読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠検査薬の反応は何日後から? タイミングと方法、注意点

このコラムにありがとう

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

「妊娠かも!?」と思ったら、産婦人科を受診する前に妊娠検査薬で検査する人も多いのではないでしょうか?ドラッグストアなどでも購入でき、判定の精度も高い妊娠検査薬ですが、使い方次第では正しい結果が出なかった……なんてことも。今回は妊娠検査薬の仕組みや着床出血があったときの使い方などをご紹介します。

この記事の監修ドクター

六本木レディースクリニック山中 智哉先生 不妊治療専門クリニックとしてどうあるべきかを常に考え、私たちだからこそできる心のこもった診療ができるよう心がけています。 http://www.sbc-ladies.com/

これって着床出血?妊娠検査薬のタイミングは?

619067644

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期に「着床出血」を経験する人もいます。すぐに妊娠検査薬で妊娠しているかどうか確かめたいと思うかもしれませんが、着床出血があってからすぐに妊娠検査薬は使えるのでしょうか?妊娠検査薬の仕組みとともに解説します。

着床出血とは?

着床出血は、医学的には「月経様出血」と言い、妊娠初期の症状のひとつと言われているものです。しかし、妊娠したすべての人にみられるものではなく、ない人の方が圧倒的に多いとされています。

着床出血の出血はなぜおこるのでしょうか?これは受精卵が子宮に着床する際、「胚盤胞」が子宮内膜を溶かすためと言われています。子宮内膜を溶かし、中にある血管を壊したときに出血がおき、着床出血になると考えられています。

出血がある時期は、生理予定日の数日前から生理予定日頃。生理予定日に近いため、「少し早めに生理が始まったのかも」と、生理と勘違いする人も珍しくありません。出血量や出血する期間も、「おりものに血が混じったくらい」「ふつうの生理と変わらないくらいの出血だった」など人それぞれのようです。

着床出血後すぐに妊娠検査薬は使える?

妊娠を望んでいるのなら、着床出血らしき出血があったら、すぐに確かめたくなってしまうものですよね。しかし、ここで慌てて検査しても、正しい結果が出るとは限りません。

妊娠検査薬は、妊娠したら分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンに反応する仕組みとなっています。hCGは受精卵が子宮内膜に着床してから分泌量が増えるのですが、着床したばかりの時期ではまだ妊娠検査薬で反応が出るほど分泌されていないのです。

着床出血が多く見られるのは、生理予定日前か生理予定日あたり。そのため、着床出血がみられてすぐに検査しても、hCGの分泌も少なく、陰性になる可能性が高いでしょう。尿中にhCGがしっかりと排出される時期まで待ち、検査をしたほうが確実です。

妊娠検査薬の正しい使い方と注意点

514155894

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「もしかしたら妊娠かも…!?」そんな時に妊娠の有無を確認できる妊娠検査薬。最近の検査薬は精度が高くなっていますが、注意事項を守り、正しい使い方をしなければ正確な判定結果が出ないこともあります。ここでは、妊娠検査薬の正しい使い方や注意点を解説します。

妊娠検査薬の使用時期

市販されている妊娠検査薬は、hCGホルモンが尿に出るようになる生理予定日の約1週間後から検査可能となっているものが多くなっています。そのため、尿中に排出されるhCGホルモンが判定可能な量に達していない時期に検査したとしたら、たとえ妊娠していた場合でも、陰性反応が出ることがあります。

生理周期と前回の生理開始日がわかる場合は、前回の生理開始日+生理周期+1週間後が妊娠検査薬が使用できる日の目安となります。前回の生理開始日や生理周期が分からない場合には、性交渉があった日から3週間後が目安です。

妊娠検査薬の使い方(検査方法)

市販されている妊娠検査薬は、hCGホルモンが尿に出るようになる生理予定日の約1週間後から検査可能となっているものが多くなっています。そのため、尿中に排出されるhCGホルモンが判定可能な量に達していない時期に検査したとしたら、たとえ妊娠していた場合でも、陰性反応が出ることがあります。

生理周期と前回の生理開始日がわかる場合は、前回の生理開始日+生理周期+1週間後が妊娠検査薬を使用できる日の目安となります。前回の生理開始日や生理周期が分からない場合には、性交渉があった日から3週間後が目安です。

また、普段月経周期が一定で、排卵の時期にもずれがない方でも、妊娠した周期にたまたま排卵が1週間遅れていたということもあります。したがいまして、妊娠反応が陰性の場合でも、次の月経が予定よりも1週間ほど遅れた場合は、その時点で再検査を行なった方がよいです。

