読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】子宮内膜症の症状と治療法、不妊や卵巣がん、再発のリスクは?

このコラムにありがとう

目次

最近、だんだん生理痛がひどくなってきた……という方はいませんか?年齢のせい?体質が変わった?など、考えることもあるかもしれませんが、もしかしたら「子宮内膜症」の可能性も。近年、若い女性の間にも増えているという「子宮内膜症」について解説します。

この記事の監修ドクター

パークサイド広尾レディスクリニック内山明好 院長 浜松医科大学医学部卒業。医学博士。同大学整形外科学入局、ハーバード大学骨疾患研究所留学。その後エーザイ株式会社、グラスソ・スミスクライン株式会社にて臨床開発、薬事、薬剤安全性等の部門長、 担当役員を歴任後、株式会社アーテイジ代表取締役社長として遺伝子検査やサプリメントを用いた健康増進事業に取り組む。 現在、医療法人社団宗友会パークサイド広尾レディスクリニック理事長・院長。 http://www.ladies-clinic.or.jp/

200284083

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮内膜症とは、本来、子宮の中だけにある内膜が、全く別の場所に発生して増殖してしまう病気です。主な症状や、発生しやすい場所についてまとめました。

子宮内膜症とは

「子宮内膜」とは、子宮の一番内側にある膜のこと。子宮内膜は妊娠に備え、卵巣からのホルモンの作用で定期的に厚くなり、妊娠しないと剥離(はくり)する、を繰り返します。はがれおちた内膜や血液などの組織は「月経」となって、膣から身体の外に排出されます。

通常は子宮の内側にだけにある子宮内膜。しかし、何らかの原因により、この子宮内膜によく似た組織が、骨盤内の腹膜や卵巣など子宮の内側ではないところに発生し、増殖してしまうことがあります。これを「子宮内膜症」と呼びます。

子宮内膜症になりやすい部位

子宮内膜症が発生しやすい場所はさまざまです。特に多いのが骨盤の中に納まっている器官で、卵巣や子宮、ダグラス窩【か】(子宮と直腸の間にあるポケット)、腸や直腸などの表面、卵巣の内部、子宮の筋肉層、腹膜表面などが挙げられます。

主な症状

通常、子宮の内側に増殖した内膜は、月経時に腟から排泄されます。子宮以外の器官で増殖した内膜も、月経に伴いはがれおちますが、子宮内腔と違って排出する場所がありません。そのため、行き場がなくなった内膜は、そのまま体内にとどまってしまうのです。やがて血液の固まりとなり、周囲の器官と癒着して、さまざまな障害を起こすと考えられています。

症状は、子宮内膜症が発生する場所などによって異なりますが、患者の多くが訴えているのは強い月経痛です。子宮内膜症の月経痛は、回数を重ねるごとにだんだん痛みがひどくなるのが特徴です。症状が進行すると、それまで飲んでいた鎮痛剤が効かなくなってきて、月経時には寝ていないと耐えられないほどになる場合も。たとえば虫垂炎のように「急性腹症」として開腹手術が必要な病気と同じぐらいの激しい痛みが発生する人もいます。

また、経血量の増加、月経期間中の排便痛、頭痛や吐き気、嘔吐、発熱といった症状が出るケースも。ダグラス窩や子宮を支える靱帯などに病巣があると、性交時に痛みが出ることもあります。

病気の進行段階とそれに伴う症状

子宮内膜症は、時間の経過とともに病状が進行するのが特徴。進行の度合いは四期に分けられています。

第一期は、子宮内膜症の組織が子宮以外の部位に増殖しはじめ、成長を始めた段階です。はがれた組織や血液は体の中にとどまり、小さい血の固まりを形成します。自覚症状はほとんどありません。増殖と剥離を繰り返していると、小さい血の固まりが大きく広がります。この段階が第二期です。だんだん、月経時の出血が増え、月経痛が強まってきます。

第三期になると、広がった子宮内膜症の組織が固まって、卵管や卵巣など周囲の器官に癒着するようになります。この頃になると、月経痛の痛みがかなり激しくなります。癒着が、膀胱や直腸、小腸など骨盤の中にある臓器全体に広がった状態は第四期です。癒着がひどくなると、一つひとつの臓器が見分けられないほどの固まりになることもあります。この頃になると、月経時以外にも腰痛や下腹部の痛みが激しくなってきます。

