読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

子宮の主な病気まとめ 症状、原因、検査・治療法

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

月経が一定の周期で来ない、不正出血がある、生理が長くて痛みが辛すぎる…こんな症状に悩んでいる女性は多いですよね。毎月月経があるたびに憂鬱になってしまうような痛みや違和感を、毎月のことだと放置していませんか。体の不調を突然感じるようになったら、もしかしたらそれは子宮が健康でないサインかもしれません。

この記事の監修ドクター

帝京大学医学部附属溝口病院土谷聡先生 日本産科婦人科学会専門医・指導医、日本婦人科腫瘍学会専門医・指導医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医 東急田園都市線高津駅よりすぐのところにある溝口病院では子宮筋腫、卵巣嚢腫など婦人科良性腫瘍はもちろん、子宮体癌の腹腔鏡手術を多く手がけています。 http://tmog.umin.jp/

気になる症状をチェック!考えられる子宮の病気

521800470

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自己判断はせず、少しでも気になる場合はすぐに病院に症状を伝えてください。

「生理痛がひどくて、寒気と吐き気が…」「経血量が多くて貧血を起こしちゃう」など、よく女子トークされていますが、あまりにひどい症状であっても、毎月繰り返していれば本人にとって当たり前になってしまいます。他人と比較することができない分、こんなものだと自己解決していませんか?

自分は病気なんてなるはずがない、大丈夫。と、根拠のない自信と判断は控えましょう。あまりに辛い症状や心配事になりそうな不調・異変があったら自己判断せずに、一度病院を受診しましょう。

子宮腟部びらん

子宮腟部びらんとは

自分の性器がほかの人とどんな違いがあるのかを調べるのは非常に難しいこと。ただ、子宮膣部びらんは、痛みや出血などの自覚症状が乏しい女性が多く、発見しづらいケースがほとんどです。そして、月経がある女性の7割もの人が、潜在的にこの子宮膣部びらんが起こっているとも言われています。

主な症状

子宮膣部びらんは、子宮頸部の一部がただれているように見える状態をいいます。びらん=表皮が欠損している状態のことで、特に気になる症状がなければ病気とはみなしません。子宮膣部びらんがあると、性交時など子宮頸部に刺激が加わった際の出血の原因となることがあります。

原因

月経のサイクルが始まる思春期になると、エストロゲン(女性ホルモン)が働き始めて子宮膣部分がふくらみを帯びてきます。そのため、内側の円柱上皮と呼ばれる部分がめくれてきますが、この部分は毛細血管が多く張り巡っているため、ただれのように発赤してくるため、この状態をびらんと呼ぶのです。病気というよりはむしろ生理的な現象と言っていいでしょう。ただ、びらん面が大きい場合はおりものが増えることがあります。感染や刺激に対して弱い部分なので、炎症を起こしやすくなります。

治療方法

病的な症状がなければ特に治療の必要もありません。月経時にタンポンを使用している人は、ナプキンよりも擦れ(刺激)を受けやすく、また性交時におこる接触で出血する場合もあります。膣を洗浄して、抗生物質で感染治療をすると炎症は収まります。びらんそのものを治療するためには、電気凝固法やレーザー治療法でびらん部分を切除して、健康な上皮が作られるのを待つ方法もありますがそのような治療を行うことはまれです。

子宮頸管ポリープ

521805198

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮にポリープ…と聞いただけで、手術が必要な病気だと想像する人も多いでしょう。過剰に心配する必要はありませんし、発見したその時に簡単に切除することができます。ただ、発見されるタイミングによっては妊娠の状態に支障をきたすケースもあります。

子宮頸管ポリープとは

ポリープは、粘膜が増殖してできる塊のこと。胃やのどにポリープができるのと、仕組みはほぼ同じです。子宮で形成されるポリープは子宮頸部できる子宮頸管ポリープと子宮内膜ポリープがあります。

