“○○とは何か”を考える本を特集する「auブックパス」のフェア開催。クーポンも配布

更新日:2022年10月28日 / 公開日:2022年10月28日


「auブックパス」では、10月28日(金)10:00~11月10日(木)22:59の期間、『「何か」を長考する、錦秋の候』を特集している。

単品購入・サブスクで利用できる

「auブックパス」は、KDDIが運営、ブックリスタが運営サポートを行う総合電子書籍ストア。

国内最大級の取り扱い作品数を誇り、単品購入に加えて2つの定額読み放題プラン「総合コース」月額618円(税込)と「マガジンコース」月額418円(税込)を、auユーザーに限らず提供している。

改めて問われると悩む「何か?」

そんな「auブックパス」において“◯◯とは何か”を考える作品を特集するフェアを開催中。分かったつもりになっていたけれど改めて「何か?」と問われたら悩んでしまう、そんなたくさんのことについて向き合う作品を紹介する。


『頭のよさとは何か』(C)中野信子・和田秀樹/プレジデント社、


『「死」とは何か イェール大学で23年連続の人気講義 完全翻訳版』(C)シェリー・ケーガン・柴田裕之/文響社、


『物価とは何か』(C)渡辺努/講談社、


『マスメディアとは何か 「影響力」の正体』(C)稲増一憲/中央公論新社など、多数の作品を取り上げている。(敬称略)

30%OFFクーポン配布中


また、これらの対象作品に使える30%OFFクーポンを期間限定で配布中だ。

充実した時間を過ごしたい秋の夜長、一度「auブックパス」をチェックしてみては。

「auブックパス」特設ページ:https://bookpass.auone.jp/feature/detail/?fid=106769&aid=lbs_BW0_prall_article_cplp_nanikananika_alapay_20221028

(Higuchi)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録