アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

お芋を入れてボタンを押したらあとは待つだけ。「yakiimo baker UMAIIMO」販売中

/

目次


家庭日用品及び生活関連雑貨の企画・販売を行う「アーネスト」は、2021年11月30日(火)に「yakiimo baker UMAIIMO(焼き芋ベイカー ウマイーモ)」16,500円(税込)を発売した。同商品は「アーネスト」公式オンラインショップ「すまいる雑貨」にて購入できる。

1,980万円の支援を獲得した、人気プロジェクト


「yakiimo baker UMAIIMO」は、昨年「Makuake」にて、1,980万円の支援を獲得した、人気プロジェクトだったそうだ。

また、一般発売後も好評で、ECサイトでも予定していた数量が1日で売り切れるなど、人気の焼き芋メーカーとなった。

去年はシーズン前に売り切れ


売り切れ後も多くの問い合わせがあったものの、コロナ禍による影響から部品の供給が追い付かず、残念ながらサツマイモのシーズンに間に合わせることができなかったそうだ。

そして今年、2022年はより多くのユーザーに同商品を届けるため、しっかりと用意をしているそうだ。これから旬を迎えるサツマイモを使って、家庭で甘みの引き出された美味しい焼き芋を楽しんでみては。

シンプルだからこそ奥が深い焼き芋


「焼き芋=芋を焼くだけ」ではないそうだ。

シンプルな調理方法だからこそ奥が深い焼き芋。

同社は、焼き芋を「もっと手軽に、もっと美味しく」を調理するべく、家庭用焼き芋機を開発したという。


家庭で焼き芋を作る際、糖分の精製が上手くいかないと、サツマイモ本来のポテンシャルである「甘味、美味しさ」が十分に発揮されない。つまり、焼けるけど味はイマイチな、素材の美味しさを生かしきれずにもったいない状況だという。

こだわりの「2段階焼き」製法

そこで、熱の入れ方を研究した結果が、こだわりの「2段階焼き」製法だ。

同商品だから出来る「2段階焼き」が、芋本来の甘みと美味しさを最大限発揮させる。

オリジナルの10品レシピ付き

また、同商品で焼いた美味しい焼き芋をアレンジできる、オリジナルの10品レシピを付属。

ひと手間加えることで、焼き芋の魅力をさらに引き出すことができる。

温度管理を自動で調整

シンプルなスイッチ類でカンタン操作



美味しい焼き芋を仕上げる鍵は、絶妙な温度管理。低温でじっくりと、高温でしっかり熱を入れていくと、糖分が精製され甘く美味しい焼き芋に仕上がる。同商品はその面倒な温度管理を自動で調整して焼き上げる。

使い方も簡単

同商品の使い方はとっても簡単!まずはロースターを引き出し、よく洗ったサツマイモを入れる。

次に、サツマイモのサイズに合わせて焼き時間を設定したら、後は焼き上がりを待つだけ。手間をかけずに、甘さの引き出された焼き芋を食べることができる。

本格焼き芋を手軽に楽しむ事のできる「yakiimo baker UMAIIMO」をチェックしてみて。

商品詳細:https://www.ar-nest.co.jp/products/a-77463/

(角谷良平)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録