「奇跡やなぁ」実母の一言に思わずウルッ。パパの背中にはヨダレと涙の大きな染みが…

更新日:2022年11月8日 / 公開日:2022年11月8日

2歳4ヶ月の娘・いーちゃんを育てる、くらりす(@klarith313)さんがTwitterに投稿した1枚の写真が話題です。

これって奇跡

パパに抱っこされ泣き疲れた娘さん。パパのシャツの背中には、見事なまでに垂れたヨダレと涙の盛大なシミが……!くらりすさんはそのシミがおもしろく、お母さまに写真を見せたそう。すると、写真を見たお母さまの口から出たのは、意外な言葉でした。

笑い話のつもりだったくらりすさんが思わず涙しそうになった、お母さまの言葉とは……

「奇跡やなぁ。この子がおらんかったらこんなシミも出来へんのよ」

なんでもないような日常が、実は奇跡で溢れていることに気づかせてくれる、お母さまの言葉。このヨダレと涙の跡も、一つの大切な思い出ですね。くらりすさんにお話を聞いてみました。

――このとき娘さんはどのような理由で泣いていたのでしょうか?

くらりすさんお昼寝の時間で、手足がぽかぽかで身体はお昼寝モードなのに本人はお昼寝がしたくなかったようで……全力で泣いていました。

――「眠いはずなのに寝たくない!」状態だったんですね。それにしても美しいほどにくっきりヨダレと涙の跡がつきましたね。

くらりすさん見事なヨダレの跡に笑ってしまいました。「これは面白い!可愛い!」と思い写真を撮りました。

――お母さまから、「奇跡やなぁ…」と言われたとき、くらりすさんはどのようなお気持ちになりましたか?

くらりすさん実母に写真を見せたのはただの笑い話のつもりでした。「奇跡やなぁ」と言われても「何が?」と返したのですが、「我が子を抱っこしてヨダレのシミで笑えるんやで。この子がおらんかったらこんなシミも出来へんのよ」と言われて泣きそうになりました。いーちゃんがいるからこその日常である、そのことを思い出せて良かったと思います。 多くのご家庭にとって子どもは奇跡であると思うのですが、我が家は結婚4年目に不妊がわかり、医師から顕微授精以外での妊娠は困難と言われていました。経済的なことや心身の負担について夫婦で相談し、結果が良くても悪くても1回きりと決めて治療に臨み、いーちゃんを授かったんです。 治療中や妊娠中、出産直後はその奇跡を噛み締めることも多かったのですが、すくすく育ついーちゃんとの慌ただしい日々の中で忘れてしまうこともありました。ですが、実母はことあるごとに「奇跡やなぁ」と言ってくれます。「妊娠・出産が奇跡なのは分かっていたつもりやけど、いーちゃんのお陰でもっと実感できた」とも話してくれます。

――「奇跡やなぁ」と何度も言葉にしてくれるお母さま、とても素敵ですね。くらりすさん、心の温まるお話をありがとうございました。

===================== 投稿主くらりすさん Twitter@klarith313

(マイナビ子育て編集部)

<関連記事> ・新幹線の車内に響き渡るギャン泣き……途方に暮れるママに、前の席の隙間から姿を現したのは?「ヤァ!」

そっくりすぎる一卵性三つ子を見分けるためパパが新生児期にしていたこととは!? これなら服を着替えても間違えない

あと少しだったのに……! レゴのパーツが足りなくて悔しい男の子が泣きながら怒って放った一言に爆笑からのほっこり

=============== 人気マンガ連載をイッキ読み!

『うちの子は絶対に盗んでません!』Vol.1~Vol.27までイッキ読み

汚れたベビーグッズを贈られて!? この義母、ヤバすぎる……『害悪! 過干渉義母』

マジでやめて!! 我が物顔でふるまい戸棚を漁る子どもたちに喝『息子の友達が勝手に家に! 子育てトラブル』

産後の妻に味噌汁を強要する夫が怖い……『いいから黙って食え!』

『夫にキレる私をとめられない』で話題! いくたはなさん『夫と私の凸凹二人三脚な日々』

37歳で第4子を出産! コロナ禍・転院、絶対安静… あおのそらこさんの妊娠記録「4人めなのにドタバタでした。」


関連記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録