子宮内膜症の種類5つ

477546355

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮内膜症は5種類に分けることができます。ここでは、5つの子宮内膜症について解説します。

腹膜子宮内膜症(腹膜病変)

腹膜や臓器の表面に発生する最も基本的な子宮内膜症のこと。腹膜病変とも言われ、内膜症であれば、必ず見られる症状です。画像では診断できず、手術で開腹しないと確認はできません。

卵巣チョコレート嚢胞

卵巣の中で子宮内膜症が増殖した場合のこと。病巣が袋をつくり、チョコレート色の血液がその中にたまっていきます。ふくらんだ卵巣は、まれに病巣の袋が破裂する場合もあります。その時は激痛が発生し、緊急手術が必要になることがあります。

深部子宮内膜症(深在性病変)

腹膜の表面から少し埋もれた状態で発生する内膜症です。発生する場所は、子宮と直腸が癒着してしまったダグラス窩の奥であることが多いと言われています。痛みが強く、性交痛や排便痛もきついのが特徴です。

子宮腺筋症

子宮筋層内に発生する病変のこと。他の子宮内膜症と発生のしくみが少し違うため、子宮内膜症ではなく「子宮腺筋症」として区別する場合もあります。症状は、部分的に盛り上がるタイプと、子宮筋層全体に入り込み、子宮がだんだん大きくなってしまうタイプに分けられます。

他臓器子宮内膜症

卵巣やダグラス窩といった器官でなく、肺やへそ、直腸、会陰といった部分に子宮内膜症が発生する場合があります。これを他臓器子宮内膜症と言います。肺の内部に発生した場合は月経時に喀血(かっけつ)し、直腸に発生した場合は下血や下痢が症状となってあらわれます。

検査と治療方法

185181782

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

徐々に痛みが激しくなり、症状によっては緊急手術も必要なこともあるという子宮内膜症。放置しておくと症状が進むので、できるだけ早く発見し、治療をしたいところです。ここでは、子宮内膜症の検査方法と治療方法はどんなものかまとめました。

子宮内膜症の検査

内膜症のほとんどは、内診や超音波、血液検査で判断することができます。内診にて子宮の後方(ダグラス窩)にしこりがあるか、圧痛があるか、卵巣の腫れについて診察します。症状が進んでいる場合は、超音波エコーやMRIを用いて判断します。

また、補助的な方法として、血液検査も行います。子宮内膜症になると、血液中のCA-125という腫瘍マーカーが高くなることが確認されているためです。CA-125が高値であれば、内膜症がある程度進んだ状態と考えられます。

子宮内膜症の治療

子宮内膜症は、原因が明らかになっていないため、完治するという治療法がまだ確立されていないのが現状です。

現在の治療は大きく分けて、「手術療法(腹腔鏡手術、開腹手術)」「薬物療法(擬妊娠療法、擬閉経療法)」の2つがあります。病気の進行の程度や症状、将来子どもが欲しいかなどによって、治療法を選択します。

手術療法は、子宮内膜症の病巣だけを取り除き、子宮・卵巣を温存する「保存手術」と、子宮と卵巣を全摘する「根治手術」があります。

薬物療法は、閉経と同じ状態を作る「疑閉経療法」、ピルによって妊娠と同じ状態を作る「疑妊娠療法」が主流となっています。これらの療法は排卵や月経を薬物で止めることで、内膜症の進行も止めるという方法ですが、「疑閉経療法」では身体が更年期に似た状態になるといった副作用が出ることもあります。そのため、長期間にわたる薬物治療を続けることができない場合もあります。

再発について

薬物療法治療中は子宮内膜症による月経痛や病気の進行は止まりますが、治療を中止すると再び月経が始まりますので、残っていた子宮内膜症病変が再び増殖して、出血を繰り返すようになることもあります。このように子宮内膜症は再発を繰り返しやすい疾患と言えます。

手術を受けて病巣を取り除いたとしても、そのまま放置していると、再発する可能性もあります。手術後の状態を保ち、再発を防止するために、術後療法として薬物療法を行うこともあります。

女性の現代病?病気の原因と発症増加の背景

636639902

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮内膜症の患者は、年々増加しており昭和40年代と比較すると、患者数が3倍近くに増加しています。20代、30代と年齢が上がるほど増加し、40代が最も多くなっています。発生する原因や、急増している理由とはどういったものでしょうか。

子宮内膜症の原因は?

