アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【東京都中央区築地】創業150年以上の老舗水産仲卸「尾粂」が作る「幻の塩数の子」の予約販売開始

/

目次


明治四年に日本橋市場で創業し、時代の移り変わりとともに築地・豊洲市場と場所を移しながらも、150年以上数々の銘店に商品を卸してきた水産仲卸「尾粂(おくめ)」。

幻の塩数の子を数量限定で予約販売

「尾粂」が目利き厳選した「幻の塩数の子」を数量限定で12月3日(土)~31日(土)の期間、予約販売を行っている。

なお、その希少価値ゆえに“幻”の冠がつく縁起物の数の子は、数に限りがあるため、なくなり次第終了だ。

幻の塩数の子


近年の鰊(にしん)の漁獲量減少に伴い、日本国内で出回る数の子は海外産が全体の95%を占めており、国内産は5%しか流通していない。

その貴重な国内産の数の子を、さらに色・形・大きさなどの厳しい条件で選別。丁寧に手間をかけて厳選された数の子は、流通する全体量のわずか1%未満しかなく、その希少さから「幻の塩数の子」と称されている。

「幻の塩数の子」は、漂白せず塩のみで仕上げられており、数の子本来の味わいが存分に楽しめる。海外産の数の子とは一線を画す粒の大きさ、バリバリとした歯ごたえ、奥深い風味と旨味を感じられる一品だ。

数の子は卵の数が多いことから「子孫繁栄」を連想されることやその黄金色の見栄えの良さで、正月のおせち料理や祝膳にも欠かせない食材となっている。

贈答用にも


「幻の塩数の子」は、「尾粂」特製の木箱に入っており、自宅用はもちろん贈答用にもぴったりだ。

つきぢ尾粂ではひもの詰め合わせや自家製西京漬も


また、一般消費者向けに「尾粂」が目利きしたひもの・自家製西京漬などの商品を販売する「つきぢ尾粂 ひもの・西京漬店」では、「幻の塩数の子」以外にも、

「特撰 つきぢ尾粂 ひもの詰合せ 松」10,800円(税込)


職人の目利きが光る「ひもの詰め合わせ」や、

「特撰 つきぢ尾粂 漬け魚詰合せ(西京漬け詰合せ)」5,400円(税込)


「自家製西京漬」など、年末年始を彩る特別な商品も準備されている。

販売価格

「幻の塩数の子(無漂白)」の価格は、300gで¥4,950(税込)、500gで¥7,700(税込)。「幻の塩数の子」は、「つきぢ尾粂 ひもの・西京漬店」、ネットショップ「築地お取り寄せ市場」にて予約を受け付けている。

数に限りがあるため「幻の塩数の子」が気になる人は早めに予約してみて。

■つきぢ尾粂 ひもの・漬魚店
住所:東京都中央区築地6丁目26-1 築地魚河岸小田原橋棟 W15-16
営業時間・店休日:8:00~15:00・施設の休館日に準ずる ※年末のみ営業時間が変更になる可能性あり
築地お取り寄せ市場:https://tkjm.jp/tsukijiuogashi/store480/lineup/

(角谷良平)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録