空気清浄機や加湿器を手がけるcadoからスティック型ヘアドライヤー「baton」が誕生

更新日:2022年10月18日 / 公開日:2022年10月18日


“空気をデザインする We design for atmosphere”をコンセプトに、空気清浄機や加湿器などの開発・販売を手がけるcado(カドー)から、独自のスティック型ヘアドライヤー「baton(バトン)」が誕生。10月25日(火)より発売を開始する。

重量を約298gで約2.0立方メートル/minのパワフルな風量を実現


2017年より5年以上の歳月を費やし、理想のヘアドライヤーの形を追求した独自の発想をもとに、軽量化と効率的な送風機能の両立をリレー競技用バトンのサイズで実現。

その第1の特徴は、腕を上げたまま使用していても疲れにくく、使用時の疲労度が圧倒的に軽減されること。長さ約277mm、直径約38.5mmのスティック形状を徹底的にスリムかつ無駄を省くことで重量を約298g(電源コード、カールブラシを除く)まで絞り込み、手に吸い付くような感覚のアルミ合金のボディで機能性・デザイン性を兼ね備え、誰にでも使いやすいヘアドライヤーとなっている。


ただコンパクトなだけではなく、超軽量でパワフルであることも特徴の1つ。カドーHSDCモーターを新開発し、定格消費電力800Wの省エネ設計ながら約2.0立方メートル/minのパワフルな風量を実現。同社が空調家電で培ってきた送風技術を応用し、大きいドライヤーこそがパワフルという常識を覆している。

独自のスティック形状&4段階の風温調節


ドライヤーと髪の理想的な距離は約20cmだと言われるが、「baton」のノーズレスのスティック形状は、自然と腕を上げるだけでこの最適な距離感を実現。狙ったところに最適な風と熱を、頭頂部から毛先まで的確に風を届け、乾きにくい後頭部も効率的に時短乾燥ができる。


風温調節は高温・中温・低温・スタイリングの4段階で、あえて最高温度を熱すぎない85℃に設定することで髪へのダメージを抑え、過乾燥を防止。ブランド独自のハニカムベント(吹出口)とカールブラシプレートに遠赤外線を放射するコーティングを施したデュアル遠赤外線構造に加え、マイナスイオンを含んだ温風で髪と地肌をやさしくケアしてくれる。


また、カールブラシをマグネットで簡単装着でき、カールドライヤーとしても使用可能。


他にも、コードが絡まる煩わしさを解消するためにコードが360度回転するノンツイスト機構を搭載していたり、持ち運びに便利なポーチが付属していたりと使い勝手を高める工夫が満載の「baton」、現在発売に先駆け、公式オンラインストアにて先行予約受付中だ。

なお、公式オンラインサイト先行購入特典として、Lee Izumidaさん描き下ろしのイラスト付きポーチを1個プレゼント(数に限りがある為なくなり次第終了)も。

ヘアドライヤーに興味がある人はチェックしてみては。

■ヘアドライヤー「baton(バトン)」
型番:BD-S1
価格:29,920円(税込)
本体色:シルバー・ホワイト
電源:AC100V 50-60Hz
消費電力:約800W(高温強風・最大出力時)
風量:約2.0立方メートル/min
サイズ:高さ約277mm×直径約38.5mm
質量:約298g(電源コード、カールブラシを除く)
URL:https://cado.com/pages/baton

(fukumoto)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録