アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】39歳の妊娠・出産で知りたいこと! 高齢出産?リスクはある?

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

結婚後、なかなか妊娠が実現せずに焦りを感じる女性が多いのは、30代後半だといわれています。事実35歳以降の「高齢出産」という言葉や、晩婚化というニュースに敏感になっている女性もいるのではないでしょうか。歳を重ねると、妊娠や出産に問題はあるのでしょうか。

この記事の監修ドクター

なかむらレディースクリニック中村容子先生 女医プラス所属。当院は、不妊治療・体外受精専門の婦人科クリニックです。患者様それぞれにあった、こころとからだに優しい生殖医療を提供いたします。 http://towako-nakamura.com/

39歳でも自然妊娠は可能?

455117813

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚後はしばらく二人の生活を楽しみたい。今は仕事とプライベートを充実させたい…。と言いながら時を過ごしていたら、気が付けば40歳近くに。これまでの生活を思い返して「今から妊娠できるのかしら」という疑問や不安を募らせる人もいるでしょう。妊娠しづらくなったのかも…と、体のちょっとした変化から兆候を感じているという人もいるかもしれませんね。

では、もうすぐ40歳の今妊娠を望む場合、なにか問題はあるのか、それともたまたま妊娠に至ってないだけなのか、女性の体のメカニズムから探ってみましょう。

33歳を過ぎると妊娠力が低下

20代から30代前半は、妊娠に最も適した時期だといわれています。月経がはじまる10代から20代前半にかけては、まだ生理周期も不安定で、体も女性として十分に成熟していない頃です。ホルモンの分泌バランスとも妊娠、月経は大きくかかわってきます。その周期やサイクルが落ち着き始めて、妊娠に適している身体状態になるのが、20代~30代前半なのです。

また歳を重ねるとその分、妊娠しにくくなると言われます。一番大きな理由は卵子の質の低下、特に遺伝子の異常です。卵の遺伝子に異常が起こりやすくなり、妊娠しにくくなるのです。また、身体にも変化が起こってきます。子宮筋腫や卵巣嚢腫などの子宮や卵巣の病気になっていることもあります。高血圧など内科的疾患も、妊娠中だけでなく、妊娠成立にも影響を与えます。過度のやせや肥満も排卵に影響を与えるため、体重管理も大切です。これらのことにより、妊娠力が低下してきます。その境となる目安の年齢が33歳くらいです。事実33歳を過ぎたあたりから、妊娠率は下降し始めます。

39歳でも自然妊娠は不可能でない

では、実際に39歳という年齢で自然妊娠を望むのは無理なことなのか、と言われれば決してそのようなことはありません。実際に多くの方が自然妊娠されます。ただし、子供を望むのであれば、やはり治療を受けるべき時期です。日本産科婦人科学会によると2012年に体外受精などの生殖補助医療をうけた方の生産率(体外受精などの治療一回あたりにどれだけ新生児が生まれてくるかの割合)は39歳で10.3%40歳で8.1%41歳になると5.8%、42歳では3.6%です。45歳では0.9%になります。

統計的には39歳で、子どもを望む場合であれば、直ちに体外受精をうけても10回に1回しか赤ちゃんは生まれてこないのです。39歳という年齢は、子どもがほしいと考えるご夫婦にとって、体外受精を前提に直ちに医療機関を受診すべき年齢でもあります。

39歳は「高齢出産」になる?

481857082

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

40歳を前に、妊娠・出産するのは当然ながら身体的負担がかかります。ただ、高齢だからという理由で、慎重にならなければいけないというわけではありません。

39歳の「初産」は高齢出産

日本産科婦人科学会では高齢出産の定義はないのですが、「35歳以上の初産婦」を高齢初産としています。近年の晩婚化や初産年齢の上昇といった世の中の事情が年齢の基準に反映され、1991年ごろに「30歳以上」であったものが「35歳以上」に変更されました。35歳というのは一つの指標でしょう。

高齢妊娠・出産のリスクとは

590173553

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

年齢が39歳(40歳目前)となれば、体が思うように動かない、代謝が落ちた…という風に、若い時と比べて身体能力・機能が低下したと感じることが増えてくる時期です。個人差はあるでしょうが、前述の統計上、妊娠力は自分で感じる以上に低下している可能性があります。