主な症状

多くの人が無症状で、痛みもありません。そのため婦人科検診の時に診断されて、驚く人もいるかもしれませんね。痛みは無くても、出血する回数が増えたり、血の混じったおりものが増えたという場合には、子宮頸管ポリープの可能性があります。

原因

ポリープは前述したように粘膜が増殖することで起こります。その大きさも様々ですが、直接的な原因はまだよくわかっていません。女性ホルモンの働きや細菌感染による炎症が関係しているのではないかという説があります。

検査・治療方法

検診の際、目視で確認することができます。子宮口は簡単に確認ができる部分なので、自覚症状がないままポリープが発見されることもよくあります。外来の診察室で切除することができるので、大きな手術や長期入院を伴うような処置は不要です。ただポリープだと思って切除したらがんだったということがありますので、切除したポリープは病理組織検査に提出して悪性でないことを確認します。

妊娠中に発見されたときは、ポリープの大きさや出血の状況などにより切除するかそのまま様子をみるか異なります。

子宮頸管炎

461271623

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

炎症を起こすしている箇所では、自覚症状の有無にかかわらず、何らかの細菌やウイルスなどの病原体がかかわっています病原体の種類によって、自覚症状がひどいもの、さほど感じないものといろいろありますので、炎症を引き起こす感染には注意しておきましょう。

子宮頸管炎とは

子宮頸管部分の粘膜が、ウイルスや細菌に感染して炎症を起こした状態です。

主な症状

おりものに変化がみられるケースが多く、病原菌の種類によっては量が増えて乳白色、黄緑色などの粘度が高いおりものが増えます。更に進行すると、下腹部が痛くなったり腰痛を引き起こすことがあります。性交時に痛みを伴うことも。

原因

感染した病原菌に効く抗生物質の投与を行います。内服薬と膣内剤を投与して薬の効果が現れるのを待つことになります。適切な抗生物質が使われていればその効果が表れるのが早い場合もあり、「思った以上に早く治療できた」と自己判断で薬をストップしてしまう人もいますが、抗生物質は処方された薬すべてを使い切るようにしましょう。

子宮筋腫

502384526

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

筋腫があると妊娠しづらいという話を妊活中に聞いたことがある女性は多いのではないでしょうか。子宮筋腫があることで起こる問題や危険はあるのか、きちんと定期的に検査して自分の体を知っておきましょう

子宮筋腫とは

子宮筋腫は、一言でいえば良性の腫瘍です。40代の女性のうち4人に1人はこの子宮筋腫を持っているともいわれ、その大きさや程度は様々です。

子宮筋腫の種類

子宮筋腫には、大きさやその筋腫のできた場所によって、筋層内筋腫(子宮の筋肉の中でできる筋腫)、漿膜下筋腫(子宮の外側にできる筋腫)、粘膜下筋腫(子宮内膜に接する筋腫)に分けられます。

主な症状

多くの人が感じる症状には、月経がだらだらと続いて出血量が多くなる、貧血がある、月経痛がひどくなるなど、月経とつながっているものがほとんどです。中には動悸、息切れを起こす人もいます。

原因

はっきりした原因がわかっていないというのが悩ましいところですが、子宮の壁を作っている平滑筋が増殖して筋腫ができます。一部女性ホルモンの分泌と、生まれながらに持っている素因が関係して起こるのではと考えられています。

検査・治療方法

外来で超音波を使って痛みを感じることなく検査ができます。筋腫の場所や大きさを確認し、多くの場合はとくに治療を行わず経過観察を行います。筋腫が大きかったり、小さくても過多月経や不妊の原因となっている判断された場合は治療を行うことになりますが、治療方法には筋腫だけを摘出する手術、または子宮を全摘出する手術などがあります。将来的に子どもがほしいと思っているなら、筋腫核出術といって筋腫だけを摘出する手術を行うことになります。

子宮内膜炎

477463795

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮にまつわる炎症は、さまざまな因子によって複雑に起こるものです。年齢や細菌などあらゆる方向から炎症を緩和し根治する方法を探ることになります。

