読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】人工授精後の過ごし方で妊娠確率が上がるって本当??

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

不妊治療の1つの選択肢である人工授精。人工授精がどんなものであるのかはもちろん、体への影響や処置後の過ごし方などをあらかじめ知っておくことはとても大切なことです。人工授精の流れから、人工授精後の過ごし方、注意すべき点についてまとめました。「痛みは?」、「双子の確率は??」など最新情報をお伝えします。

この記事の監修ドクター

フラワーベルARTクリニック丸田英 先生 愛知県名古屋市にある不妊治療専門「フラワーベルARTクリニック」です。不妊治療に関心はあるけど何から始めればよいか、どうすればよいか分からない、自分がどういう状態にあるのか不安…という方はぜひ一度お気軽にご相談ください。一人でも多くの方に当院を選んで良かったと思っていただけるよう、スタッフ一同、皆さまのご来院を心よりお待ちしております。 http://www.flowerbell-art.jp/

タイミング療法の次に検討??そもそも人工授精って?

637801108

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人工授精は、あらかじめ採取した精子を細い管をつかって子宮の奥に人工的に注入するという治療方法です。精子を子宮に送り届けた後の過程、つまり精子と卵子が出会い、受精し、着床するという流れは自然妊娠と変わりません。一般的には排卵の時期にあわせて性交をするタイミング療法で結果が得られなかった場合、次のステップとして検討されることの多い治療法です。

人工授精ってどんな治療?

人工授精は一言でいえば、採取した精子を人の手によって子宮の奥に入れる治療方法で、卵子と精子の出会う確率を高めるものになります。比較的自然妊娠に近い治療法のため赤ちゃんへの影響や副作用もほとんどありません。ただし、卵管が通っており、自然な受精が行われない限り妊娠に至らず、人工受精単独での方法によって劇的に妊娠の可能性を高めるというものでもありません。

妊娠する確率はどれぐらい??双子は??

1回あたりの妊娠率は、もちろん個人差や病院によっても差はありますが一般的に5~10%程度と報告されています。人工授精の適応対象としては、精子の数が少ない、運動性があまり活発でないなど、精子に何らかの異常を抱えている場合、 子宮頚管粘液の分泌が不十分な場合、性交障害のある場合や、不妊原因が明らかでない場合などにも対象となることがあります。ちなみに、双子を出産する確率は排卵誘発剤を使った場合に上昇します。

人工授精の流れをチェック!!痛みは?

排卵のタイミングにあわせて行うため、あらかじめ基礎体温をつけ、血液検査や超音波検査などを行ってなるべく正確な排卵日を予測します。排卵日に基づいて人工授精をする日をきめたら、その日にあわせて精子を採取します。病院にもよりますが、精子は自宅で専用容器に採取し病院へ持参することも可能です。病院に提出された精子は専用の液や精子培養液によって洗浄・濃縮されます。その後、医師がカテーテルを経由して子宮内に注入していきます。子宮内に注入する工程は1、2分程度と短時間で済み、基本的に痛みもないため、身体的な負担はそれほど高くありません。

着床するまで何日ぐらい??

また、自然妊娠の場合は排卵から着床するまで約一週間から11日程度かかるといわれています。人工授精をした場合も、精子を子宮に入れてから着床までは同程度かかります。また無事着床したとしても、身体が妊娠反応を示すのはさらに後になり、人工授精での着床がわかるまでには1ヶ月近くの時間が必要になることになります。通常は、次の生理の有無で判断されることが多いでしょう。

いつから普段通り??人工授精後は入院??

621505244

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人工授精を行った後は、基本的には普段通りの生活を送ることができます。でもなるべく着床しやすい環境を整えたいものですよね。また、痛みや出血を生じる場合には注意が必要です。

人工授精後の生活で妊娠率は変わる?

人工授精を行った直後は病院でしばらく安静に過ごします。ただし、入院の必要はなくその日のうちに帰宅することができます。人工授精をしたからといってその後ずっと安静にしていなければならないというわけではなく、基本的には普段通りの生活を送ることができます。しかし、自然妊娠でも排卵日に性交をしても妊娠する場合、しない場合があるように、普段の生活や体調の変化が妊娠するかどうかに影響することは言うまでもありません。ストレスや不規則な生活は当然ながら妊娠をするためには良くありません。妊娠率を少しでもあげるためにも、心身ともに負担をかけないような生活を送ることが大切です。

人工授精後の入浴・運動・性交は?

