アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

コスモスの花言葉は「乙女の真心」、でもチョコレートコスモスの花言葉はちょっとせつない?

/

目次

秋を代表する花といえばコスモス。歌に歌われることも多く、聞き馴染みのある花ですが、どのような花言葉がつけられているのか知らない人も多いのではないでしょうか。ここでは、コスモスの概要や特徴、花言葉、名前の由来などを詳しく解説します。

コスモスの花言葉

Kosumosu3

秋の訪れを告げる花、コスモス。 コスモスにつけられている花言葉は「調和」「平和」「美しさ」「乙女の真心」

「乙女の真心」はなんともロマンティックな花言葉ですよね。秋の野を彩る美しさから、この花言葉がつけられています。

花言葉の由来は花の名前

コスモスにつけられている「調和」「平和」「美しさ」の花言葉は、コスモスの名前が由来。

コスモスはギリシャ語で調和や秩序を意味する「kosmos」が語源。その本来の意味から、「調和がとれていて美しい」として「調和」「平和」「美しさ」とつけられました。

また、このギリシャ語の「kosmos」は、「宇宙(Cosmos)」や「化粧品(Cosmetic)」の語源にもなっています。

コスモスの色別の花言葉

Kosumosu2

コスモスというとピンク色をイメージする人が多いかもしれませんが、実は色の種類が豊富。色別の花言葉もつけられています。

・ピンクのコスモスの花言葉…「乙女の純潔」 ・赤のコスモスの花言葉…「乙女の愛情」 ・白のコスモスの花言葉…「優美」 ・黄色のコスモスの花言葉…「野生の美しさ」 ・茶色のコスモスの花言葉…「恋の終わり」

黄色や茶色のコスモスもあるとは驚きですよね。

コスモスの種類別の花言葉

Kosumosu4

コスモスは一般的な「コスモス」のほかに、「チョコレートコスモス」「キバナコスモス」といった種類があります。

チョコレートコスモスの花言葉

その名のとおり、まるでチョコレートのような茶色の花をつけるのがチョコレートコスモスです。

チョコレートコスモスの花言葉は「恋の終わり」「恋の思い出」「移り変わらぬ気持ち」

恋の終焉を表した悲しい花言葉がつけられています。

Kosumosu6

キバナコスモスの花言葉

Kosumosu5

キバナコスモスはオレンジ色や黄色の花をつけるコスモス。コスモスよりひとまわり小さい小ぶりな花です。

キバナコスモスの花言葉は「自然美」「野性的な美しさ」「幼い恋心」

どの種類をとってもコスモスの花言葉は恋と縁が深いようですね。

コスモスの花言葉に怖いものはある?

Kosumosu7

「コスモス 花言葉」と検索すると「怖い」という言葉も出てきます。

しかし、これまでにご紹介したように、コスモスに怖い花言葉はありません。

ただ、チョコレートコスモスには失恋を連想させる悲しい花言葉がつけられています。この花言葉がネガティブなイメージにつながっているのかもしれませんね。

コスモスの特徴

Kosumosu8

コスモスは9~10月の初秋に開花時期を迎える、まさに秋の訪れを告げる花。夏の終わり~秋になると、日本のいたるところでコスモスの花が見られます。

桜同様に日本の風土に馴染んでいる花のひとつで、コスモスの和名は「秋桜」。桜は日本列島の南から北上して咲いていくのに対し、コスモスは北海道から咲き始め、徐々に南下していきます。

また、コスモスは茎が長く1~2mにまで伸びるのも特徴。強風にあおられて倒れても、倒れた場所からまた根を出し起き上がって花を咲かせる、生命力にあふれた花です。

コスモスの基礎知識

・分類…キク科コスモス属 ・原産地…アメリカ、メキシコ ・別名…オオハルシャギク(大春車菊)、秋桜(和名) ・開花期…9月~10月 ・出回り期…8月~11月

コスモスの誕生花

誕生花とは、生年月日にちなんだ花のこと。ギリシア・ローマの神話に由来するとされています。 コスモスが誕生花となる生年月日は以下のとおりです。

9月3日、9月27日、10月5日(黄)、10月6日(赤)、10月14日(白)、10月22日(ピンク)

コスモスの渡来の歴史

Kosumosu9

コスモスの和名「秋桜」から、なんとなく日本が原産のイメージがありますが、コスモスの原産地はメキシコ。日本には明治時代に入ってきました。

ある説によると、東京美術学校のイタリア人教師が故郷のイタリアから種子を持ち帰ったことが渡来の最初といわれています。

明治も末期になると一部地域ではすでに野生のコスモスが多く生えた状態に。夏目漱石の著書にも、コスモスについて「桂川の岸伝ひに行くといくらでも咲いている」と書かれています。

多くの歌にも取り入れられている花

Kosumosu10

日本人に馴染み深く、また花言葉も美しいコスモスは、多くの歌にも取り入れられています。

広く知られたコスモスの歌といえば、やはり山口百恵さんの「秋桜(コスモス)」でしょう。 嫁入りで実家を離れる娘と母親の、別れ前のひとときを歌った歌で、「淡紅の秋桜が秋の日の…」という出だしは有名。山口さんの代表曲のひとつです。

また、幅広い層に支持を得ているロックバンド、ミスチルことMr.Childrenの「花言葉」の歌詞にも繰り返しコスモスが出てきます。ここで歌われているコスモスが何色のコスモスを指すのか、その花言葉で解釈も変わってくることから、ファンの間でさまざまな考察がなされているようです。

コスモスを贈るのは問題ない?

Kosumosu11

かわいらしい花を咲かせるコスモス。「調和」「美しさ」「乙女の真心」などすてきな花言葉もつけられており、贈り物にもおすすめです。ただ、「恋の終わり」が花言葉のチョコレートコスモスは避けたほうがよいですね。

贈り方としては、花束やフラワーアレンジメント、ボックスアレンジなどがあります。 秋になると身近なところでも咲く花なので、自分で摘んできてアレンジするのもよし。フラワーショップにオーダーする場合は、すべてのショップに置いてあるとは限らないので事前に扱っているショップを調べておくとよいでしょう。

まとめ

繊細な美しさをもつコスモスは、見ているだけでも心が癒されますよね。すてきな花言葉もつけられているので、シーズンになったらぜひ大切な人にプレゼントしてみてください。



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録