アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

2022年12月のおでかけ

/

目次

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台

オランダの現代美術を代表するアーティストの一人として、20年以上に渡り映像作品や映像インスタレーションを発表してきた、ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ氏。国内初個展となる本展では、彼女の代表的な映像作品から新作まで6点が展示されます。会期中にギャラリートーク、読書会などの関連プログラムの開催を予定しています。参加方法・詳細はウェブサイトで順次公開しているので合わせてチェックしてくださいね。

ウェンデリン・ファン・オルデンボルフ 柔らかな舞台
場所:東京都現代美術館 企画展示室 3階/東京都江東区三好4-1-1(木場公園内)
期間:11月12日(土)~2023年2月19日(日) 10:00-18:00(展示室入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(1月2日、1月9日は開館)、12月28日~1月1日、1月10日
入場料:一般1,300円、大学生・専門学校生・65 歳以上900円、中高生500円、小学生以下無料
HP:https://www.mot-art-museum.jp/exhibitions/Wendelien_van_Oldenborgh/

藤本純輝 個展
Atsuki Fujimoto Solo Exhibition
「絵と木の葉、木から森への境界」
'Painting and Leaf, Boundary from Tree to Forest'

自然をモチーフとし、布を重ねたり剥き出したりという物質的側面からのアプローチを重ね、モチーフの持つ性質を繊細に絡み合わせた新しい「絵画」の発見を一貫して続けている、アーティストの藤本純輝氏。彼の作品は「布」と「塗料」の直接的なマテリアルの表象が特徴です。それは、近くで見る荒々しさと、距離を持って見た際の抑制のきいた美しさとの両面を持ち、あたかも自然の中に佇んでいるような木々のざわめきすら感じられます。本展では特に藤本氏が興味を抱いてきた平面と立体の「はざま」を取り上げ、双方の特質を内包した新展開の作品を含む10点が展示販売されます。

藤本純輝 個展
Atsuki Fujimoto Solo Exhibition
「絵と木の葉、木から森への境界」
'Painting and Leaf, Boundary from Tree to Forest'
場所:ARTDYNE/東京都千代田区外神田6-11-14 アーツ千代田3331 207号室
期間:11月25(金)〜12月18(日) 12:00-19:00(12月11日は15:00〜)
休廊日:月〜水曜
入場料:無料
HP:https://www.art-dyne.com/

3331 GALLERY #045 3331 ART FAIR recommended artists 盛圭太 個展

パリを拠点に国際的な活動を展開する盛圭太氏による個展。紙や壁面に糸をグルーガンで張りながら即興で描かれる盛氏のドローイングには、2種類の線が存在します。ひとつは、真っすぐに張られた直線、もう一方は、重力に委ねた弛んだ曲線。制作過程の中で糸が絡まったり切れたりして起こった小さなエラーを含みながら、緻密で秩序だった建築物や宇宙空間のようなイメージが立ち上がるとともに、効率的にシステム化された現代社会の構造が内包するフラジリティを浮かび上がらせていきます。本展では、代表作のドローイングシリーズ「Bug report」の他、その創作の原点となる映像作品も展示予定。

3331 GALLERY #045 3331 ART FAIR recommended artists 盛圭太 個展
場所:3331 Arts Chiyoda 1F 3331 Gallery/東京都千代田区外神田6-11-14
期間:12月22(木)~2023年1月22日(日) 11:00〜19:00(1月4日(水)は13:00開場、最終日1月22日(日)は18:00まで)
休館日:12月29日(木)、1月3日(火)
入場料:無料
HP:https://www.3331.jp/news/202211/005775.html

仲田慎吾 個展「PARALLEL」

仲田慎吾氏は出身地である長野県飯田市の伝統産業「水引」を、古来から続く日本の呪術紐ととらえ、独自の貼り水引技法により美術作品を制作しています。水引は異界との境界を示すものでもあり、時間と空間に存在するものと、それ以外のものの狭間でもあります。そして作品制作は全ての狭間の深淵を探る行為でもあります。本展では世界のあらゆる要素が同時的に密集しつつ、空虚でもある状態を絵画的に表現し、それらの作品が平行的に存在する可能性を模索しています。

仲田慎吾 個展「PARALLEL」
場所:亀戸アートセンター (KAC)/東京都江東区亀戸9-17-8 KKビル1F
期間:11月26日(土)〜12月11日(日) 13:00〜19:00
休廊日:木曜
入場料:無料
HP:https://kac.amebaownd.com/posts/38785989