人工授精後はとくに安静を要することはなく、基本的に運動や入浴、性交に制限はありません。感染症予防のために念のためその日の入浴を控えるように言われる場合もありますが、病院によっては良いという判断をする場合もあります。入浴が原因で妊娠率が下がってしまったり、赤ちゃんに悪影響が出るようなこともありません。何か気になること、心配なことがある場合は必ず医師に相談・確認をするようにしましょう。

どんなことに注意して人工授精後過ごせば良いの??

472466358

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人工受精後に注意した方が良いこともあります。普段とは何か違うなと異変を感じたら、すぐにかかりつけの医師に見てもらうようにしましょう。

病院に連絡した方が良い腹痛・出血の見分け方!!

人工授精では器具を使用するため、子宮頚管に器具が入ったことによって出血と痛みを生じる場合もありますが、しばらくすればおさまり、自然治癒するので心配はないでしょう。人工授精をした後、まれに着床するときに下腹部にチクチクとするような痛みを感じる場合もあります。着床痛と呼ばれる一時的な痛みでしばらくしておさまるような場合は特に問題はありません。

また、着床のタイミングで着床出血と呼ばれる出血を生じる人もいます。子宮内膜からの出血で、2、3日でなくなる人もいれば長い人は1週間程度続く場合もあります。これを生理だと勘違いして、妊娠できなかったと誤った判断をしてしまうケースもあります。着床出血はどちらかというとおりもののようなもので、色は赤というよりも薄い茶色やうっすらしたピンクの場合が多くなります。生理とは違うような出血があった場合には自己判断をせず必ず医師に報告をし、判断を仰ぐようにしましょう。

受診の目安は??

また、まれに卵巣卵管などが炎症をおこし骨盤腹膜炎になってしまう場合があります。人工授精を受けた当日や翌日に激しいお腹の痛みや高熱が出た場合には、すぐに病院に診てもらう必要があります。その他、排卵誘発剤などの薬剤を併用した場合などには、ホルモンバランスの変化が生じ卵巣が腫れ、痛みを感じる場合もあります。しばらくして痛みが治まるようであれば問題ないことが多いでしょう。しかし、人工授精が初めての場合は特に身体に起こる変化に対して心配になるのは当然のこと。自分で判断をするのではなく医師に症状を伝え、一つ一つ適切に対処していくことが大切といえます。

妊娠確率を高めるためには??人工授精後のポイント4つ!!

637340168

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人工授精後に着床しやすくなるような理想的な過ごし方とはどんなものなのでしょうか。妊娠確率を高めるために自分にできることを取り入れて、妊娠を目指しましょう。

着床しやすい体をつくる生活を

人工授精に限ったことでなく、着床・妊娠しやすい体をつくるためにはストレスのない生活は欠かせません。とはいえ絶対安静にする必要はもちろんありませんが、普段の生活を送るなかでもなるべく心身ともに過度な負担は避け、少しでも受精卵が着床しやすくなるような環境を整えたいものです。たとえば、身体の健康状態を整えるうえで基本となるのが生活習慣。規則正しい生活、バランスのよい食事、適度な運動を取り入れて、妊活をするようにしましょう。

身体が冷えると妊娠率がダウン!!

妊活中は、体を冷やすことは大敵です。妊娠にはホルモンが大きく関わるといわれており、そのために血流を良くする必要があります。体を冷やしてしまうと血行が悪くなり、卵巣に酸素や栄養が十分に届かず、卵巣機能を低下させてしまうことにもつながります。妊娠しやすい体づくりには、体を冷えから守り温かくしておくことが重要なのです。

意外に冷えやすい夏も油断大敵!!

