エキゾチックワールド立川立飛店にコモンマーモセットとムツオビアルマジロが仲間入り

更新日:2022年8月26日 / 公開日:2022年8月26日


ペット及びペット用品の販売、トリミング・ペットホテルを運営するトーリーメイトは、7月21日(木)にエキゾチックワールド立川立飛店とみなとみらい店との店舗間で動物たちの引っ越しを行った。

店舗間で動物たちの引っ越しを行った

エキゾチックワールド立川立飛店に「コモンマーモセット」と「ムツオビアルマジロ」が新しく仲間入りをし、「ルリコンゴウインコ」と「ケープハイラックス」がみなとみらい店へ引越しをした。

新しく仲間入りをした、「コモンマーモセット」と「ムツオビアルマジロ」について紹介したい。

コモンマーモセット

「コモンマーモセット」は、南米に住んでいるサル。とても小さく人の肩に乗れるサイズだ。食事は果物やサル専用に作られたモンキーフードを食べる。

警戒心は強いが、人に慣れてくると撫でてほしがったりスキンシップの幅が広くなる。

ムツオビアルマジロ

「ムツオビアルマジロ」は、主に南アメリカに生息している生き物。同店にいる子は大人で30cmほどの大きさ。雑食性でなんでも食べるが同店ではドッグフードなどをあげているという。

穴を掘ったり、自分の匂いを付けて安心する環境を作るため砂を敷いたケージを準備すると飼いやすいそうだ。

また警戒心も無く、散歩するとトコトコとあたりを探索するように歩きまわる。

他にもアカブチジェネットやミーアキャットなども

他にも「アカブチジェネット」や「ミーアキャット」などもいる。

「アカブチジェネット」は、入店当初は警戒心が強く近寄って暮れなかったが、肉球タッチや鼻タッチをさせてくれるようになったそうだ。

「ミーアキャット」は、ベビーの頃から抱っこをしたり、ポーチに入れて一緒に仕事をしたりシリンジからミルクをあげているので、人が大好きに育っているそう。

フクロウコーナーも新設

8月10日(水)にフクロウコーナーも新設しているので、猛禽類が好きなユーザーも必見だ。

「アカアシモリフクロウ」「シロメンフクロウ」「サバクコノハズク」「スンダオオコノハズク」「アカスズメフクロウ(グレーカラー)」の5種類のフクロウいる。今後は、フクロウグッズも展開予定だという。

他にもたくさんの生き物たちがいる。生体の画像については、同社ホームページ又はInstagramにて配信中なので、チェックしてみては。

新しく仲間入りをした、「コモンマーモセット」と「ムツオビアルマジロ」に会いに、エキゾチックワールド立川立飛店へ足を運んでみては。

■エキゾチックワールド立川立飛店
所在地:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛 1FペットパラダイスDX内
定休日:ららぽーと立川立飛の定休日に準ずる
営業時間:10:00~21:00(最新の営業時間はホームページで確認を)
公式サイト:https://torimate.com/shop/tachikawa/
公式Instagram:https://www.instagram.com/exoticworld_tachikawa/

(角谷良平)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録