子宮内膜炎とは

子宮内部を覆っている子宮内膜が炎症を起こした状態のことを、子宮内膜炎と言います。急性のものと慢性のものがあります。

子宮内膜炎の種類

原因によって、急性子宮内膜炎、慢性子宮内膜炎、の2つに大別されます。それぞれに症状も変わってきますので、適切に見極めて処置・治療を行っていきます。

主な症状

急性の場合は、下腹部痛や発熱、これが進行して腰痛を起こすことがあります。おりものが増えて不正出血があることもあります。慢性の場合は稀に経血が減少するほかには自覚症状がないことが多いようです。また、無月経になることもあります。高齢者の慢性子宮内膜炎の場合は下腹部の痛みや膿のようなおりものが出るのが特徴です。

原因

急性の子宮内膜炎は、細菌やウイルスの感染が大きな原因となります。慢性子宮内膜炎の場合は病原体の子宮内膜への感染を契機として形質細胞というリンパ球が子宮内に入り込むことで発症します。この場合、原因がわからない不妊や流産を繰り返す割合が高くなるという統計があり、妊娠に弊害が出ることがわかっています。月経がある人は周期的に子宮内膜が剥がれ落ちますが、閉経後はそれがなくなるため、月経がない(終わった)女性のほうが発症しやすいと考えられています。

検査・治療方法

問診や内診をして、その状況を確認した後、必要に応じて血液検査(炎症反応CRP・白血球数)をみたり、細菌培養検査(おりものを採取して中に炎症の原因となる細菌の確認)をします。子宮内膜炎の原因となっている細菌に効く抗生剤の投与を行い、膿があれば取り除きます。

子宮内膜症

521802492

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮内膜症は、生理痛の強い女性にみられることのある病気です。妊活中の女性であれば、この子宮内膜症という言葉を頻繁に見聞きしたことがあるかもしれません。

子宮内膜症とは

子宮内膜症では、子宮内膜組織が通常ならあるはずの子宮内腔ではなく、骨盤の腹膜や卵巣などの中に入り込んでいます。この子宮内膜組織が卵管卵巣や子宮、腸管の癒着の原因となり、正常な妊娠に至らないケースがあります。不妊症では約2〜3割の女性がこの子宮内膜症の疑いがあり、不妊の原因の一つだといわれています。

主な症状

主な症状は月経困難や不正出血、経血量が多い、月経以外の時の腹痛や腰痛・排便痛などの疼痛です。不妊のみで他の症状が出ないというケースもあります。

原因

原因はまだはっきりとしたことが学術的に特定されているわけではありません。1つの仮説として、本来なら女性ホルモンが働いて月経が起こった際に排出されるべき血液が子宮の中から卵管を逆流しておなかの中に至り、そのままとどまってしまうことが原因ではないかという説があります。

検査・治療方法

内診で子宮後方部分にしこりがないかどうかを確認します。圧迫痛や卵巣腫大の有無を確認します。超音波や血液検査や骨盤造影MRI検査でほとんどの場合診断が確定します。病巣部を取り除く、または子宮の全摘出を行う手術療法と、病巣部を一時的に退縮させる薬の服用や低用量ピルを使って内膜症組織の増殖を抑える薬物療法があります。

子宮頸がん

494282155

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

20代からのがん検診が盛んにおこなわれるようになりました。中でも子宮頸がんは婦人科検診でも重要視されているがん検診の一つです。

子宮頸がんとは

子宮の入り口にあたる部分(子宮頸部)に発症するがんのことを子宮頸がんと言います。日本人の子宮がんの約4割がこの頸部に発症するといわれ、女性特有のがんとしては発症率が高いです。最近では20代から30代の女性発症率も高くなっています。

主な症状

子宮頸がんは、ある程度進行しなければ症状が出ず、気がつかないうちに刻々と進行している可能性があります。おりものが増えて変色しているなどの異常が気になる・排尿困難・月経以外の不正出血があったら注意しましょう。