子宮内膜症発生する原因は、まだはっきりとは解明されていません。通常、生理の血液は体外に排出されますが、血液が卵管の方に逆流し、排出されることなくそのままとどまってしまう「子宮内膜移植説」が仮説のひとつとして挙げられています。そのほか、腹膜が何らかの原因で子宮内膜に変化し、子宮内膜症になるという説、子宮内膜細胞が血液やリンパ液に乗って他臓器に移植されるという説などもあります。

昔に比べて発症が増えているのはなぜ?

年々、患者数が増加している原因として考えられているのは、「女性のライフスタイルの変化」です。20代で出産をする人が多かった時代は、妊娠・授乳で月経が停止し、自然に子宮内膜症が治ったり、発症や再発を予防したりということもあったと考えられています。しかし現在は、結婚年齢も出産年齢も遅くなり、出産回数も大幅に減少。子どもを作らない女性も増えています。その結果、妊娠・授乳による「自然治癒」の機会が少なくなるため、子宮内膜症を訴える人が増えているという可能性を指摘する人もいます。

子宮内膜症と不妊症の関係

636338524

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮内膜症は、一般人口では5〜10%の頻度で見られる病気ですが、不妊症の人たちの場合は内膜症を持っている率が20〜30%になるとも言われています。これから結婚をし、子どもを望んでいる女性にとっては注意しておきたい病気です。

子宮内膜症は不妊の原因になる?

不妊症の診察で、子宮内膜症が発見されることも多いなど、子宮内膜症と不妊症には大きな関係があると言われています。ひとつには内膜症になると、卵巣や卵管が癒着し、卵子が通れなくなってしまうためです。しかし、卵管も通り、排卵もあるのに妊娠しないケースもあることから、子宮内膜症自体が、妊娠の障害になっている可能性も考えられます。

子宮内膜症により不妊になった場合は

子宮内膜症を治療すれば、かなりの人が妊娠できることがわかっています。症状が進行しないうちに、治療を開始したほうが、妊娠もしやすいようです。思い当たる症状があった場合は、早めに産婦人科を受診しましょう。

子宮内膜症と卵巣がんの関係

525918039

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

子宮内膜症は、不妊の原因になるだけでなく、卵巣がんとも関係があると言われています。その原因と早期発見のために必要なことをまとめました。

子宮内膜症は卵巣がんの原因になる?

近年、子宮内膜症による卵巣嚢腫(チョコレート嚢胞、タール嚢胞)が、卵巣がんと関係あることがわかってきました。卵巣の中で子宮内膜が増殖してしまうチョコレート嚢胞の中には、約0.5%〜1%の頻度で卵巣がんが発見されています。

がんにならない・早期発見のためには

チョコレート嚢胞を持つ人の中には、最初は良性であったものの、後にがんに変わったという人もいます。長期間かけてがんに変わる可能性もあるため、内膜症による卵巣嚢腫をもつ場合は、症状がなくても定期検診を受けましょう。子宮がん検診などの時に、卵巣を超音波で診察してもらうことがおすすめです。

チェック!このような症状があったら一度受診を

Sb10069454x

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

放っておくと、不妊症の原因になるほか、卵巣がんの原因にもなると言われる子宮内膜症。ここでは、子宮内膜症によくある症状をまとめました。思い当たる症状があったら、一度受診しておくと安心ですね、

・1回の月経期間が長い、月経量が多い、月経痛がある。 ・月経痛がだんだんひどくなる ・不正出血が多い ・腹痛・腰痛を繰り返す ・性交痛がある ・トイレが近い、尿が出にくい、便秘 ・貧血、めまい、動悸 ・月経時の排便痛

ただし、これらの症状が出るのは、必ずしも子宮内膜症だけとは限りません。他の病気の可能性もあるので、安易に自己判断せず、必ず医療期間を受診しましょう。

まとめ

生理痛がひどいことが症状として挙げられる子宮内膜症ですが、中にはそれほど痛みが出ない人もいます。「月経時の痛みがないから子宮内膜症は大丈夫」と思っていると、知らないうちに病気が進行してしまうことも……。卵巣がんになるリスクもあるため、定期健診で早期発見・早期治療に努めたいものですね。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年3月29日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録