判定の正しい見方とやり直しが必要なケース

尿を採取部分にかけ、数分待つと、判定窓にラインやマークが現れ「陰性(妊娠反応なし)」「陽性(妊娠反応あり)」がわかります。ラインやマークが薄い場合でも、判定窓に出ている場合は陽性と判定します。「うっすら出ている気がするがわかりづらい」など、はっきりと確定できない場合は、3日後にもう一度検査をしてみましょう。妊娠している可能性がある場合、ラインやマークの色が濃くなります。

陰性の場合は、判定窓にラインやマークが全く出なかったり、−(マイナス)の表示が出ます。ただし、尿の中に充分なhCGが出ていないため、陰性となっている可能性も。妊娠に心当たりがあり、検査後も生理が始まらない場合、数日待って再検査をするか、産婦人科を受診しましょう。

また、判定窓・終了窓ともにラインやマークが現れない場合は、検査が失敗した可能性があります。10分以上様子を見ても、両方の窓に出ないときは、検査が失敗したとみなし、もう一度検査をしてみましょう。

失敗の原因としては、「尿を吸収体のごく先端だけにかけた」「尿の量が極端に足りなかった」「尿をかけすぎた」などが挙げられます。また、尿をかけたあと、水平に置かずにスティックを振ったり、手に持って逆さにした場合もうまく反応しないこともあります。

また、検査薬の使用期限もしっかりとチェックしておきましょう。使用期限が過ぎている古い検査薬の場合、検査が正しくできないこともあります。使用期限前のものでも、直射日光や熱源に当てて保管していた場合は、うまく反応できないことがあるため、保管にも注意が必要です。

陽性反応=正常妊娠ではない

628505174

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠を心待ちにしている場合、妊娠検査薬で陽性反応が出たら、飛び上がらんばかりに喜んでしまうかもしれません。でも、妊娠検査薬で判定できるのは、「妊娠しているか・していないか」だけ。陽性反応は、「正常な妊娠」ではない場合にも出ます。ここでは、注意が必要な妊娠について説明します。

子宮外妊娠の可能性

子宮外妊娠とは、本来であれば子宮に着床するはずの受精卵が、何らかの原因で卵巣や卵管、周辺の筋肉などに着床してしまうことをいいます。正常妊娠と同じようにホルモンが分泌され始めるため、妊娠検査薬を使うと陽性反応となります。

医学用語としては異所性妊娠といいます。全妊娠の0.9%~1%そのほとんどが卵管妊娠です。まれに子宮のごく端の方に妊娠することもあります。間質部妊娠や頚管妊娠といいます。非常に危険です。

子宮外妊娠の怖いところは、そのまま放置すると、受精卵が着床した組織が破裂し、大出血につながる恐れがあること。そのまま妊娠を継続することは不可能で、一刻も早い受診が必要となります。

胞状奇胎の可能性

胞状奇胎(ほうじょうきたい)は異常妊娠のひとつ。受精卵から胎盤のもとになる絨毛組織(じゅうもうそしき)が正常に発育せず、粒状になって増殖してしまいます。この場合、胎児は育つことができないため、掻爬(そうは)して病巣を取り除きます。発見が遅れると、大出血を起こしたり、後遺症が残ることもあります。

流産の可能性

何らかの原因で、妊娠が継続できなくなった状態を流産と言います。妊娠検査薬で検査した段階で、すでに流産していたとしても、子宮の中に胎盤などが残っていた場合は、陽性反応が出る場合があります。

生化学的妊娠(化学的流産)の可能性

妊娠反応が陽性となった後、超音波で子宮内に赤ちゃんの入る袋が確認される前に流産してしまうことを生化学的妊娠(化学的流産)といいます。一般的なカップルや夫婦でも、気付かないうちに30〜40%という高い割合で起こっているとされており、決して珍しいものではありません。

妊娠検査薬の精度が上昇したことによって、以前には気付かれなかったほどの、わずかな着床の兆候も判定できるようになったことで、この概念が生まれました。

そのほかにも、性腺刺激ホルモン剤の投与を受けている場合や、極度の糖尿病などの場合でも陽性反応が出ることもあります。妊娠初期はとても大切な時期。異常妊娠は放置すると出血や後遺症のリスクもあるため、陽性反応が確認できたら、すぐに産婦人科を受診しましょう。

