京都の老舗下着メーカーよりトランスジェンダー向け下着ブランド「alper」登場

更新日:2022年11月15日 / 公開日:2022年11月15日


1966年設立の女性用下着メーカーのエレーヌは、半世紀にわたる多くの女性の課題に向き合ってきた技術力を活かし、トランス女性たちの声も反映した、より多様な体型をもつ女性のためのインクルーシブなインナーウェアブランド「alper(オパール)」を立ち上げた。

見せたい自分、なりたい自分に近づけるインナーウェア

aplerはその技術力と強い決意をもって、より顧客に寄り添い、悩みを解決していきたいとしている。

どんな人にもコンプレックスがあり、生きづらさを抱えている…そんな悩みを解決し、魅せたい自分に近づけられるよう同ブランドは誕生した。

「なりたい自分になるために、制限なんていらない。一つひとつが見る角度によって表情をかえるオパールのように、あなたはもっと自由に輝ける。『apler』は見せたい自分、なりたい自分に近づける見せたい自分、なりたい自分に近づける、インクルーシブなインナーウェアブランド」、これがブランドコンセプトになっている。

トランス女性を含め、多様な体型の女性の悩みを解決したい

同社は、見せたい自分、なりたい自分になれるためのアイテムとしてブラジャー等の開発に取り組む中で、多くの人のコンプレックスに向き合ってきた。

どんな人にもコンプレックスがあり、生きづらさを抱えていると考える中、トランス女性の悩みを知り、その話や悩みを聞くにつれ、この課題を解決しなければと思ったそう。

開発にあたっては、当事者はもちろん、MixRainbowや大谷大学非常勤講師・西田彩さんなど、多くの人たちからの協力を得られた。


さらに、課題と向き合い、カップが浮かない、へこまないことや、過度に盛らずに自然な膨らみやシルエットを作れるよう、構造を試行錯誤してきたという。

また、当事者の人にとってはサイズが分からず、自身の体型に合わないものを無理やり着用している現状を踏まえ、商品だけではなく、サイズの採寸などの課題を解決するサービスの開発・提供も進めていく。

下着によって自分に自信を持つことで、トランス女性を含め、多様な体型をもつ女性のライフスタイルの悩み解決に貢献したいと同社は考えている。

商品紹介



Alperios(オパリオス)は、大きめアンダーさんにも対応したサイズ展開。小さなバストも「美しくみせるシルエット」のブラジャーで、伸びよくフィットしながら華奢みえするショーツなどのコレクション。

Black Alper(ブラックオパール)は、胸を押さえるハーフトップやタンクトップ。ボクサータイプのサニタリーアイテム。

JellyAlper(ジェリーオパール)は、ジェンダーレスインナーシリーズ。ニュートラルなデザインアイテム。

いずれも、今後商品をリリースしていく予定だ。

見せたい自分に近づけられるよう生まれたインナーウェアブランドalperに注目したい。

■apler
ブランドHP:http://www.elene.co.jp/lp/alper/
Instagram:https://www.instagram.com/alper_innerwear/

(さえきそうすけ)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録