世界に癒しを届ける「めだか盆栽」を宇宙に打ち上げ!結果報告の記者会見開催

更新日:2022年10月31日 / 公開日:2022年10月31日


めだかやドットコムが、世界に癒しを届ける「めだか盆栽」を宇宙に打ち上げ!その結果報告記者会見が、宇宙ビジネス拠点X-NIHONBASHIにて、11月1日(火)16:00より行われる。なお、宇宙に打ち上げたのはメダカではなく、盆栽を積んだ水槽だという。

水草を使って表現する現代風盆栽


「めだか盆栽」は、日本メダカの第一人者と呼ばれる青木崇浩氏により作り上げられた、ガラス水槽の中で水草を使って表現する現代風盆栽だ。

水質浄化の特許を活用し、水を入れ替える必要が殆どなく観賞魚のめだかをガラス内で創り上げる盆栽として楽しむことができる。

多くの人を魅了する美しさで評判

「めだか盆栽」を作るには、バクテリアによる硝化作用、植物への窒素同化、光合成、メダカの生態の理解を深め、ガラス水槽の中に技術を落とし込んでいく座学と実体験が必須。

これらには長年の経験と時間が必要だが、同社は悩みを抱える仲間とともに日々制作に励んでいる。時間を掛けて作り上げられた世界観は、多くの人を魅了する美しさで評判だ。

宇宙を背景にした美しい「めだか盆栽」


プロジェクトでは、10月15日(土)に新潟県東蒲原郡阿賀町付近で「めだか盆栽」を打ち上げた(メダカではなく盆栽を積んだ水槽)。宇宙を背景に美しい「めだか盆栽」の写真を撮影し、新しい日本文化として世界中の人々に大きな喜びを与え、日本メダカの世界観が伝えられた。

11月1日(火)に開催される記者会見では、「めだか盆栽」の打上げから宇宙空間、着地までの映像上映、代表の青木崇浩氏が同プロジェクトへの想い、打上げから着地までの報告、宇宙に行った「めだか盆栽」実物の展示、打上げ時に使用したペイロードやカメラなどの展示、新曲「MEDAKANOUTA」のリリース発表と宇宙での音の比較、最新本「メダカの飼育方法 完全版」の発表などを実施。


また、NASAガービー・マッキントッシュ氏から届いた、「めだか盆栽」打ち上げに向けた応援メッセージもYouTubeチャンネルにて公開中だ。

クラウドファンディング実施中

さらに、「めだか盆栽を宇宙に打ち上げ、福祉事業所が作り上げる日本メダカの世界観を伝える事」を目的に、9月16日(金)~11月30日(水)の期間、クラウドファンディングを実施中。目標金額は300万円で、寄付は維持費・管理費・教材などの資金として使用される。詳細は、Makuakeのプロジェクトサイトにて確認を。

多くの人を魅了する美しさで評判の「めだか盆栽」。この機会に、「めだか盆栽」で癒されてみては。

YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/watch?v=grkEAIHrTBI

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:めだか盆栽を宇宙に打上げ、福祉事業所が作り上げる日本メダカの世界観を伝えたい。

(佐藤ゆり)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録