船橋屋が、秋にぴったりな「六穀おはぎ」&「恵みの秋のフルーツあんみつ」を販売中!

更新日:2022年9月20日 / 公開日:2022年9月20日

くず餅・あんみつの製造販売を行う船橋屋が、こだわりの「六穀おはぎ」「恵みの秋のフルーツあんみつ」を期間限定で販売中!情報を詳しく紹介しよう。

お彼岸に船橋屋お手製の「六穀おはぎ」が登場


船橋屋は、9月20日(火)~25日(日)の6日間限定で、「六穀おはぎ」を一部店舗にて販売している。

■身体も心も喜ぶ栄養たっぷりの六穀おはぎ

「六穀おはぎ」は、毎年好評のお彼岸限定の商品。黒米、大豆、押麦、いりごま、玄米、キヌアを入れたもち米を蒸し上げ、船橋屋自慢のこし餡を包んだ逸品で、同店のスタッフからも大人気だという。

おすすめポイントは、プチプチと弾ける新食感。もち米はこがねもちを使用しているため、こしのあるもっちりとした歯ごたえが特徴。そこに六穀をプラスすることによって、独特な新食感が楽しめる。また、食物繊維が豊富な玄米、ミネラルやビタミン類が多く含まれているキヌアなど、六穀には健康への効果が期待できる栄養素もたっぷりだ。

■「六穀おはぎ」商品詳細

「六穀おはぎ」は、1個入り230円(税込)、2個入り440円(税込)での販売。販売店舗は、船橋屋の亀戸天神前本店、エキュート日暮里店、コレド室町店、東武池袋店催事スペースと、船橋屋こよみの広尾本店、エキュートエディション渋谷店。数量限定商品となっているため、詳細は店舗に問い合わせを。

お彼岸のお供えにはもちろん、大切な人へのお土産にもぴったりな期間限定「六穀おはぎ」をチェックしてみよう。

秋の味覚がつまった「恵みの秋のフルーツあんみつ」も


さらに船橋屋は、9月17日(土)~10月15日(土)の期間、「恵みの秋のフルーツあんみつ」も販売中だ。

■なめらかな栗餡と旬のフルーツが魅力

「恵みの秋のフルーツあんみつ」は、秋の味わいを感じられる季節限定あんみつ。白餡に栗ペーストを混ぜ合わせた栗餡と栗甘露煮が入っているため、一度に二度栗を感じられるのがポイントだ。ほっくりした栗本来の味、ぶどうや柿といった旬のフルーツなど、実りの秋を感じることができる。また、一口サイズのくず餅もアクセント。さらに、濃厚でコクのある黒蜜か、さっぱりした甘さの白蜜のどちらかを選ぶことができる。

■「恵みの秋のフルーツあんみつ」商品詳細

「恵みの秋のフルーツあんみつ」の価格は670円(税込)。船橋屋全店舗、および船橋屋公式通販サイトで販売中だ。秋の味覚が詰まった船橋屋こだわりのあんみつを楽しんでみて。

船橋屋について


船橋屋は1805年、江戸時代に創業し、2022年で創業217年目を迎えた関東風のくず餅屋。同店のくず餅は「小麦澱粉」を450日乳酸発酵させて蒸し上げる和菓子唯一の発酵食品で、長期間乳酸発酵させているからこその独特の歯ごたえと弾力が生み出されている。また、自然のものをそのまま届けたいという想いから、保存料を使わない自然な製法にこだわり続けている。

そんな船橋屋が販売する、この季節だけの「六穀おはぎ」「恵みの秋のフルーツあんみつ」を味わってみては。

船橋屋HP:http://www.funabashiya.co.jp/
船橋屋こよみHP:http://www.funabashiya.co.jp/koyomi/

(min)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録