アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

次世代ボールペン「ZERO G ball∠15」がMakuakeにて予約販売開始

/

目次


革新的なデザインの文房具を日本に紹介する「インターアクト」は、韓国の新進気鋭の文具ブランド「ZERO G TECH」社とタッグを組み、次世代ボールペン「ZERO G ball(ゼロジーボール)∠15」の予約販売を、10月12日(水)12:00より「Makuake」にて開始した。なお、一般販売は2023年2月中を予定している。

ZERO G ball∠15


「ZERO G ball∠15」は、ペン先を15度に曲げ、まるで無重力かと錯覚するほど軽い筆圧で文字が書け、筆記時の手の負担を大幅に軽減する韓国生まれのボールペンだ。


「ZERO G ball∠15」は、その名が示す通り、ペン先とペンの付け根にそれぞれ15度の角度を付けたボールペン。ペン先とペンの付け根に15度ずつ角度を付けると、合計30度となり、手に持った時にペン先が紙面に対しほぼ垂直に立つ。

無重力状態の感覚



普通の直線的なペンを握ると、紙面に対し概ね45~60度の角度で接する。つまり、垂直に立てた時に比べ、30~45度分余計に力を込めなければならない。

同商品は、一般的なボールペンに比べてペンを押し当てる力が圧倒的に減り、驚くほど軽い筆圧で中のボールが走る。その感覚はまるで無重力状態だという。

スラスラとした滑らかな筆の走り



「ZERO G ball∠15」ではボールを囲むチップを極限まで薄くし、尚且つペン先をほぼ垂直に立てることでチップが紙面に引っかかるリスクを大幅に軽減。スラスラとした滑らかな筆の走りを試してみて。

人間工学設計のグリップを採用


「ZERO G ball∠15」ではボールペンを握った時に自然な形で常に理想的な角度で持てるように、人間工学に基づきグリップ部分に指を添えるフラットな面を設けた。

面の部分を頼りにすればペン先が自然と紙面に対し垂直に入り、余分な筆圧を軽減。尚且つ正しい角度で握っているとグリップ感が良く持ち味も抜群だ。

日本でも意匠登録済みのスマートデザイン


「ZERO G ball∠15」の画期的なアイデアは韓国で特許を取得している。また人間工学に基づいたスマートで使いやすいデザインは韓国及び日本でも意匠登録を取得済み。

米国、中国、インドネシア、ベトナム、EU、インド、トルコ、タイに特許や意匠登録を出願し、EUとトルコで意匠登録を取得した。


「ZERO G ball∠15」のボール径は0.38mm、


0.5mm、


0.7mm、


1.0mmの4種類をラインナップ。

その他詳細、リターンについては、「Makuake」のプロジェクトページで確認を。

無重力の書き心地を体験できる「ZERO G ball∠15」をこの機会にチェックしてみては。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:【人間工学】15°の角度で筆圧無重力。滑らかな書き心地で疲れ難い無抵抗ボールペン

(角谷良平)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録