陰性なのに妊娠しているケースも

628709882

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

前項とは反対に、陰性反応が出たのに、実は妊娠していた、というケースもあります。現在の妊娠検査薬は精度が高いとはいえ、さまざまな原因によって陰性か陽性かが逆になってしまうことがあるのです。たとえば、下記のような場合が挙げられます。

・生理予定日の日数計算の間違い

・生理の周期が不規則

・タイミングを間違えての検査(生理予定日の1週間より前など)

・異常妊娠(子宮外妊娠など)をしている

・胎児異常(胎内死亡、稽留流産など)の場合

・大量のhCGが分泌される胞状奇胎の場合

たとえ陰性反応であったとしても、生理が始まらない場合、妊娠している可能性もあります。数日の間を空けて再検査するか、産婦人科を受診しましょう。

妊娠かも?と思ったらしておきたいこと

509484498

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠初期の母体は、赤ちゃんを育てるための細胞分裂が盛んに行われています。妊娠検査薬で陽性反応が出たら、母体・おなかの赤ちゃんのためにも、生活リズムを整えたり、必要な栄養素を摂ることを心がけましょう。

禁酒・禁煙、薬の使用をやめる

まず、やめておきたいのはアルコールの摂取や薬の服用、喫煙です。

妊娠中にアルコールを摂取すると、赤ちゃんの低体重や顔面の奇形・脳障害などを引き起こす「胎児性アルコール症候群」を引き起こす可能性があると言われています。アルコールは人によって影響が異なり、「絶対に大丈夫」という安全値はないため、禁酒を徹底したほうがいいでしょう。

喫煙もお腹の赤ちゃんに大きな影響を及ぼします。タバコを吸うと胎児への血流が悪くなるだけでなく、一酸化炭素によって血液中の酸素が不足してしまうのです。そのため、早産や死産、低体重出生児、早期破水、前置胎盤のリスクも高まります。流産や先天異常(口唇・口蓋裂や心臓の先天異常など)との関連も報告されています。

また、薬の服用にも注意を払いましょう。頭痛薬、風邪薬、湿布薬や塗り薬など、妊娠前は普通に使っていた薬の中にも、妊娠中に服用や塗布をすると、赤ちゃんにさまざまな障害を引き起こす可能性がある薬もあります。「ほんの少しの量だから大丈夫」と自己判断で使うことは絶対に避け、まずは医師に相談しましょう。

葉酸を積極的に摂る

妊娠中に積極的に摂取しておきたい栄養素のひとつに「葉酸」があります。葉酸は、赤ちゃんの脳や脊髄、内臓を作るのに大切な栄養素なため、妊娠中の母体は通常の約2倍近くの葉酸が消費されると言われています。

特に葉酸の摂取が大切なのは、妊娠初期です。妊娠0週目〜7週目にかけての「細胞分裂期」は、母体のDNAから分裂・増殖した細胞が赤ちゃんの脳や脊髄、内臓などを作る時期。細胞分裂や増殖に、葉酸が重要な働きをしているため、不足しないように葉酸を摂取することを心がけましょう。

葉酸を多く含む食べ物は、「鶏レバー」「枝豆」「パセリ」「焼きのり」「モロヘイヤ」「ブロッコリー」「芽キャベツ」「ほうれん草」「菜の花」「水菜」「アスパラガス」「いちご」「納豆」など。食事で十分摂取するのが難しい場合は、サプリメントを利用するのもいいかもしれません。

妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸サプリメントを毎日400μg服用すると、胎児の「二分脊椎」や「無脳症」などの神経管閉鎖障害発症リスクを7割〜8割低減できると言われています。妊娠前から充分な葉酸を摂取することが勧められます。

まとめ

妊娠検査薬を正しく使い、陽性反応が出たら、できるだけ早く産婦人科を受診しましょう。赤ちゃんにも母体にも大切な妊娠初期に、医師のサポートがあれば非常に心強いはずです。もしも異常妊娠であった場合、早く適切な処置を行うことで、出血や後遺症のリスクを低くすることができます。

また、検査薬で陰性であったとしても、生理が来ない場合、妊娠している可能性もあります。陰性であったからと放置することはせず、早めに診察を受けましょう。市販の妊娠検査薬は精度が高いものですが、最終的に「妊娠」と診断するのは医師であるということを忘れずに!


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

友だち追加 新着記事をお知らせします!

更新日:2017年5月15日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録