アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

月額550円で料理やドリンクを毎日3品楽しめるサービス「バズパス」が開始!

/

目次


PLUS ONE FACTORYは、8月1日(月)より月額550円(税込)で料理やドリンクを無料で楽しめる定額パスサービス「バズパス」のサービスを開始中だ。

実店舗へ客を呼び込む施策としてサービスをスタート


昨今、新型コロナウィルスの影響で外食産業、特に居酒屋業態の運営は非常に厳しくなっている。以前は約100万店とも言われていた市場規模も、現在では約60万店にまで減ったと言われている。

宅配サービスや通販業態の市場が伸長している一方で、外食産業が低迷し、飲食業の基本である実店舗の売上を支えるサービスが必要とされていた。実店舗へ足を運んでもらいたいという想いから、同サービスの着想へと至ったという。

同社の代表取締役である米本博貴氏は、飲食店経営の経験が長く、現場の課題感を感じていた身として、必要なのは新規来店時にしか使われないクーポンではなく、継続して利用してもらい、飲食店に定期的に足を運んでもらうためのツールであると考えていた。

また、飲食店スタッフの雇用を下支えするためのサポートは何かを考え、「バズパス」会員売上の一部を飲食店に還元することを事業目的の一つとして、サービスをスタートした。

「バズパス」で料理やドリンクが1品無料に


『動画+はしご飯』を特徴とする「バズパス」は、掲載されている店舗でスマートフォンを使って「バズパス」を提示すると、1店舗につき1日1回、料理やドリンクが1品無料になる特典を受けることができるサービスだ。

また、「バズパス」は1日に3店舗まで使用できるため、はしご酒だけでなくはしご飯まで手頃に楽しめる。「バズパス」を使って近隣の掲載店を検索すると、画像だけでなく動画で店の雰囲気を知ることができ、その日の気分に合わせて好きな店舗や無料のバズパスメニューを選んで使える。

さらに、「バズパス」会員の売上の一部は、飲食店やその店舗スタッフに還元する仕組みになっており、飲食業界初の「パス+雇用支援」サービスとなっている。

ユーザーと掲載店舗の両方にメリット


ユーザーは、1日3品の無料パスが全国の掲載店で無料で使える。ランチでパスを使った日の夜には飲み会でも使うことが可能だ。そして店舗の雰囲気をYouTube動画で見ることができる。

一方で掲載店舗は、広告費や掲載費などのランニングコストが一切かからない。パスの仕組みを来店客に利用してもらうことで、リピート率が向上。新規会員を獲得したら売上の一部がスタッフに還元されるので、モチベーションと収入アップの手助けに。そして動画で店舗のことを知ってもらうことができるので、写真や文字だけでは伝わらなかった魅力が伝わるようになる。

「バズパス」で料理やドリンクを手頃に楽しもう。

「バズパス」概要:https://buzz-pass.com/



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録