高齢で妊娠した場合、また出産をするときに考えておかねばならないリスクにはどんなものがあるでしょう。

流産のリスクが高くなる

自然妊娠に最も適しているといわれている20代の女性でも、流産するリスクはあります。しかし実際に流産率のデータを見ると、20歳代女性の流産率が10%程度であるのと比較して、40歳代の女性はその倍近くに跳ね上がります。流産リスクは、妊娠に至らない妊娠力の低下と同じ理由が考えられます。流産原因の80%は卵の遺伝子異常であるという報告があります。卵細胞は妊娠5ヶ月ごろに(つまり、まだ母親のお腹の中にいるとき)に約700万個と最も多くなり、その後は新しく作られることなく、減少していきます。その間に、遺伝子の異常が発生しやすい状態になってくるのです。

ダウン症の発症率が高くなる

遺伝子の異常によっておこる先天性のダウン症を持つ胎児を妊娠する確率が、高齢出産で高まるという統計があります。20代女性の妊娠でもダウン症の発生する確率はありますが、その発生率は0.1%以下。これが35歳以上の女性による妊娠の際には3人に0.3%ほどになり、40代の女性に至っては1%ほどの発生率に上昇しています。

つまり、妊娠力の低下、流産率の上昇、ダウン症の増加、の原因の大部分は卵子の老化にあると考えられています。

妊娠中、分娩中のリスクが高くなる

35歳以上の初産の場合、妊娠中、分娩時のリスクが高くなります。とりわけ40歳以上の妊娠でリスクが高くなるのは、おそらくすべての産婦人科医の共通認識だと思います。妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病の発症率が増加します。帝王切開率、陣痛促進剤を使用しないといけない割合なども増加します。

厚生労働省科学研究班が作成した妊婦リスクスコアでは4点以上がハイリスク群となりますが、年齢の項目があり、40歳以上だけで5点となり、ハイリスク群に分類され、周産期センターなどの高次医療機関での分娩が推奨されています。ハイリスク群の帝王切開率、分娩時出血量、早産率などは低リスク群に比べて、7から10倍になっています。(日本産科婦人科学会誌「ハイリスク妊婦の評価と周産期医療システム」より引用)

体外受精などの助成システムについて

体外受精を行う際、補助を得られる制度がありますが、2016年度より基本的に、妻の年齢が43歳以上である場合は助成の対象ではありません。また、年収による制限、回数制限もあり、治療開始時の妻の年齢が40歳未満の時と比べて、40歳以上43歳未満の場合は助成回数が半減します。助成制度は、自治体や年度により違いがあります。必ずご確認ください。

高齢妊娠・出産は怖いことばかりでない

489213498

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

身体的なリスクを考えると、高齢出産は怖いと感じる人もいるかもしれません。しかし、すべての人がそうなるわけではありません。身体機能の低下や老化が原因でリスクが伴うため、健康な体・若々しい体の維持を目指しましょう。やせすぎや太りすぎに注意しましょう。体の中から健康的な状態に近づけていくことで、妊娠や出産時に起こるリスクを減らすことになります。

現代の高齢出産は安全になってきている

周産期医療の向上で、高齢でも多くの方が安全なお産ができるようになってきています。医学的なリスクは増えますが、年齢が若くても、リスクが高い場合も多く、年齢は一つの要因でしかありません。40歳を目前にした年齢の夫婦は、ある程度金銭的な余裕もあり、心のゆとりが生まれます。できるだけ妊娠時の合併症を起こさないようにするため、身体を調整しましょう。

まとめ

一般的に39歳といえば、すでに卵の老化がすすんできています。自然に妊娠する方もおられますが、妊娠されない方も多いのも事実です。体外受精を何回かやっても、結局妊娠に至らない場合もあります。妊娠中が心配という方もおられると思いますし、たしかに高齢での妊娠にはリスクがつきまといますが、多くの方が安全に分娩されます。

39歳で妊娠を希望するのであれば、いつまでも自然妊娠を待つのではなく、一度妊娠のための医療機関を受診することが望ましいと考えます。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月9日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録