“肉を焼かない焼肉屋”が東海地区初進出!「焼うお いし川」名古屋に3店舗目をオープン

更新日:2022年11月11日 / 公開日:2022年11月11日


東京の築地と六本木に店を構える、“肉を焼かない焼肉屋”「焼うお いし川」は、11月19日(土)、大名古屋ビルヂングに3店舗目をオープンする。築地青空三代目グループとしては、3店舗目を展開する異例のお店となっている。

肉を使わず焼肉のような味わいを提供

「焼うお いし川」は、江戸前鮨 築地青空三代目の創業者である石川太信氏が、築地市場の豊洲移転により取り残された築地場外市場の未来を危惧し、築地に再び注目を集めるために7年間かけて考案した「肉のない焼肉店」だ。


江戸前鮨の技法や知識を応用し、刺身で食べられる魚をほんの数十秒だけ炙り、特上カルビは大トロ、上カルビは中トロ、タン塩はとらふぐ、というように魚を焼き肉に例え、肉をまったく使わず焼肉のような味わいを提供する。

目の前で焼き師が焼くフルアテンド型のサービス


また、石川氏が自ら焼いて提供するサービスが好評だったことから、ディナータイムには、すべてのテーブルで焼き師が焼くフルアテンド型のサービスを実施。

石川氏は現在も店舗で焼いており、11月19日(土)からは大名古屋ビルヂングで毎日焼いていくという。

名物メニュー


名物は、「『特上カルビ』赤酢の酢飯にのせて」。特製の醤油漬けの漬物と一緒に食べると、まるでカルビのような味わいが楽しめる。


また、ウニイクラの丼に焼いた厚切りカルビをのせる「至福の三色丼」もおすすめだ。


東京2店舗では、夜は常に満席、昼は行列ができるなど人気を博している「焼うお いし川」。東海地区初進出となる大名古屋ビルヂングの店舗もチェックしてみて。

築地青空三代目:http://aozora3.jp/

(Higuchi)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録