原因

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスの感染によっておこることがわかっています。決して特異なウイルスではなく、また感染してすぐに癌になるわけでもありません。免疫力の低下などによって、自浄能力が低下することによって通常なら体外に排出されるはずのウイルスが体内にとどまって蓄積することで、少しずつ癌化していくといわれています。

検査方法

子宮頸部の細胞を採取し、ヒトパピローマウイルスの感染と癌化細胞の有無を調べます。長くウイルスが体内にとどまることで進行して起こる異形成細胞があるかどうかを見る検査です。程度によって癌化する可能性は異なりますが、高度異形成細胞があればこのうちの2割程度は癌に進行すると考えられています。

治療について

子宮頸がんの治療方法は主に切除と放射線治療・抗がん剤治療があります。切除の場合は、円錐切除で子宮を残すか、全摘出するかを選択することになります。初期であれば円錐切除術を、浸潤がんなら全摘出を行ってがん細胞を取り除いてしまうという2択です。放射線治療は浸潤癌の場合に用いられ、抗がん剤治療と併用されることが多いです。

子宮頸がん検診について

女性特有の癌である子宮頸がんは、2年に1回きちんと受診を継続することを推進しています。異形成細胞は10年近くかかってがんに進行・形成化するとも言われますので、定期的に子宮頸部のがんがないかを調べてもらい、早いステージで発見できればその分だけリスクを回避することにつながります。

子宮体(内膜)がん

590258500

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮の奥にある体部に発症するがんは、近年日本の女性特有がんの中でも増加傾向にあります。子宮内膜という組織から発生するため、子宮内膜がんとも呼ばれます。

子宮体(内膜)がんとは

子宮体部の内側にあって、卵巣から卵巣ホルモンを分泌する作用をうけ、女性は月経を繰り返しますが、その月経を起こしている子宮内膜組織にガンが発生することを子宮体がんと呼びます。卵巣ホルモン値が高い人は子宮内膜増殖症という症状がおこり、そののちに子宮体がんが発生することがわかっています。

主な症状

子宮体(内膜)がんは、筋肉でできた子宮の上皮に発生するがんです。子宮体がんによっておこる症状は、月経時以外の出血、おりものの異常など、他の子宮に関係する病気と似ています。また、下腹部の痛み・腰痛などを感じる場合もあります。このような症状に心当たりがあったら、産婦人科専門医を受診して検査してもらうことをお勧めします。

原因

卵巣ホルモンの分泌過多や、卵巣ホルモン製剤だけのホルモン療法を受けている人に起こりやすいのですが、卵胞ホルモンの刺激とは関係なく、がん関連遺伝子の作用を受けて発症する子宮体がんもあります。例えば特に近親者で大腸がんを患った方がいると、子宮体がんの発症確率が高くなるリンチ症候群といわれるものがあります。

検査方法

子宮頸がんの時と同様に、細胞診を行います。子宮に直接細い器具を差し込み、細胞採取をして検査します。高齢の人で器具を使用しての細胞採取が難しい場合には、超音波検査や子宮内膜の厚さ測定で判断することもあります。

治療について

子宮体がんのステージにもよりますが、治療の主体は手術です。卵巣と子宮、卵管、周辺リンパ節を摘出するのが一般的です。浸潤が浅い場合には摘出範囲を狭めることも考慮されます。手術中に再発の危険がある要因が見つかったり、病巣を完全に摘出するのが難しい場合は、手術後の化学療法でがんの根絶を目指します。

まとめ

女性特有の病気や疾患、がんに対する認知度と検査の重要性が叫ばれている中、これらの女性的疾患の一部は、免疫力をアップさせる、定期的な健診をしてセルフチェックを行う、清潔に保ち異常があればすぐに病院を受診するというのが、最善の予防でしょう。早期発見、早期治療が大原則です。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年3月26日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録