食塩をまったく使わないのにおいしい!夢の野菜スープがMakuakeにて発売中

更新日:2022年11月20日 / 公開日:2022年11月20日


ベジインは、11月17日(木)より、食塩不使用の冷凍野菜スープを、有機玄米おにぎりと合わせてクラウドファンディングサイト・Makuakeにて販売中だ。

野菜ソムリエ上級プロの資格を持つ管理栄養⼠が開発

ベジイン(Vegein)は、健康維持に不可⽋な野菜(ベジタブル)を効果的にカラダに取り入れられる(イン)よう、主に国産野菜を使用した安心・安全と喫食時の栄養素にこだわった、ベジタブルスープブランドだ。

同ブランドは、野菜の栄養を効率的に摂取できる「スープ」に着目し、最低限の塩分で最大限のおいしさを実現するべく開発を重ねてきた。その結果、減塩とおいしさを両立したスープをつくることに成功したが、「さらに塩分濃度を落としたスープがほしい」というニーズがあることを知り、塩分をまったく使わないスープの開発に挑戦。

野菜ソムリエ上級プロの資格を持つ管理栄養⼠を中心に、日夜何度も試作が重ねられ、現在販売中の食塩不使用の冷凍野菜スープを完成させた。

野菜の栄養と旨味が詰まった食塩不使用スープ


今回発売中のスープは、玉葱、じゃがいも、セロリ、しめじなどが入った「しめじとじゃがいものトマトスープ」、


大根、ごぼう、玉葱、人参、生姜、蒸し大豆などが入った「コロコロ根菜と大豆のスープ」、


椎茸、えのき、春雨などが入った「きのこの酸辣湯風スープ(春雨入り)」、


玉葱、さつま芋、人参、蓮根、セロリなどが入った「さつま芋入りポトフ風スープ」の4種類。

いずれも添加物に頼らず野菜がもつ旨みを生かした調理法が採用されているため、おいしさはそのままに、使用する塩分量をカット。また、専用の急速冷凍機を使用して冷凍されているため、食品添加物を使うことなく、できたての味や栄養をそのまま保持できているという。

到着後は電子レンジで温めるだけでOK。プロの味を家庭で楽しめる。野菜を中心とした植物性の原材料のみを使用しているため、ダイエットやファスティング後の回復⾷としても最適だ。

なお、いずれも特定原材料7品目の該当はないが、同じ生産ラインで小麦を使用した製品が製造されている。

有機玄米を使ったおにぎりも販売


厳選した有機玄米を使用したおにぎりも同時発売中だ。

ラインナップは、プレーンと食塩使用のきんぴら風味の2種類。地球にやさしい農法で育てられた玄米は、やわらかな味わいでスープによく合う。一緒に食べてみてはいかがだろうか。

Makuake:https://www.makuake.com/
プロジェクト名:食塩不使用の野菜スープを飲んで、健康な食生活を手に入れよう!

■プロジェクト概要
プロジェクト期間:11月17日(木)~12月30日(金)
リターン発送期間:2023年1月10日(火)~31日(火)発送終了予定 ※随時発送
※製造や配送業務に伴うやむを得ない事情により、スケジュールが変更になる場合がある。

(オガワユウコ)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録