「じっくりコトコト」新商品も!ポッカサッポロフード&ビバレッジのスープに注目

更新日:2022年8月19日 / 公開日:2022年8月19日

ポッカサッポロフード&ビバレッジが、「じっくりコトコトこんがりパン発酵素材の麹とけこむきのこポタージュカップ」と「おうちスープ」シリーズのコーンスープとポタージュを発売する。

「じっくりコトコトこんがりパン発酵素材の麹とけこむきのこポタージュ」


8月22日(月)から、じっくりコトコトシリーズのカップ入り 「じっくりコトコトこんがりパン発酵素材の麹とけこむきのこポタージュカップ」160円(税別)が全国で発売される。

■きのこのおいしさを引き立たせた商品

まろやかな味わいのきのこポタージュに麹を加えることで、きのこのおいしさを引き立たせた同商品。発酵素材の麹がとけこんだ、まろやかな味わいのきのこポタージュに、こんがり焼いたひとくちサイズのパンが入っている。パンにじゅわ~っとしみこんだおいしさで、小腹を満たしながら、発酵素材の麹を美味しくとることができる。

■おいしく麹も摂れるきのこポタージュの提案

「野菜」や「減塩」など健康を訴求するカップ入りスープの市場は、コロナ前の2018年と比較して、2021年は120%(※1)と大きく伸長していて、食事でも健康に気を遣いたい方が増加していることが考えられる。マイボイスコムが2021年に実施した調査(※2)では、麹をはじめとする発酵食品は、「健康によさそう」「おいしそう」というイメージをきっかけに摂取する人も多く、40代以降の女性を中心に発酵食品への関心も高いことがわかった。このような背景を受け、同商品が発売されることになった。

「こんがりパン」と濃厚スープで、おいしく小腹を満たしてみては。

※1 出典:インテージSRI+インスタントスープ市場推計販売規模 期間:2017年~2022年(3月~2月)業 態:全国SM+CVS+DRG+HC                                       
※2 出典:マイボイスコム株式会社「発酵食品に関するアンケート調査」2021年11月実施(n=10,295)

じっくりコトコトシリーズ:https://www.pokkasapporo-fb.jp/jikkuri/kongaripan/

「おうちスープコーンスープ240g袋」&「おうちスープポタージュ240g袋」


また、同じく8月22日(月)、ポッカサッポロフード&ビバレッジは、新シリーズとなる「おうちスープ」シリーズの「おうちスープコーンスープ240g袋」と「おうちスープポタージュ240g袋」を全国で発売する。

■大容量タイプの袋入りスープ

「おうちスープ」は、大容量タイプの袋入りスープとして、昨年数量・期間限定で販売した商品だ。コロナ禍で生活スタイルや働き方が変化したことで、家庭でスープを楽しむシーンや頻度が増加。子どもを持つファミリー層を中心に「家族皆で楽しめ、それぞれ食べたい量や好みの濃さに調整できる」「小さい子供には1袋は多いので無駄なく作れて便利」「簡単にすぐに使える」といった様々な声と、再購入希望の問合せが多く寄せられた。


今回、その要望に応える形で全国展開することになった「おうちスープ」は、粉末スープの量、お湯の量を自分で調整することで、好みの濃さと量でスープを食べることができる。具材が入っていないので、ドリア等の料理に使える汎用性もあり、様々なシーンで手軽にアレンジして使うことも可能。チャック付きの大袋には、スープ約20杯分が入っているため、ホームユースとしてのお得感もある。賞味期間は未開封時で19ヶ月。備蓄用に自宅でストックするにも非常に便利だ。また、インスタントスープでは個包装されている商品が多い中、環境にやさしい簡易包装となっている。

■フレーバーは定番の「コーン」と「ポタージュ」の2種類


フレーバーは定番の「コーン」と「ポタージュ」の2種類で展開。コーンはスーパースイートコーン(※1)の甘さで美味しく食べやすい味わいで、「ポタージュ」は、じゃがいも(※2)の素材の美味しさとクリーミーさが特長。いずれもチキンエキスや野菜の旨みも加えることで、深い味わいに仕上げている。

好きな濃さ、好きな量で、自由にアレンジしてみて。

※1 1食当りとうもろこし配合量:2.13 g(乾燥重量)
※2 1食当りのじゃがいも配合量:2.47g(乾燥重量)

おうちでスープを味わいながら、ほっと一息ついてみて。

ポッカサッポロフード&ビバレッジHP:https://www.pokkasapporo-fb.jp/

(ソルトピーチ)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録