開館15周年 PRIDE OF YOKOSUKA スカジャン展

戦後、米兵の日本滞在のスーベニア(お土産)として、和装由来の鷲、虎、龍などの豪華な刺繍を施したジャケットが誕生しました。本展では、テーラー東洋(東洋エンタープライズ株式会社)の貴重なヴィンテージ・コレクション約140点を中心に、横須賀を代表するアイテムでもあり、現在、世界中のファッションシーンからも注目を集める「スカジャン」の魅力あふれる世界を楽しむことができます。あわせて、戦後から50年代に横須賀「ドブ板通り」で実際に販売されていた商品や写真などで紹介される、全国の米軍基地周辺で展開した「基地文化」の一端もお楽しみください。

開館15周年 PRIDE OF YOKOSUKA スカジャン展
場所:横須賀美術館/神奈川県横須賀市鴨居4-1
期間:11月19日(土)~12月25日(日) 10:00-18:00
休館日:12月5日(月)
入場料:一般1,300円、高校生・大学生・65歳以上1,100円、中学生以下無料
HP:https://www.yokosuka-moa.jp/

柚木沙弥郎 & Alexander Kori Girard 二人展

100歳を超えてもなお、日本を代表する染色家・アーティストとして活躍している柚木沙弥郎氏とファブリックデザイナーAlexander Kori Girard氏の二人のアーティストによる二人展です。企画展のコンセプトは「East Meets West」。柚木氏は60代の頃旅したニューメキシコ州サンタフェで訪れたAlexander Girardのクラフトミュージアムが自分が作品を作る上でターニングポイントになったと語ります。お互いに異なる場所で繋がり、世代を超え大きな影響を与え合った二人がエースホテル京都という場所で、コミューンデザインのアートコンセプト「East Meets West」で出会います。エースホテルでは企画展開催中、作品をより身近に感じられる特別な宿泊プランを販売しているそうなので、ぜひチェックしてくださいね。

柚木沙弥郎 & Alexander Kori Girard 二人展
場所:エースホテル京都1階 ロビーギャラリー/京都府京都市中京区車屋町245-2
期間:10月1日(土)〜2023年1月10日(火) 12:00-23:30
入場料:無料
HP:https://jp.acehotel.com/kyoto/going-on/samiro-yunoki-alexander-kori-girard-exhibition

たにこのみ 個展 | みゃーちゃんが見た世界

絵描きとして活動している、たにこのみ氏による個展です。テーマは「みゃーちゃんが見た世界」。
「みゃーちゃんが最後の日、我が家にやって来た。どうやら色んな場所を物色した上でやって来たようだ。そんな気持ちが嬉しかった。そして、悲しかった。この世からいなくなってしまったみーちゃんはここへ来るまでどんな世界を見て来たのだろう。気になった、今はどんな所にいる?想像でもいいから、知りたくなった。すっかり心に住みついてしまった。なんだか胸の奥がとてもあったかい。」
新作の油絵を中心に発表されていますので、ぜひ会場でご覧ください。

たにこのみ 個展 | みゃーちゃんが見た世界
場所:NEW PURE + (ニューピュアプラス)/大阪府大阪市中央区淡路町1-1-4
期間:11月27(日)〜12月11日(日) 13:00-19:00
定休日:水曜
入場料:無料
HP:https://newpureplus.com/14762

朝光ワカコ「diving into my microcosmos」

美術作家、イラストレーターとして活動している朝光ワカコ氏の個展です。テーマは「diving into my microcosmos」。
「それぞれの内側には、それぞれの宇宙が広がっている 心を鎮めてゆっくり潜っていく 目が慣れてくると、しだいにぼわっと光が目に入ってきて、星たちが浮かぶ小宇宙の海の中にいることがわかる 目が慣れたら、そのときのフィルターに引っかかったものを 目に見えないものも、見えるものも丁寧に収集し、整え、かたちにする。」
ユニークな世界観をぜひ会場で楽しんでみてはいかがでしょうか。

朝光ワカコ「diving into my microcosmos」
場所:hitoto/大阪府大阪市北区天神橋5-7-12 天五共栄ビル301
期間:2022年12月3日(土)〜2022年12月24日(土) 13:00-19:00
定休日:火、水曜
入場料:無料
HP:https://hitoto.info/diving/


この記事の著者

minneとものづくりと

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録