アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

親子で一緒に確認しよう!子どもの歯の磨き方

/

親子で一緒に確認しよう!子どもの歯の磨き方

子どもの歯磨きってこれであってるのかな? このやり方のままでいいのかな? と不安になることはありませんか? そんな歯磨きの悩みを解決すべく、戸塚雅美先生に正しい歯磨きの方法を教えていただきました!

自分で磨くとき

事前に磨く場所を教えてあげよう!

子どもは利き手側の歯を磨きすぎてしまうことがあります。力を入れて磨きすぎてしまうと、歯ぐきを傷める原因にも。
磨く歯の偏りを避けるためにも、前もって磨く場所を教えてあげましょう!

歯をブロック分けして、磨く部分をわかりやすく

歯の写真やイラスト、または鏡で自分の歯を見せながら、わかりやすく歯をブロック分けして説明します。
「上の歯、下の歯、上の前歯、下の前歯」と声かけをしながら磨いていくと、今どこを磨いているのかがわかりやすくなります。

仕上げ磨きの場合

上の歯から磨こう!

下の歯から磨くと唾液が口の中にたまりやすくなって、口を開けているのが苦しくなってしまいます。唾液で歯が見えにくくなるので、汚れを見落とす可能性も。
上の歯から磨き始めて、子どもにかかる負担を減らしつつ汚れや異変を見逃さないようにしましょう!

歯の裏側から磨く!

子どもは歯磨きに飽きてくると口を閉じてしまいます。
表面は唇をめくれば磨けますが、歯の裏は磨きにくくなってしまうので、先に歯の裏側から磨くようにしましょう♪

奥歯に歯ブラシが入りにくいときは…

ほっぺが硬い子は大きく口を開けると口の奥が狭まり、奥歯に歯ブラシが入りにくくなってしまいます。
そのときは、「ほっぺの力をちょっと弱くしてみようか」「ちょっとだけ閉じてみようか」など声をかけて磨きやすくしましょう♪

子どもの乳歯は薄く柔らかいので傷つきやすく、虫歯にもなりやすい歯です。虫歯にならないように親子で歯磨きの仕方を確認しながら、毎日の歯磨きをがんばっていきましょう!

監修 : 歯科衛生士 戸塚雅美先生
モデル : HANA
ライター:あだちあやか

▼あなたにおすすめの記事



この記事の著者

ママタス

ありがとうを贈るとライターさんの励みになります

トップへ戻る

人気ランキング

新着

カテゴリ

公式アカウント

ログイン・無料会員登録