温度が見えるフライパン&鍋「テンプパンII」などが期間限定で「b8ta」に登場

更新日:2022年11月13日 / 公開日:2022年11月13日


調理器具ブランド「ビタクラフト」を展開するビタクラフトジャパンは、温度が見えるフライパン・鍋シリーズ「ビタクラフト テンプパンII」と調理家電「ビタクラフト 真空ブレンダー FRESQO(フレスコ)」を、11月1日(火)~2023年1月31日(火)の期間限定で、体験型ストア b8ta(ベータ)に出品中だ。

調理面に内蔵の温度センサーが調理温度を計測


1939年にアメリカのカンザスシティで生まれた「ビタクラフト」。9月に発売されたばかりの「ビタクラフト テンプパンII」は、本体の調理面に内蔵された温度センサーが調理温度を計測。リアルタイムでハンドルの温度モニターに表示してくれるすぐれものだ。

火加減・タイミングなど、作る人の感覚や経験に左右されるあいまいな感覚ではなく、「温度」という絶対的な数値で調理できる。

口当たりのよいスムージーが作れる真空ブレンダー


また、「ビタクラフト 真空ブレンダー FRESQO(フレスコ)は、容器内を真空状態にしてからブレンドすることで、食材の酸化を防ぎ、栄養素の損失を抑制。

空気の混入が少ないため、変色や分離、泡立ちも少なく、口当たりのよいスムージーを作ることが可能だ。

12月10日(土)には調理実演イベントも!


b8taは「発見と体験ができる店」として、有名企業からスタートアップ企業まで様々な最先端製品を展示している体験型ストアで、来店者はゆっくりと商品を体験可能だ。

今回は、ホリデーシーズン企画「Holiday Wishes from b8ta」への出品となる。「ビタクラフト テンプパンII」は、b8ta Tokyo – Yurakucho・b8ta Tokyo – Shinjuku Marui・b8ta Koshigaya Laketownで、「真空ブレンダー FRESQO」はb8ta Tokyo – Shibuyaで体験できる。


12月10日(土)には、b8ta Koshigaya Laketownで両品の調理実演イベントも実施される。

プレゼントとしても喜ばれそうなアイテムたちに注目だ。

■店舗住所
b8ta Tokyo – Yurakucho:東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル1階
b8ta Tokyo – Shinjuku Marui:東京都新宿区新宿3-30-13 新宿マルイ 本館1階
b8ta Koshigaya Laketown:埼玉県越谷市レイクタウン4-2-2 kaze 2階 C-205
b8ta Tokyo – Shibuya:東京都渋谷区渋谷1-14-11 小林ビル1階

(fukumoto)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録