ウェビナー「IT企業、50代人材に求められる副業・フリーランスの内容と報酬」開催

更新日:2022年11月12日 / 公開日:2022年11月12日


「マジセミ」は、IT企業、50代人材に求められる副業・フリーランスの内容と報酬というテーマのウェビナー「IT企業、50代人材に求められる副業・フリーランスの内容と報酬」を11月22日(火)19時~20時に開催する。

幅広い世代が対象

同セミナーのタイトルでは「50代」となっているが、主に40代~60代の人を対象としている。また、それ以外の年代の人も歓迎しているそうだ。

同セミナーは、IT関連の、副業・フリーランスとしての活動を考えている人、既に活動している人を対象に行われる。

人生100年時代で年収はどうなるのか

「人生100年時代」と言われる現在、我々は自身や家族の生活を支えるため、65歳定年を超えても働き続ける必要があると言われている。

しかし、50歳を超えて「役職定年」「定年継続雇用」「定年再雇用」などを迎えると、年収は大幅に下がると言われている。もちろん、企業にとって異なるが、半減する企業も多い。

IT企業40代~60代人材が果たすべき役割は大きい

世界中でデジタル化競争が激しさを増す中、日本でも急速にDXが進められている。しかし国内では、特に中小(ユーザー)企業で大幅にIT人材が不足しており、DXの足かせになっている。

このような中、IT知識、ITスキルを持った、IT企業の40代~60代人材が果たすべき役割は大きいはずだ。

スキルや報酬についても解説

同セミナーでは、IT企業の40代~60代人材が副業やフリーランスの活動を行う場合、どのような業務内容が求められているのか、どのようなスキルが求められているのかについて、また、実際の報酬はどうなるのか、その相場感などについて解説が実施される。

同セミナーはオンラインで行われるため、参加希望者は公式サイトより、事前受付を。

IT関連の副業・フリーランスとしての活動を考えている人は、「IT企業、50代人材に求められる副業・フリーランスの内容と報酬」に参加してみては。

■IT企業、50代人材に求められる副業・フリーランスの内容と報酬
開催日時:11月22日(火)19時~20時
マジセミ公式サイト:https://majisemi.com/e/c/majicareer-20221122/M1D

(角谷良平)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録