アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

夏は電気代がかさむ!おうちでできる簡単節電&節約術

目次

test

夏は電気代がかさむ!おうちでできる簡単節電&節約術

今年の夏は猛暑が続き、電気代が気になるママは多いはず。少しでも節電、節約できるといいですよね! 今すぐお家で実践できるエアコンなどの節電対策をご紹介します。

エアコンをいかに節電するかが節約のカギ!

test

エアコンは、家庭電力の約25%を占めると言われています。猛暑の今、「エアコンを切って節約」というわけにはいきませんが、一工夫するだけで節電することができるんです◎

1. ちょっとの外出なら付けっ放しで

エアコンの消費電力が大きいのは、スイッチを付けた直後。室温を大幅に下げなければならないときに電気代がかさみます。

つまり、一定の室温でスイッチ付けっ放しにするおくことが、節電に繋がります◎ 1、2時間の短時間の外出なら、付けっ放しにしておきましょう。

test

2. 設定室温は26〜28度にし、上げ下げしない

設定温度を1度上げるだけで約10%の省エネになります。環境省が推奨しているのは28度。一度設定したら、上げたり下げたりをくり返すのは避けましょう。

3. 扇風機を一緒に回すと大幅節電

エアコンと一緒に扇風機を活用しましょう。扇風機の消費電力はエアコンの約10分の1。

扇風機の使い方のポイントは、上向きにして首ふりモードにすること。下にたまりやすい冷気を扇風機がかき混ぜ、部屋全体が効率よく涼しくなります。

test

4. エアコンのフィルターはこまめに清掃

エアコンのフィルターに汚れがたまると消費電力が無駄に多くなってしまいます。もちろん冷房効果もダウン。

夏場のフィルター清掃は、2週間に1回が理想なんだそうです。簡単な汚れなら掃除機で吸い取るだけでもOK。頑固な汚れは中性洗剤をつけて泡立てた歯ブラシやスポンジで洗うと落ちますよ。

test

5. エアコンの下に物を置かない

エアコンのすぐ下に物を置くと、冷気が効率よく回らなくなります。家具やインテリアは、エアコンから少し離して置くようにしてください。

6. 室外機の送風口に物を置かず、直射日光を当てない

室外機の空気が壁や物に遮られると、室外機自体が高温になり消費電力がかさみます。家の壁にくっついてしまっていないか、送風口に物が置かれていないかチェックしてくださいね。

また、すだれやよしずなどで室外機を覆い、直射日光を当てないようにすると省エネになりますよ。

test

窓から入ってくる熱をシャットアウト!

test

部屋に入ってくる熱の20〜30%が窓からと言われています。また、部屋の冷気も窓から逃げがち。

部屋の冷気が逃げないよう、窓にも一工夫しましょう。

1. 丈の長いレースカーテンやブラインドをする

部屋の冷気が直接窓に触れないように、レースのカーテンや、ブラインドを活用しましょう。カーテンは丈が床までつく長いものがおすすめです。

2. 断熱窓ガラスシートを貼る

窓ガラスに自分で貼れるお手軽な断熱アイテムです。100均で買えますよ◎

断熱以外にも、UVカットや、プライバシー保護、ガラス飛散防止にも効果あり。

便利でエコな「接触冷感」グッズも集めよう!

test

最近、触れたときにひんやりと感じる接触冷感機能のある商品が人気です。

特に、寝具まわりの接触冷感グッズは、寝苦しい暑い夜もスッキリ眠れると話題です!

1. 接触冷感ラグ

2. 接触冷感クッション

3. ひんやりタオルマフラー

他にもいっぱい!簡単節約アイディア

test

1. 使っていない電気のコンセントは抜く
2. 日中は照明を消す
3. テレビを省エネモードにする
4. 白熱灯からLED電球に変える

などなど、節約手段はいろいろ。細かなことばかりですが、とっても簡単です!

節電、節約はむりせず、楽しみながら

test

節電というとなんだか窮屈なイメージかもしれませんが、「お財布にも環境にもいいこと」と明るい気持ちで取り組んでみるのがおすすめ!

自然体でゆったりと楽しんで継続してみましょう。環境のためにも、私たち一人ひとりが意識して行動し、気づいてみたら、電気代も減っていたら嬉しいですよね。

ライター: りんりんママ
画像:pixta



/

この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録