京都府産食材の知識を問う「京都フードマイスター検定」がオンライン試験を開催!

更新日:2022年9月18日 / 公開日:2022年9月18日


フードマイスター協会などが立ち上げた京都フードマイスター協会は、京都府産の食材の歴史、栽培方法、調理法などの知識を試される「第10回 京都フードマイスター検定」を、11月1日(火)~30日(水)の期間限定でオンライン開催する。

「京都フードマイスター検定」

京都府は、それぞれの産地に適した食材を栽培育成し、長い年月をかけて独自の食文化を育んできた。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」の真髄ともいえる地域と食のつながりを学び、食生活や仕事で活用することにより、次世代へと伝えてゆくのが「京都フードマイスター」の役割とされる。

検定は、ジャンルごとに50題が出題される。100点満点のうち70点以上取得すると「京都フードマイスター」として認定される。

京都府産の食材について網羅的に学べる

同検定は、学習制御機能により、科目ごとに学習しながらマイペースで受験を進めることができ、知識の向上に繋がる。例えば「加工品」→「野菜類」→「魚介類」→「果実類、きのこ類、肉類」→「食料事情」と試験は1科目ごとに進み、1つの科目をクリアしたら次の科目へ進むことが可能だ。

出題方式は、択一問題に加え、並び替え問題、画像問題をランダムに組み合わせることにより、さまざまな角度から受験者の知識を問う。

検定試験概要


「第10回 京都フードマイスター検定」の開催日時は、11月1日(火)~30日(水)。検定試験の開催は年に1回となる。

申し込みは、専用ホームページにて受付中だ。申し込み後にIDとパスワードが発行される。ログイン専用ページより、スマホやタブレット、PCから、いつでもどこでも受験できるのが特徴だ。

受験料は、4,070円(税込)。受験資格については、誰でも挑戦できる。


また、出題の基となる公式テキスト「知っておきたい~京都の食材と加工品」2,376円(税込)は、ホームページにて送料無料にて販売中だ。

野菜類、魚介類、果実類や、茶や酒などの加工品など、京都府産の食材について網羅的に学べる!この機会に「第10回 京都フードマイスター検定」に挑戦してみては。

第10回 京都フードマイスター検定:http://food-kyoto.com/

(江崎貴子)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録