アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊活中におすすめ! 5つのしておきたいこと

目次

「妊娠前にしておけばよかった」そんな後悔をしないように、妊活中にやっておきたい5つのことをまとめました。スムーズな妊娠のために、ママと赤ちゃんの健康のために、おすすめの方法です。

この記事の監修ドクター

なかむらレディースクリニック中村容子先生 女医プラス所属。当院は、不妊治療・体外受精専門の婦人科クリニックです。患者様それぞれにあった、こころとからだに優しい生殖医療を提供いたします。 http://towako-nakamura.com/

①ブライダルチェック

148687432

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ブライダルチェックは、結婚を控える男女を対象とした検診のことで、結婚前に受けておきたい検診であることから「ブライダルチェック」と呼ばれています。女性を対象としたブライダルチェックは、HIVやクラミジアなどの感染症や、子宮頸がん・卵巣腫瘍など、妊娠や出産に影響を与える女性特有の病気の有無をあらかじめチェックする目的で行います。実際に行う検査内容は、施設や受ける人の希望によって異なります。

結婚前に妊娠力をチェック

学校や職場の健康診断、あるいは子宮がん検診などを受けたことがある方は少なくないでしょう。 ブライダルチェックで行われる検査内容は、各施設で異なりますが、職場で行う検診よりも、妊娠・出産に関連した詳しい内容になっているのが一般的です。具体的には、おりもの検査、卵巣や子宮の超音波チェック、子宮がん検査、性感染症検査、血圧測定、一般血液検査などが行われます。

卵巣予備能検査として、アンチミュラリアンホルモン(AMH:抗ミュラー管ホルモン)を測定することも増えてきました。この数値を測定することにより、卵巣に残されている卵子の数を推定し、今後の妊娠・出産のチャンスがどの程度残されているかを予測する手助けとなります。

普段、生理不順、月経周期の乱れ、生理痛がひどい、などといった症状がある方はもちろん、これまでに定期的な婦人科検診を受けていない方は1度ブライダルチェックを受けておくことをおすすめします。

男性のブライダルチェックも

「女性のみ」というイメージがあるブライダルチェックですが、実は男性向けのブライダルチェックも存在します。近年では、不妊の原因の40〜50%は男性側にあると言われていますので、やはりカップルで受けておくと安心です。

男性向けのブライダルチェックとしては、精液・精子検査、性感染症検査、陰嚢などの超音波検査(精巣の状態の確認)などがおこなわれます。

②貧血対策

636402242

特に妊娠前から貧血に悩まされている女性は、妊娠中、貧血が悪化する可能性があります。妊娠中の貧血の原因は、妊娠中、体を流れる血液量が増加することにあります。妊娠32週頃には約1000mlも増加し、赤血球や血色素も増加しますが、相対的に血液が希釈されるため、貧血が起こりやすくなります。

妊娠中にひどい貧血に悩まされると「妊娠前から気をつけていればよかった…」と後悔するかもしれません。

妊娠すると貧血が悪化する?

妊娠中は貧血に悩まされる妊婦さんが少なくありません。「妊婦貧血」という名称を聞いたことがある方もいるかもしれません。

妊娠初期は赤ちゃんの大きさはそれほど大きくありませんが、赤ちゃんや胎盤では、目まぐるしく細胞分裂や増殖を繰り返しています。妊娠中には、より多くのエネルギー・栄養素が必要になります。

胎児の成長に伴って、お母さんの体を流れる血液の量も増えていきます。しかし血液の量の増加に対して、血中の赤血球の量が足りないと、相対的に血液が薄くなり、貧血となるのです。貧血予防のためには、まず「鉄分」を充分に摂取してください。鉄は、赤血球に含まれるヘモグロビンの原料となり、全身に酸素供給を行う要となっています。

ちなみに、妊娠初期に特に多く摂取したい栄養素は「葉酸」です。赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」(二分脊椎など)という先天的な疾患のリスクを減らすことが期待できます。葉酸は「妊娠の1ヶ月以上前から、食事だけでなくサプリメントなどで1日400μgを補ってください」と、厚生労働省も推奨する栄養素です。

妊娠すると貧血が悪化しやすくなりますが、必要な栄養素を摂取することで防ぐことが期待できます。

貧血の対策法

貧血予防に重要な2大栄養素「鉄」と「葉酸」を不足しないように摂取してください。

1日の「鉄」の必要量は、成人女性で1日12mg、妊娠後期・授乳期では1日20mgと言われています。また、「葉酸」の必要量は、妊娠していない女性の場合1日240μgとされているのに対して、妊娠初期では1日640μg、妊娠中~後期には1日440μgです。なお、赤ちゃんの「神経管閉鎖障害」のリスク低減のため、妊娠初期や妊娠を考えている女性は、通常の食事に加えて、1日400μgの葉酸をサプリメントなどで補うことが推奨されています。

さらに「ビタミンC」は葉酸や、鉄の吸収を助けるため、一緒に摂っておきたいビタミンといえます。「(葉酸以外の)ビタミンB群」は葉酸の働きを助けてくれるため、やはり一緒に摂取することがおすすめです。

③予防接種

490186410

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中に感染症にかかると、赤ちゃんの発育に重大な影響を及ぼす可能性があります。過去に予防接種を受けていて、体内に「抗体」が存在すると、概ね感染を防ぐことができます。しかし、世代や地域などによっては、特定の予防接種を受けていない方も少なくありません。女性のみならず、可能であればパートナーの男性や、周囲の方々も抗体の有無を確認し予防接種を受けることが望ましいです。

