めっちゃ簡単!見たら食べたくなる…【業務スーパー】韓国料理おすすめ5品

更新日:2022年9月9日 / 公開日:2022年9月9日

辛い料理から甘いスイーツまで、幅広い韓国料理が日本でもブームになっています。おうちでも作ってみたいが、普段は使わない調味料をそろえるのが大変だなって思った方! 業務スーパーではお料理初心者さんでも簡単に韓国料理が作れる食材があります。おうちで韓国料理づくりに挑戦してみませんか?

幼児から高校生の育ち盛りを子育て中のこんまむです。

飲食店街を歩くと、韓国料理店が必ず目に入ってくるぐらい韓国料理は人気ですよね。チーズタッカルビやキンパ、ビビンバやチゲ鍋など、香辛料が効いていたり、野菜がたっぷり使われている韓国料理が好きな人は、多いのではないでしょうか?

ただ、自宅で作るとなるとちょっと難しそう……って思っていませんか?

実は業務スーパーには、韓国料理を簡単に作ることができる食材が揃っているんです。

今回は初心者でもさっと作れる韓国食材を紹介します。

和えるだけで簡単「タッカルビソース」

【商品情報】 名称:タッカルビの素 原材料名:コチュジャン、糖類(水あめ、砂糖、果糖)、トマトケチャップ、しょうゆ、濃縮果汁(りんご、なし)、にんにく粉末、唐辛子粉末、食塩、唐辛子エキス、たまねぎ粉末、植物油脂、しょうが、こしょう、調味粉末(たん白加水分解物、粉末しょうゆ、果糖、その他)/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、酒精、調味料(アミノ酸等)、着色料(パプリカ色素、カラメル)、トウガラシ抽出物、甘味料(ステビア、甘草)、(一部に小麦・大豆・りんごを含む) 内容量:120g 原産国名:韓国

1袋2人前で116円です。

タッカルビと言えば、鶏肉と野菜に甘辛いソースがたっぷり混ざった料理です。このソースを和えるだけで、簡単にタッカルビが作れます。

こちらは本場韓国からの直輸入品。いったいどれだけの辛さなのでしょうか……?

チーズも入れてさらに楽しい「チーズタッカルビ」

タッカルビソースは、コチュジャンより少し柔らかめのソースです。このソースだけだと、コチュジャンが効いていて、しっかり辛い~!

ひと口大にカットしたお肉や野菜を焼き、このタッカルビソースを和えると、ご飯がすすむような、ほどよい甘辛さになります。辛さは感じますが、ヒリヒリするような辛さは長引きません。ただ、お子様には辛すぎる可能性がありますので、食べさせるのは控えたほうがいいかも。

辛さがちょっと苦手という人にオススメなのが、とろけるチーズ。タッカルビソースに和えたお肉や野菜の中心を空けて、とろけるチーズを投入します。チーズが溶けてきたら食べごろ。チーズタッカルビの完成です。お肉や野菜と一緒に、チーズを絡めて食べるのは至福のひととき♪

すぐに食べられる「ビビンバ」

【商品情報】 名称:しょうゆ漬け(刻み) 原材料名:大豆もやし(遺伝子組み換えでない)、にんじん、きくらげ、芋つる、ぜんまい、山せり、漬け原材料(しょうゆ(小麦を含む)、糖類(ぶどう糖果糖液糖、砂糖)、食塩、ごま、植物油脂、かつおエキス)/調味料(アミノ酸等)、酸味料、保存料(ソルビン酸K)、酒精、パプリカ色素、酸化防止剤(V.C)、甘味料(ステビア) 内容量:300g 原産国名:中国

1袋159円です。

大豆もやし、にんじん、きくらげ、芋つる、ぜんまり、山せりの6種類の具材が入っており、味つきなので、出したらすぐに食べられます。 ご飯の上にビビンバと焼肉、キムチを乗せたら簡単にビビンバ丼です。

水分が気になるようでしたら、一度ビビンバをフライパンで炒るとさらにおいしくいただけます。

大容量もあり

300gでは足りないという方には、1kgサイズ(437円)も販売しています。

家族分を一気に作るなら、石焼ビビンバならぬ「フライパンビビンバ」がオススメ。ごま油をのばしたフライパンにご飯を広げ、ビビンバや焼き肉、キムチ、韓国のり、最後に卵黄をのせて完成します。

ごはんがちょっと焦げるのもまた、おいしさのひとつです。

1袋73円!「さつまいもはるさめ」でチャプチェ

【商品情報】 名称:はるさめ 原材料名:さつまいもでん粉/酸化防止剤(亜硫酸塩) 内容量:100g 原産国名:中国

1袋73円で、手に取りやすいお手ごろ価格です。

日本でよくみかける春雨は緑豆を原材料にしているものが多いですよね。ところが、こちらはさつまいも。春雨サラダの春雨と比べると、さつまいもはるさめは色が少し黒めで太さもあります。

このさつまいもはるさめは伸びにくく、炒め物のチャプチェに使います。

意外に簡単!? チャプチェづくり

【材料】 ・さつまいもはるさめ……1袋 ・牛肉(豚肉)細切り……適量 ・たまねぎ……1個 ・冷凍パプリカ……ひとにぎり ・焼き肉のタレ……適量 ・仕上げのごま油……少々

さつまいもはるさめは熱湯で5分ゆで、しっかり洗い流してから、適当な長さにカットしてから使います。

牛肉や野菜は千切りにして、あとはパパっと炒めるだけ。お肉、野菜を最初に炒め、火が通ってきたらさつまいも春雨を入れます。

全体が混ざったら、焼き肉のタレを入れます。あとは最後に香りづけにゴマ油を入れて完成!

