もしまた不倫をしたら……不安はあるけど、再構築の決断に後悔はない『夫の不倫相手は友達でした~出産編 Vol.17』

不倫が終わったからと言って、そこですべてが終わったわけではなかった……。友人と不倫をした夫とやり直すことにしたつきこ(@saredumatsukiko)さん。しかし、再構築を選んでもフラッシュバックに苦しみ、義父母からは心の傷をえぐるような発言も……。そして、ついに迎える出産へ!

これまでのお話はこちら前回のお話はこちら これまでのお話をイッキ読み!

『夫の不倫相手は友達でした~出産編最終回』

夫の不倫やつきこさんの出産を通して、自分たちの気持ちを優先しがちで、相手への配慮が足りないことが露呈した義父母。夫の両親であり、息子の祖父母になるため縁を切ることはできませんが、つきこさんは義父母とは一定の距離を保ち、言いたいこともきちんと伝えるようにしたのだそう。

夫が不倫をし、しかもその相手が自分の友達だったなんて……。そのことを知ったときのつきこさんの衝撃は計り知れません。 深く傷つきながらも、悩んだ末に決めた再構築。しかし、その後も義父母との考え方の違いやフラッシュバックに苦しみます。なぜ傷つけられた側が苦しみ続けなければならないのか……。不倫に限らず、さまざまな人間関係における最大の課題なのかもしれません。 最終的に、自分の人生を決めるのは自分自身。軽い気持ちで選択したことも、悩みに悩みぬいて選択したことでも、すべてが自分の人生を形作っていきます。つきこさんのように自分で決めた道と覚悟を決め、人のせいにすることなく、納得して前に進むことが、幸せになる道につながるのでしょう。 苦しい想いを乗り越えたつきこさん、そしてつきこさんご一家が幸せな日々を過ごされることを願うばかりです。 され妻つきこさんの漫画はInstagramとブログで更新されています。ぜひチェックしてみてくださいね♪

—————————- ご協力:され妻つきこさん Instagram:@saredumatsukiko ブログ:され妻つきこブログ|アラサーママのサレ妻経験録LINEでブログの更新通知を受け取る —————————

(文:マイナビ子育て編集部) これまでのお話をイッキ読み! 『夫の不倫相手は友達でした』Vol.1~Vol.46までイッキ読み 『夫の不倫相手は友達でした~出会い編』Vol.1~Vol.7までイッキ読み <<『夫の不倫相手は友達でした』をすべて読む>>


更新日:2022年9月20日 / 公開日:2022年9月20日

この記事の著者

ログイン・無料会員登録