アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

夜泣きで眠れず、目の下にはクマ、髪もボサボサ。昼間の児童館で完璧に見えたママも、きっと私と同じなんだ

/

目次

漫画「よなきごや」第1話をお届けします。

Yonakigoya banner

Twitterで公開されて話題となり、数多くのメディアに取りあげられた漫画「よなきごや」の連載がスタートします!第1話はSNS等で公開して話題となったお話の再掲載。来月からは書き下ろしです。ご期待ください。

==========

深夜の街で「よなきごや」という看板を見つけた私。行くあてもないし、意を決してチャイムを押してみると鍵が開いていて……そこにはお茶やお菓子にミルク、眠るための防音の部屋があり、他のお母さんもいました。

▼これまでのお話はこちら 【1】母親になった私。他のお母さんと自分を比べてしまって 【2】どんなに工夫しても赤ちゃんの夜泣きは悪化するばかり 【3】夜泣きが止まない我が子と、夜の街をさまよいながら

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 022

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 023

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 024

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 025

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 026

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 027

%e3%82%88%e3%81%aa%e3%81%8d%e3%81%94%e3%82%84 028

つづく(次回更新は、1/25(水)の予定です)

1話目から読む

前回のお話はこちら

2017年、Twitterにたった3枚のエッセイ漫画「夜泣き小屋」を投稿しました。親にとって非常につらく孤独な、子どもが夜泣きする時間。「そんなときに、こんな場所があったらいいな」という想像の場所を描いたこの作品は、多くの方々から反響をいただきました。 そんな「夜泣き小屋」をもとに、2021年に自主制作で読み切りとして描いたのが、この「よなきごや」です。同様にSNSで公開してから、いまだに感想をいただくほど長く読まれている作品です。 いつかこの「よなきごや」を舞台に、もっと様々な人たちを描きたいと思っていました。そこで連載化にあたり、「よなきごや」の読み切りを第1話としています。これから1か月に1話のペースで連載していきますので、よろしくお願いいたします。 かねもと

%e5%a4%9c%e6%b3%a3%e3%81%8d%e5%b0%8f%e5%b1%8b%e6%8f%90%e4%be%9b%e7%94%a8%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf web 1

%e5%a4%9c%e6%b3%a3%e3%81%8d%e5%b0%8f%e5%b1%8b%e6%8f%90%e4%be%9b%e7%94%a8%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf web 2

%e5%a4%9c%e6%b3%a3%e3%81%8d%e5%b0%8f%e5%b1%8b%e6%8f%90%e4%be%9b%e7%94%a8%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf web 3

かねもとさんの最新書籍はこちら

(編集協力:大西まお)

この記事の執筆者 かねもと 漫画家で、東北在住の2児の親。在宅ワーカー歴=長男の歳と同じ年数。著書に『世界一役に立たない育児書』(白泉社)、『伝説のお母さん』『伝説のお母さん つづきから』『私の息子が異世界転生したっぽい』(KADOKAWA)、原作担当書に『私の息子が異世界転生したっぽい フルver.』(小学館)がある。


関連記事



この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録