アロマ調香デザイナー齋藤智子氏が「VULCANIZE LONDON」の香りをプロデュース

更新日:2022年9月13日 / 公開日:2022年9月13日


目的や空間に合わせ、世界にたった一つだけの“香り”を提案するアロマ調香デザイナーの齋藤智子氏が、アロマセラピーの本場・英国のラグジュアリーブランドを日本で取り扱う、「VULCANIZE LONDON(ヴァルカナイズ・ロンドン)」のためのオリジナルの香り「CHELSEA GARDEN(チェルシーガーデン)」をプロデュースした。

“伝統×トレンド”の世界観を天然精油で表現

同商品は、「VULCANIZE LONDON」の洗練された空間をベースに、歴史ある街・ロンドンの中でも目まぐるしい変化をとげているエリア“ウェスト・ロンドン”がイメージされている。

若者が自由に集い表現するイメージを、サラサラと軽やかでグリーンな印象と透明感のあるグレープフルーツやベルガモットなどの柑橘で表現。また、ミドルノートには、ロンドンに数多くある森から起草し、ロンドンを代表する蒸留酒であるジンの香り付けにも使われるジュニパーベリーや、ヒノキなど何種類もの樹木の香りを重ねて奥行きが出され、深呼吸したくなるような印象に。

そして大人の穏やかさと包容力、地に足をつけた重さのあるベースノートへと変化する香りに仕上げられている。


その香りは、「VULCANIZE LONDON」青山店の店内に心地よく広がっているほか、ブレンドオイルとして、同店の店舗及びオンラインショップ限定で販売している。

「CHELSEA GARDEN ブレンドオイル」は5ml/¥4,840(税込)。

常設販売やワークショップをスタート


また、同店では、齋藤智子氏が上質なアロマライフを提案する“TOMOKO SAITO aromatique”のシグニチャーライン「VOYAGE」をはじめ、木村硝子店コラボの琥珀ディフューザーなどの常設販売も展開中だ。


合わせて、英国の伝統的な文化を体感し、その学びの場として開講されている「VULCANIZE ACADEMY(ヴァルカナイズ・アカデミー)」内で、体験型コンテンツ「THE PLAY HOUSE」を毎月1回開催し、齋藤智子氏によるアロマ調香デザインクラスが行われる。

シーズンに合わせた旬の香りの精油を用いて、ワークショップを楽しんでみては。


齋藤智子氏は、京都で10代続く家に生まれ、白檀の香りに魅かれて調香の世界へ。20年間で創作した香りは6,000種以上。代表作「TRANSITIONS」~ミラノで最も美しい空気~(Milano design award best technology賞)は、ミラノサローネで60万人の心を動かしたという。

近年は、日本各地の農家や蒸留所との連携、食や酒とのコラボレーション、マーケティングやサイエンス分野の研究など香りの可能性を広げる活動も行っている。

「CHELSEA GARDEN」で英国を感じさせるアロマライフを楽しんでみては。

■VULCANIZE LONDON @ THE PLAYHOUSE(ヴァルカナイズ・ロンドン @ ザ・プレイハウス)
住所:東京都港区南青山5-8-5
営業時間:11:00~20:00
定休日:不定休
URL:https://vulcanize.jp/products/list?category_id=522

(よしだゆうこ)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録