行楽シーズン到来!ホテル カンラ 京都で秋の陶器市「旅と、食と、うつわ」を開催

更新日:2022年10月27日 / 公開日:2022年10月27日


“日本が育んできた美・知恵・おもてなしが息づく京都で、その心を感じていただけるホテル”をコンセプトに掲げるホテル カンラ 京都は11月4日(金)〜12月4日(日)の期間、毎秋恒例の「陶器市」を開催する。

各所で開かれる秋の陶器市

行楽シーズンの秋は、全国各地で陶器市が開催される時期。京都でも各所で陶器市が開かれている。

ホテル カンラ 京都では“各所の陶器市と合わせてお立ち寄りいただき、スタッフとの会話も含めて旅の記憶として持ち帰っていただけたら”という想いで、5年前より陶器市を開催。

器に加えて和菓子やジャムも用意


6回目となる今年は「旅と、食と、うつわ」をテーマに、京都を中心とした20近くの作り手さんたちの器に加えて、和菓子やジャムなどの食品も用意している。

開催場所はホテル カンラ 京都1階のkanra loungeにて。

金箔押し体験も開催

また、現在同ホテルでは、毎月第2・4週目の金曜日に、スイートルームでの絵葉書とガラスドームへの金箔押し体験も開催。事前予約にて受け付けている。

詳しい内容と予約はWABUNKAサイトにて確認を。

ホテル カンラ 京都について

ホテル カンラ 京都は、京都駅から徒歩12分、東本願寺北の築23年の教育施設をコンバージョンして生まれた全68室のホテル。カンラの名称は“感×洛”に由来しており、日本が育んできた美・知恵・おもてなしが息づく“洛=京都”でその心を「感」じて欲しいとの想いが込められている。

住宅形式の町家をモダンに表現

客室は京都の伝統的な住宅形式の町家をモダンに表現した、細長い” マチヤスタイル”。京都や日本の伝統文化を発信するカフェ&ショップには本物の職人技を間近で見学することができる金継ぎ工房を併設し、別邸1階には日本の伝統や文化のエッセンスを織りなした、日本や京都らしさを五感で感じられるスパ「kanra spa by ALL THAT SPA」を設けている。

ホテルの詳細は公式サイトをチェックしよう。

■ホテル カンラ 京都
住所:京都市下京区北町190 1階
公式サイト:https://www.uds-hotels.com/kanra/kyoto/
陶器市特設ページ:https://www.uds-hotels.com/kanra/kyoto/news/15008/
WABUNKA:https://wabunka-media.jp/experiences/horikin-kanra-2/

(丸本チャ子)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録