アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

出版する本屋「SPBS」開業15周年記念!本の祭典「SPBS BOOKTALK FESTIVAL」開催中

/

目次


出版する本屋「SPBS」は、本店開業15周年を記念し、「SPBS BOOKTALK FESTIVAL」を1月13日(金)~2月12日(日)に開催している。

本と本屋の未来への扉を開く「SPBS」


2008年、「SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS」は、“奥渋谷”の愛称で親しまれる渋谷区神山町に、出版する本屋「PBS本店」を開業。2019年には渋谷スクランブルスクエアに本とギフトの店「+SPBS」、2020年には虎ノ門ヒルズビジネスタワーに「SPBS TORANOMON」、アーバンドックららぽーと豊洲3に「SPBS TOYOSU」をオープンした。「本と本屋の未来への扉を開く」をビジョンに掲げ、本が持つ力を信じ、今もチャレンジを続けている。

開業15周年を記念した本の祭典を開催中


そして今年1月26日(木)、「SPBS」は本店を開業して15周年を迎える。2023年はアニバーサリーイヤーとして、すべてのブックラバーに感謝の気持ちを伝えるさまざまな企画を用意している。

第1弾として、1月13日(金)~2月12日(日)の期間、「みんなで、本の話をしよう。」をテーマとした本の祭典「SPBS BOOKTALK FESTIVAL」を各店舗とオンラインで開催中。「SPBS」にゆかりのあるブックラバー総勢約30名を迎え、さまざまなブックトークイベントを行う。

また同期間、ハッシュタグ「#本の力を感じた一冊」をテーマにSNS投稿キャンペーンを実施し、オンラインでもみんなで本の話ができる場をつくる。各店舗では、本を愛するゲストが選書した「#本の力を感じた一冊」ブックフェアを開催。さらに同テーマでSNSに投稿された本の中からスタッフが厳選した本を公式ウェブサイトで紹介する。

各店舗でさまざまなブックトークを実施


「SPBS本店」では、校正者・牟田都子さんによる「本屋の歩き方・本の選び方」、安達茉莉子さん×碇雪恵さん×佐久間裕美子さんの「書く自分、出版する自分との向き合い方」などのブックトークを開催予定。

「SPBS TORANOMON」では「未読のすすめ〜“つくる”から始まる読書の話+書籍企画書講評会〜」、「SPBS TOYOSU」では「モーニングアートブックタイム」などが開催される予定だ。全イベントの内容や日時、参加方法などの詳細は、特設サイトで確認しよう。

スタンプラリーやステッカーなどのプレゼントも!

また、「SPBS」各店舗で500円(税別)以上購入すると、専用台紙にスタンプを1個押印してもらえる。3店舗分集めた人にはオリジナルステッカーをプレゼント。抽選で特典もあるため、スタンプを集めてみよう。


さらに、「SPBS本店」が開業した1月26日(木)に同店に来店した先着150名には、イベントのメインビジュアルを担当しているNoritakeさんのイラストがプリントされたオリジナルステッカーと、「SPBS BOOKTALK FESTIVAL」ガイドブックや、


Hanavieの「PlusFlower(プラスフラワー)」がプレゼントされる。

本の祭典「SPBS BOOKTALK FESTIVAL」に参加してみよう!

SPBS BOOKTALK FESTIVAL 特設サイト:https://www.shibuyabooks.co.jp/event/9334/
ハッシュタグキャンペーン 詳細:https://www.shibuyabooks.co.jp/event/9373/
スタンプラリー 詳細:https://www.shibuyabooks.co.jp/event/9374/

(min)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録