マスクの困ったを解決!メガネが曇りにくくなる裏ワザ3選

更新日:2018年9月8日 / 公開日:2018年9月8日

マスクの困ったを解決!メガネが曇りにくくなる裏ワザ3選

涼しい場所から暖かい場所に行くと、メガネが曇って見えにくくなってしまいますよね。待ってもすぐには取れないし、いちいち拭くのも面倒! そこでおすすめするのが、マスクに一工夫するだけでメガネを曇りにくくする裏ワザなんです♪

①マスクを折る

1. ワイヤー部分を折るだけ

マスクのワイヤー部分を内側に1回折ります。

2. 普段通りにつける

あとは普段通りに鼻の形にワイヤーを合わせてつけるだけ!

②ティッシュを4回折って入れる

1. ティッシュを4つ折りにする

ティッシュを縦と横に2回折って、4つ折りにします。

2. 横長に2回折る

小さな正方形になったら、横長になるように2回折りたたみます。

3. ティッシュをワイヤー部分に入れる

折ったティッシュをワイヤー部分に入れます。あとは普段通りにつけるだけ!

③綿棒をつける

1. 綿棒の両端を切る

綿棒の両端を、綿と棒の境目で切り落とします。

2. 接着材で綿棒の先2本を鼻が当たる部分につける

<手順1>で切った綿棒の両端を、マスクの鼻が当たる位置に接着剤で貼り付けます。
メガネの鼻当てのようなイメージです。

どれも一工夫するだけで、驚くほどにメガネが曇らなくなります◎
インフルエンザや風邪の予防に、花粉症やすっぴん隠しにも、使う機会の多いマスクだからこそ負担なくつけたいですよね。
とっても簡単にできるのでぜひ試してみてくださいね!

ライター:あだちあやか

▼あなたにおすすめの記事



この記事の著者

ログイン・無料会員登録