスタルを使用していますが、他のカラーにチェンジするのも可愛いですよ。例えば、ピンクや赤など。お好きな色にすれば、もっと気分が上がるはず。

via itnail.jp

シアーピンクのグラデーションをして、根元にゴールドのグリッターをON。さりげなく入った星もキュート。このデザインのように、10本全てのネイルを同じアートに統一すると、まとまりが出て清楚な感じになります。清潔感が欲しい方やシンプルなイメージにしたい方は、意識してみてください。

グリッターとキラキラアートをミックスさせて

via itnail.jp

色々なアートをミックスした、ゴールドネイル。ラメ×ホログラムのグリッターネイルをメインに、フラワーのパーツアートや、ラインアートを盛り込んで華やかに。やりたいアートがたくさんある場合も、全体のカラーをゴールドで統一したり、クリア感を残すことで、うまくまとめることができます。好きなアートをたくさんして、自分だけのネイル楽しんで。


Itnail編集部


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録