冬場はもちろん、エアコンなどで思いのほか冷える夏場も注意が必要です。腹巻きをする、カーディガンをはおる、厚手の靴下を履くなど、自分なりに工夫して体をなるべく温めるようにしましょう。特に平熱が36℃未満、上半身は温かいのに手足が常に冷たい、便秘やむくみになりやすい、肩こりや腰痛、頭痛、月経痛がある人などは要注意。ごぼう、黒ゴマ、山芋、しょうがなど体を温める作用のある食べ物を積極的に摂ったり、シャワーでなく毎日湯船にゆっくりつかるようにするなど冷え対策をして、妊娠しやすい体をつくっていきましょう。

規則正しい食生活が大切!!酵素で血流促進!!

規則正しく、バランスのとれた食生活は妊娠はもとより、健全な体を作る上で欠かせません。特に酵素を含む食材は血流を盛んにしてくれると言われます。バナナやアボカド、キャベツ、ニンジンなどを積極的に摂るといいでしょう。また、過度なダイエットも禁物です。やせ過ぎの場合は女性ホルモンの分泌量が少なくなってしまう場合もあります。逆に太り過ぎても女性ホルモンの分泌量が追いつかず、バランスを崩してしまう要因になります。ホルモンバランスは妊娠にとても大きく影響します。栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

妊娠確率を低下させる嗜好品に要注意!!

妊娠しやすい体をつくることは、自分のためだけでなく産まれてくる赤ちゃんにとってもプラスになります。もちろん、煙草やお酒などの嗜好品は控えましょう。特にタバコは、精子の数が少なかったり勃起不全のリスクが高まるなどという研究データも報告されるほど、妊娠への影響が懸念されています。また、妊娠後も低出生体重児や流産・早産の確率が高まるとも言われます。受動喫煙の影響も踏まえて禁煙することが一番でしょう。

ストレスをできるだけ避けるためには??

現代社会にあって、ストレスなしに生活できる人はほとんどいないといっても過言ではないでしょう。しかし、過度なストレスは女性ホルモンの妨げになり、妊娠しにくくなるのはもちろん、妊娠できたとしても無事に妊娠を継続させていくことが難しくなります。また、女性だけでなく男性も心身ともに疲れがたまれば精子を作る能力に影響を及ぼすことがあります。このようにストレスは妊娠にとって非常に大きなマイナスの要因となるのです。国内外の研究でもストレスを感じている時に出る物質、アルファミラーゼが妊娠確率を下げることが明らかにされています。

妊娠確率を上げるためのストレスマネジメント!!

そのためにも、男女ともにストレスをなるべく避けてリラックスして過ごすことが大切です。完全にストレスを感じないで過ごすことはありえませんから、受けたストレスを上手に発散するマネジメント方法を見つけることが現実的な解決策になります。ストレスを解消するためにはウォーキングなどの適度な運動も効果的です。激しい運動は受精成功のためにあまりよくないと言われますが、適度な運動は血流を盛んにし、健康な体を作る上でも有効です。

人工授精そのものがストレスにならないように

人工授精に限らず、すべての不妊治療に言えることですが、治療そのものがストレスになるパターンは珍しくありません。不妊治療はお金もエネルギーも使うので、治療そのものがストレスになってもおかしくありません。精神的にも経済的にも少し疲れを感じたらパートナーに正直に気持ちを伝え、少し治療をお休みしましょう。高齢出産でタイムリミットが迫っている状況だと「1日でも早く!!」と焦ってしまうのも無理はありません。ただ、心身が張り詰めている状態では妊娠の期待も薄くなります。人工授精は1回2万円から3万円が相場価格です。その予算でたまには旅行に行くなど、思い切って休むことも検討してみて下さい。

まとめ

人工授精は子宮に精子を注入する以外は自然に任せる部分が多く、処置の後も普段の生活を送ることができる、比較的安心な不妊治療ともいえます。しかし、大量の出血や激しい腹痛、高熱などが生じた場合には細菌感染や子宮収縮などが起こっている可能性もあります。不妊治療を継続していくためにも、普段と違う異変を感じた場合には自己判断をせず、医療機関を受診することが大切です。また、人工授精後に限らず妊活中はとくにストレスは大敵です。規則正しい生活やバランスのとれた食事、適度な運動・リフレッシュを心がけ、体をいたわるように心がけましょう。人工授精後、意識して着床しやすい環境を整えることで、妊娠確率を上げることができます。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年7月10日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録