意外に簡単ではないでしょうか。

もちもち食感「トッポッキ&ソース」

【商品情報】 名称:米加工品 原材料名:白米粉(国産)、食塩/加工でん粉、酒精 内容量:600g

1袋351円です。

トッポッキとは、「餅」を意味するトックと、「炒めたもの」という意味のポッキを合わせた言葉で、スティック餅を甘辛く炒めたり、煮たものです。韓国では、屋台で食べられる手軽なメニューです。

日本のお餅とは違い、長時間煮ても煮崩れせず、モチモチ食感を最後まで味わえます。

【商品情報】 名称:トッポッキソース 原材料名:砂糖、コチュジャン、野菜(大根、たまねぎ、にんにく)、牛肉だしの素、しょうゆ、唐辛子粉末、唐辛子エキス、食塩、牛だし粉末、いわしエキス、昆布エキス、野菜エキス、調味粉末/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸等)、着色料(パプリカ色素、カラメル)、甘味料(ステビア)、クエン酸Na、酸味料、(一部に小麦・牛肉・大豆を含む) 内容量:150g 原産国名:韓国

1袋2人前で、116円。

トッポッキソースはサラッとして、袋からも出しやすいです。

簡単に韓国屋台の味!

洗ったトック300gに、トックと同量の水とお好みの具材(長ネギ、玉ねぎ、厚揚げなど)を入れ、煮込みます。

トッポッキが柔らかくなったらトッポッキソースを追加して、ソースがお好みのとろみ加減になったら完成です。

意外に簡単に、韓国本場の味をおうちで楽しめます。

韓国料理なので、コチュジャンの辛さがありますが、トックと絡めるとほどよくなります。辛さが耐えられなくなったら、とろけるチーズを入れるのもあり。とろ~んとしたチーズが、辛さをマイルドにしてくれますよ。

2種の「スンドゥブチゲの素」

【商品情報:キムチ味】 名称:スンドゥブチゲの素(濃縮タイプ) 原材料名:キムチ調味液(ダシ汁(えびを含む)、溶き小麦、その他)、糖類(麦芽糖水あめ、砂糖)、野菜(にんにく、たまねぎ)、食塩、唐辛子粉末、大豆粉末、牛骨エキス、コチュジャン、大豆油、しょうゆ、豚骨抽出物、ねぎ抽出物、酵母エキス/増粘剤(加工デンプン、キサンタン)、調味料(アミノ酸)、トウガラシ色素、酸味料 内容量:150g 原産国名:韓国

【商品情報:海鮮味】 名称:スンドゥブチゲの素(濃縮タイプ) 原材料名:内容量:150g 原産国名:調味料(マルトデキストリン、貝エキス、食塩、その他(小麦・牛肉・大豆・鶏肉・ゼラチン・ごまを含む))、魚介抽出粉末(かに・いかを含む)、にんにく、砂糖、コチュジャン、魚介エキス調味料、食塩、しょうゆ、植物油脂、アサリエキス、唐辛子粉末、キムチ調味粉末、イカエキス、えびエキス/糊料(加工デンプン、増粘多糖類)、調味料(アミノ酸等)、着色料(パプリカ色素)、酸味料、香料

1袋2人前で各113円です。

スンドゥブチゲスープの素と水、お好みの具材を入れるだけで、おいしいスンドゥブチゲになります。

マイルドな辛さのチゲ

辛さは人によって感じ方が違うと思いますが、キムチ味も海鮮味もほどよいマイルドな辛さのチゲです。

豆腐はスプーンですくって入れると、より本場のスンドゥブチゲチゲにより近くなります。

キムチ味のチゲにはキムチや豚肉を入れたり、海鮮味のチゲには業務スーパーの殻付きアサリを入れたり、自分好みのスンドゥブチゲにする楽しみの一つです。

スンドゥブチゲをお店で食べるとなると、800~1000円ぐらいします。しかし、おうちで食べるスンドゥブチゲの素は1人前58円、それに具材を加えても300円ほどで食べられますよ。

この味でこの価格なら、おうちスンドゥブチゲにしたくなりますね。

まとめ

韓国料理の中でもメジャー級な韓国料理が作れる食品を売っている業務スーパー。意外に簡単に作れるので、今まで韓国料理を作ったことがない方でも挑戦しやすいです。

ぜひ一度おうちでの韓国料理づくり、試してみてくださいね!



この記事の著者

ログイン・無料会員登録