子どもの頃にどんな予防接種を受けましたか

麻疹(はしか)、おたふくかぜ(流行性耳下腺炎)、水疱瘡(みずぼうそう)、風疹(ふうしん)。 これらの感染症はいずれも予防接種で、概ね予防することが可能です。しかし予防接種を受けておらず、妊娠中に感染してしまうと、赤ちゃんに障害が出る恐れもあります。

例えば、妊娠中に麻疹(はしか)にかかってしまうと、早産や流産の原因となります。また、妊娠5ヶ月目程度までに、妊婦が風疹(ふうしん)に感染してしまうと、胎児の「先天性風疹症候群」につながる可能性があります。こちらは、赤ちゃんの心臓や、目、耳などに障害が発生する症候群です。

過去の予防接種歴の確認と、受けていない場合には抗体の有無を確認し、抗体がない場合には妊娠前にワクチンを接種することの大切さは、少しずつ認知されてきています。自治体によっては、妊娠希望の女性で、予防接種の費用を補助する動きも出ています。

「成人男性の風疹」が流行?

2013年、20〜40歳代の成人男性の間で、風疹が流行しました。これは1994年の予防接種法改正が関係していると考えられ、この年齢層のほとんどの方は風疹の予防接種を受けていません。特に、この年齢層の方は男女を問わず、過去に風疹の予防接種を受けたかどうか、きちんと確認しておきましょう。

もしも、女性の方に風疹の抗体がなく、なおかつすでに妊娠中の場合には、男性パートナーや身近なご家族に予防接種を受けてもらったほうが良いでしょう。風疹は会話や咳、くしゃみなどから飛沫感染します。外からご家庭へ風疹を持ち込まないようにするには、周囲の方が対策を打つ必要があります。

④むし歯治療

517543590

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠中でも、むし歯治療を行うことは可能です。しかし、赤ちゃんへの影響を考えると不安を感じてしまうかもしれません。むし歯の自覚がある方は、もちろん妊娠前に治療することが望ましいですが、自覚症状がない方も、チェックのために歯科検診を受けてみると良いでしょう。

歯の違和感…妊娠前に治療してみては?

歯に黒ずみなどが見え、痛みや違和感を感じる場合にはむし歯の可能性があります。初期のむし歯では、自覚症状がないことが多いのですが、歯に違和感を感じるということはむし歯がある程度進行した状態である可能性があります。

特に、赤ちゃんの体の各器官が作られる妊娠初期では、可能なむし歯治療法が限定されてしまう可能性があります。治療を後延ばしにしている間に、むし歯が悪化する恐れもありますから、やはり妊娠前に検査・治療することがベストです。

「歯周病の方は、そうでない方に比べて早産のリスクが最大7倍にまで高くなる」との報告もあります。むし歯予防だけでなく、歯周病予防も兼ねて、妊娠前から歯科検診を受け、口腔環境を整えておくようにしましょう。

妊娠中のむし歯治療の不安な点

妊娠中のむし歯治療の不安な点には、以下の3つがあります。

・レントゲン 撮影時に浴びるエックス線が、胎児に何らかの影響与えてしまうと不安に感じる方は少なくないかもしれません。ただし歯科治療のために使用されるレントゲンは線量が少なく、赤ちゃんに対して影響はないとされています。そのため、不安に感じすぎる必要はありません。妊娠中の方は、レントゲンを受ける前に、妊娠していることを伝えるようにしてください。

・麻酔 むし歯治療で行われる局所麻酔程度の量では、赤ちゃんにほとんど影響はないとされています。特に器官形成期を過ぎた、妊娠中期(妊娠安定期)以降の局所麻酔使用では、不安になる必要はないでしょう。

・抗生物質などの薬 むし歯治療では、炎症や腫れに対して抗生物質等が処方されるケースがあります。抗生物質のみならず、妊娠中の薬(医薬品)の内服は、胎児に影響を与える可能性があります。

妊娠中は薬を飲まずに済むに越したことはありませんが、妊娠中であることを伝えて処方された薬であれば、基本的に服用しても問題はありません。薬を飲む必要があるときには、きちんと服用してください。

⑤体力づくり

530887731

妊娠〜出産、さらにその後の育児期間は「体力勝負」と言えます。できる範囲で少しずつ体力作りをしておくと、妊娠中の心身の状態や、産後の回復が全く違ってきます。

運動で血行改善

「現代人はとにかく運動不足である」と指摘する専門家は少なくありません。都市部にはバス、電車、タクシーが豊富ですし、自家用車やバイクなどの移動手段を持っている事が当たり前の時代です。仕事がデスクワークで、職場でもほとんど動かないという方も多いことでしょう。

血行が悪く体が冷えた状態だと、子宮内の血流も悪くなり、着床の成功率が低下するとの指摘もあります。運動不足は血行を悪化させますので、ますます冷えを進めてしまうことになるかもしれません。

妊活中の方に特におすすめの運動は「ウォーキング」です。体に負担がかからない程度の良い運動強度であり、有酸素運動ですから心肺機能も強化されます。「仕事の帰りに1駅か2駅分歩く」「休日にご主人と公園を散歩する」といった事は無理なく続けることができ、しかし確実に妊娠に向けた体力づくりとなります。

まとめ

560485271

妊活中にやっておきたいことを5つご紹介しました。知識としては知っていても、案外忘れてしまいがちです。これを機に見直してみてはいかがでしょうか。


関連記事


/

この記事の著者

マイナビウーマン子育て

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

michillの人気ランキング

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録