アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

ペットをかわいく撮影できる7つのコツを伝授!

目次

カメラ機能も充実している最近のスマホ。

撮りたい!と思ったときにさっと取り出せて、ぱっと撮れるのでとても便利です。

ですが、かわいいペットを撮影するときに、いつものかわいさが全然写真にでていない…とがっかりしてしまうことがありませんか?

じつは、ちょっとしたコツをつかめば、ペットの撮影ももっとすてきな仕上がりになりますよ。

ここでは、格安スマホでペットを撮影するコツと注意点についてまとめてご紹介します。

 

ペットをかわいく撮影する7つのコツ


1.カメラは最高画素数で
まず、カメラの設定で一番大事なのが、撮影画素数。

大きいほど印刷したときにきれいに印刷できます。何か理由がない限りは、カメラ設定の中で一番大きい画素数にしておきましょう。

 
2.オート設定で撮影する

▲オート設定で撮影すれば足元にややボケ感がありいい感じに(Moto G6 plusで撮影)

 

カメラの技術や才能がなくても安心してください。

最近のスマホカメラは、それなりにキレイに撮れますのでフラッシュもホワイトバランスもオート設定にしておけば間違いありません。

逆光や接写など機種によってはプラスアルファで機能設定ができるので、頼れる機能はすべてスマホの機能に頼ってみましょう。

 
3.明るい時間に撮影する

▲夜、室内で撮影(AQUOS sense plus SH-M07で撮影)

 

▲朝、室内で撮影(AQUOS sense plus SH-M07で撮影)

 

蛍光灯などの光よりも、朝の自然光の方がきれいに撮れます。

もしも、自然光が入らない部屋で撮影するときは、撮影時に写真の明るさを調整するときれいに撮れます。

一般的な機種なら、撮影時に画面をタップすると電球や太陽のようなマークが表示され、明るさを調整できるようになっています。

 
4.引き・寄りを意識する

▲引き(AQUOS sense plus SH-M07で撮影)

▲寄り(HUAWEI nova lite 2で撮影)

 

全体を撮影することを「引き撮影」、近づいて撮影することを「寄り撮影」といいますが、ペットの場合はメインのペットに「寄り」で撮影するとバランスよく撮影できます。

引き撮影をするときは、ペットを中央に写すのがポイントです。

 
5.ペットの目の高さで撮影してみる

▲ペットの目の高さでチャームポイントの口が見えるように撮影(Moto G6 plusで撮影)

 

人間の目の高さではなく、ペットの目の高さで撮影するとかわいい写真が撮れます。

そのときにスマホを床に立てるような形で撮影するとペット目線で撮影できます。

また、ペットの目や耳、口元などチャームポイントに焦点を絞って撮影するのもいいですね。

 
6.背景がごちゃごちゃしていないところで撮影する
あまり背景がうるさいと、何を撮りたいのかがわからなくなってしまいます。

背景がごちゃっとしそうなときは、ペットにフォーカスして周囲をぼかして撮影するときれいに撮れます。

機種によって、撮影画面で焦点を絞りたいものをタップすると周囲がボケて撮れるものもありますが、機能がない場合は後から写真加工アプリで加工してしまいましょう。

 
7.写真加工アプリを使う

▲スマホ標準装備の画像加工アプリで加工(HUAWEI nova lite 2で撮影)

 

かわいさを最大限に表現するためには、画像加工アプリが欠かせません。

ちょっと失敗したかも?という写真も、白黒やセピアなどに加工すれば、なんだかいい感じに。

手軽な方法としては、Googleフォトで写真を自動補正したり、Instagramで写真を加工したりするときれいに仕上がりますよ。

 

撮影するときの注意点は?



ペットとの遊びの中でたくさん撮る!

▲室内を”うさんぽ”中に撮影(Moto G6 plusで撮影)

 

ペットを撮影するにあたって、すてきな写真は、一回で撮影できるものではありません。

何十回もシャッターを切って、後から「かわいい!」という写真が1、2枚あればラッキーです。

失敗したらあとで削除すればいいだけなので、失敗を恐れずにどんどんシャッターを押してみましょう。連写機能があれば利用するのもおすすめです。

また、ペットに負担をかけないことも大切です。

カメラのシャッター音が大きいと、臆病なペットはびっくりしてしまうことも。

音を消すか、小さくすることで自然な表情を撮影できます。

ペットとのスキンシップや遊びの中で撮影できるといいですね。

私が撮影したときに苦労した点は、ウサギさんはよく動き回るためシャッターチャンスを逃すことはもちろんですが、ブレたりピントが合わない、光の加減が微妙ということが多々ありました。

ですが、かわいく撮れるとスマホの待受にできたり家族にシェアしたり、とても癒やされます!

ペットと過ごす何気ない日常も、後から写真で振り返ると楽しいことでいっぱい。

ぜひ、思い出に残るようなかわいい一枚を撮影してみてはいかがでしょうか。

格安スマホでペットをかわいく撮りましょう!

 

取材・文:中野友希


関連記事



/

この記事の著者

BIGLOBE Beauty

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

michicos
michicos

カテゴリ

公式アカウント

michicos
michicos
ログイン・無料会員登録