アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【神奈川県横浜市】箕輪小の6年生の児童に対し、ロボット教育プログラムを活用した授業を実施

/

目次

本授業の様子

エリクソン・ジャパン(エリクソン)、横浜市立箕輪小学校、KDDIは2022年12月8日(木)と15日(木)の2日間、箕輪小の6年生の児童に対し、エリクソンが提供するロボット教育プログラム「Connect to Learn デジタルラボ・プログラム」を活用した授業を実施した。

Connect to Learn デジタルラボ・プログラムを活用した授業

日本では2030年に、サービス業を中心に644万人の労働力が不足すると推定(※)されており、多くの企業が労働力不足解消の手段としてロボットの活用を検討している。

一方、日本の公教育ではロボットに関する教育の導入が進んでいないことが課題となっている。このたび2030年に20歳になる現在の小学6年の児童に対し、ロボットの基礎的な技術を学んでもらうべく「Connect to Learn デジタルラボ・プログラム」を活用した授業を行った。

ロボット活用の重要性や将来的な応用の可能性

「Connect to Learn デジタルラボ・プログラム」を活用した授業は、エリクソンとKDDIの技術部門に所属する社員がインストラクターとなり、小学6年の児童30名に、モーター駆動やセンサー情報取得など、ロボット制御の基本を伝えた。また、高度なロボット工学で使われているのと同様の手法を体験してもらい、ロボット活用の重要性や将来的な応用の可能性を伝えたそうだ。

授業を受けた児童や先生の声


授業を受けた児童からは「同じ班のインストラクターさんと一緒に話し合いながらプログラムを組めたうえ、プログラミングの大変さ・面白さを知ることができました。街にこれからロボットが来るのが楽しみです。」という声や、先生からは「何度も何度も失敗しながら、試行錯誤を重ね、相談を繰り返して取り組む姿は、まさに学校教育が目指している学びの姿だったと思います。ついつい大人が失敗しないように、先回りをしてしまいがちですが、失敗にこそ深い学びがあることを再認識しました。」という声があったという。

Connect to Learn デジタルラボ・プログラムについて

「Connect to Learn デジタルラボ・プログラム」は、エリクソンがグローバルで展開しており、11歳~16歳の子どもたちを対象に、新しい技術の探求と問題解決能力の育成を目的とした教育プログラム。インストラクターがテクノロジーへの情熱を児童と共有し、ロボット工学、ゲーム開発、電子工学および人工知能などのコースが用意されている。

スウェーデンの公立科学センターのUniverseumとのコラボレーションとしてイエーテボリで開始されたデジタルラボ・プログラムは、これまでイタリア、南アフリカおよびインドなどで展開されてきた。

新しい技術の探求と問題解決能力の育成を目的とした教育プログラムである「Connect to Learn デジタルラボ・プログラム」の今後に注目してみては。

※出所:パーソル総合研究所・中央大学「労働市場の未来推計2030」

(角谷良平)



この記事の著者

STRAIGHT PRESS

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録