アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます
サムネイル

案外重要!「コントロールカラー下地」色選びのポイント♡

目次

お肌の色味を補正してくれる効果のあるコントロールカラー下地。上手に活用することで、お肌をきれいに見せることができます。

コントロールカラー下地は色味によって効果が異なるので、自分のお肌の特徴や悩みに合ったものを選びましょう。

今回はそれぞれのカラーの効果色選びのポイントをご紹介していきます。

コントロールカラー下地には様々なカラーがある

25c7bc73f5fca08b006eb4d4ec6036ef_s
出典:photoAC

市販されているコントロールカラー下地には、様々なカラーがあります。

定番はブルー・ピンク・ラベンダー・イエロー・グリーンの5色です。

それぞれの色の特徴について見ていきましょう。

ブルー:透明感をプラスする

ブルーのコントロールカラー下地には、お肌に透明感をプラスする効果が期待できます。黄ぐすみが気になる方や、色白っぽく見せたい方におすすめの色です。

ブルーのコントロール下地を使う場合にはつけすぎに注意しましょう。つけすぎてしまうと顔色が悪く見えてしまうおそれがあるからです。

ピンク:血色感アップに効果的

IMG_3791
出典:girlydrop

血色感をアップさせたい方には、ピンクのコントロールカラー下地がおすすめです。

血色感たっぷりのお肌は若々しい印象をもたらしてくれるので、老けて見られやすい方や、顔色の悪さが気になる方は使ってみてはいかがでしょうか。

ラベンダー:ブルー+ピンクの効果

ラベンダーのコントロールカラー下地は、ブルーとピンクの両方の効果を持っています。ナチュラルな透明感と血色感をプラスしたいときに活用してみてください。

「ブルーのカラーコントロール下地を使うと青白い印象になってしまう」「ピンクを使うとやりすぎ感が出てしまう」という方にもおすすめです。

イエロー:くすみをカバーする

IMG_4074
出典:girlydrop

お肌のくすみが気になるという方は、イエローのコントロールカラー下地を使ってみてはいかがでしょうか。くすみを抑えて、顔色を明るくしてくれますよ。

またイエローは日本人のお肌に馴染みやすい色なので、ナチュラルメイク派の方やコントロールカラー下地を初めて使う方にもおすすめです。

グリーン:赤みをカバーする

グリーンのコントロールカラー下地は、お肌の赤みをカバーしてくれる効果があります。

顔全体に塗布するよりも、赤みが気になる頬や小鼻などにポイント的に使うのがおすすめです。

いかがでしたか?コントロールカラー下地を活用して、美しいお肌を作りましょう!

/

この記事の著者

beautyまとめ

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録