アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【岐阜県岐阜市】リアルタイム・プロジェクションマッピングが楽しめる「ぎふ灯り物語 2023」を開催

/

目次


​GIFUナイトビュー事業実行委員会は、鵜飼のオフシーズンにおける魅力的なナイトタイムエコノミー創出のため、「ぎふ灯り物語 2023」を岐阜県岐阜市の岐阜公園及び正法寺の2会場にて、1月21日(土)~29日(日)の期間、開催する。

リアルタイム・プロジェクションマッピングが楽しめる

「ぎふ灯り物語 2023」は、国の伝統的工芸品に指定された岐阜和傘、岐阜提灯等を用いた「岐阜市ならでは」のライトアップイベントで、3回目を迎える今回は、事前に用意された映像ではなく、コンピューターを用いた演算処理によってリアルタイムに生成された映像を投影するリアルタイム・プロジェクションマッピングを取り入れた新たな演出も楽しむことができる。

料金は、大人(大学生以上)800円/中学生・高校生500円/小学生以下・障がい者等は無料。

また、PassMarketにて、前売チケット販売している。なお、チケットは、当日会場受付でも購入可能だ。

岐阜公園会場

岐阜公園会場では、冬の信長公居館跡に、光のアート空間が立ち上がる。

岐阜公園(おもてなしの階段)イメージ


岐阜和傘のライトアップと、プロジェクションマッピングによる光の階段、「おもてなしの階段」が、信長公のおもてなし空間へと誘う。

岐阜公園(百傘繚乱)イメージ


「百傘繚乱」では、数十本の岐阜和傘が、光の演出によって壮麗に浮かび上がる。

岐阜公園(幻光の滝)イメージ


「幻光の滝」では、信長公の幻の庭園が、リアルタイム・プロジェクションマッピングにより鮮やかに彩られる。

正法寺会場

正法寺会場イメージ

正法寺会場で観られる岐阜提灯のやわらかな光と、カラーライティングで彩られた岐阜大仏の競演は、「ぎふ灯り物語 2023」ならではのワンシーン。

岐阜城夜間特別開館

また、「ぎふ灯り物語 2023開催」に合わせ、夜間に岐阜城を特別開館する。日程は1月28日(土)、1月29日(日)の2日間で各日午後4時30分~午後8時(ぎふ金華山ロープウェー下り最終便/午後8時30分)。

「ぎふ灯り物語 2023」に参加して、リアルタイム・プロジェクションマッピングを楽しんでみては。

■ぎふ灯り物語 2023
開催日時:2023年1月21日(土)~29日(日)午後5時~午後8時30分まで(最終入場/午後8時)※点灯式1月21日(土)午後4時45分~
会場:岐阜公園(岐阜県岐阜市大宮町1)及び正法寺(岐阜県岐阜市大仏町8)

詳細ページ:https://www.city.gifu.lg.jp/kankoubunka/kankou/1005049/1018324.html
GIFUナイトビュー事業実行委員会 公式Instagram:https://www.instagram.com/gifunightview/
PassMarket:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02h7fh98m9n21.html

(角谷良平)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録