煙を抑えて目に沁みにくい!長野のアウトドアメーカーが、家族向け焚き火台を発売中

更新日:2022年11月22日 / 公開日:2022年11月22日

ウルコナ ヘキサファイヤーピット

長野県でキャンプ用品を製造販売しているアルプス機工が展開するブランド「ウルコナ」より、焚き火台である「ウルコナ ヘキサファイヤーピット(専用収納バッグ付属)」34,900円(税込)の販売を11月15日(火)より開始した。同商品は、「ウルコナ」公式オンラインショップと楽天市場にて購入できる。

子ども連れの人でも楽しめる焚き火台

「ウルコナ ヘキサファイヤーピット」は、煙を抑えて目に沁みにくく、効率的に炎が安定する仕様になっており、初めて焚き火に挑戦する子ども連れの人でも楽しめる商品だ。

簡単に扱える焚き火台を作成

安定した火力でキャンプ飯も楽しく


手軽に持ち運べる専用バッグが付属

コロナ禍で多くの人がストレスを抱え、キャンプなどで炎を眺めて癒されたいと考えている人が増えているという。しかし焚き火において火の扱いが難しい、煙が苦手等の理由で断念してしまう人が多い。

軽量だから女性でもラクラク

そこで同社は慣れない人でも簡単に扱える焚き火台を作成してみてはどうかと考えるようになり、職人達とともに新しく焚き火台を作った。

二次燃焼式を採用

同商品は、“二次燃焼式”とすることで目が染みる・衣服に匂いが付くなど、焚き火をする上で困ることの多い煙の発生を抑制している。これは煙にタールなどを含む未燃焼ガスが多く含まれており、それを再燃焼することにより煙が出にくく効率よく高火力を生み出す。

材質は厚めのステンレス素材

また、据え付け地での安定性を高めるため“六角形”の形状とし、長い間愛用できるよう本体の材質は厚めのステンレス素材を用いた。

灰取り窓を全面に配置

同商品の特徴である“二次燃焼”を実現する為に複雑な構造となり、ステンレス材の加工に困難があったが、ベテラン職人の経験と技術により製品化に辿りついたそうだ。また、焚き火中でも燃えかすや灰を簡単に除去するために“灰取り窓”を設けており良好な使い勝手を実現している。

ウルコナ

「ウルコナ」は、アウトドアのお膝元である信州・伊那谷から発信する、モノづくりと深く関わりサポートしている会社がリリースするアウトドア用品ブランド。

「ウルコナ」とは、フィンランド語でアウトドアという意味だという。

コロナ禍で縮んでしまった自由な感覚をモノづくりとアウトドアを繋ぎ合わせてみたい、閉塞感を強く感じる現在に今こそ親子で楽しい思い出を作ってほしい、そう願い2021年春にブランドを立ち上げたそうだ。

同ブランドは、モノづくりで得た知見を活かし、楽しく素敵な道具を安価に提供し、そのぶん何回も何回も家族で・一人で・恋人や友達と出かける回数を増やしてほしいと願っているそうだ。

憧れの焚き火が簡単に、楽しめる「ウルコナ ヘキサファイヤーピット」でアウトドアライフを楽しんでみては。

ウルコナ公式サイト:https://ulkona.online/

(角谷良平)



この記事の著者

ログイン・無料会員登録