読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠中のおりものの特徴と流産、病気のサイン

このコラムにありがとう

目次

妊娠すると、さまざまな体の変化に敏感になるでしょう。なかでも、おりものの変化は目につきやすく、気になる人も多いのではないでしょうか。今回は妊娠中のおりものの特徴や、おりものに表れる流産や病気のサインについてまとめてみました。

この記事の監修ドクター 藤東クリニック藤東淳也先生 女性のトータルライフをお任せいただけるような診療を目指し、 女性のライフサイクルを応援します。 https://fujito.clinic

妊娠中のおりものの特徴

691146661

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まずはおりものの正常な状態・特徴を知り、妊娠するとどう変化するのか、どんな変化には注意が必要なのかを確認しましょう。

妊娠中はおりものが増える傾向に

おりものの量や状態は、女性ホルモンと深いかかわりがあります。女性ホルモンの一つである卵胞ホルモンは、排卵期に向けてだんだん多く分泌され、これに比例しておりものの量も増えていきます。そして排卵期には、最も量が多くなります。妊娠すると、この卵胞ホルモンの分泌が継続して多いため、おりものの量も多い状態が続くことになります。

このように排卵期前後や妊娠中におりものが増えるのには理由があります。おりものは、妊娠をサポートする働きがあるのです。まず排卵期、子宮の出口から出るおりものは、精子がスムーズに子宮内に到達するのを助ける働きをしています。そして受精し受精卵が子宮に着床した後は、細菌が腟を通じてからだに入ってくるのを防いでいるのです。おりものが、赤ちゃんを細菌から守ってくれています。

妊娠中のおりものは、特に変化はありません。ホルモンバランスの変化に応じて量が増えているだけで、基本的には量以外の変化は特にないと考えてよいでしょう。また、量の増加も、極端なものではありません。

正常なおりものの状態・特徴

おりものとは、子宮・腟・汗腺からの分泌物が混じりあった液体のこと言います。正常なおりものは透明か白っぽい色の粘性のある液体で、少し酸っぱいにおいがします。

おりものの酸っぱいにおいは、おりものが酸性であることを示しています。おりもので腟内を酸性に保ち、細菌の侵入を防ぐ働きをしており、腟内をきれいに保つ自浄作用を担っていると言えるでしょう。

おりものの量や状態は、女性ホルモンの影響を受けて、一定の周期で変化を繰り返しています。生理と同じように周期があり、おりものの量や状態が変化しているのです。影響を与えている女性ホルモンは、卵巣が分泌する卵胞ホルモン・黄体ホルモンの2種類。おりものの量は卵胞ホルモンの分泌にほぼ比例し、おりものの状態は両方のホルモンと関わっていることがわかっています。

では、生理の周期に沿っておりものの変化をみておきましょう。生理の時は、卵胞ホルモンが最も少ない時期です。そのため生理直後はおりものの量がもっとも少なく、状態はさらっとしています。茶色っぽいのは、残った経血とおりものが混じるために起こります。

排卵期に向けて、卵胞ホルモンの分泌がだんだん多くなり、これに比例しておりものの量も増えていきます。そして排卵期には、もっとも量が多くなります。透明でとろみのある水のような状態で、においは強くありません。

排卵が終わって妊娠がない場合には、今度は黄体ホルモンが優勢になります。おりものの量は急激に減少。白く濁りドロっとした粘りのある状態になります。そして再び生理前にやや量が増えてきて、ニオイも強くなり始めます。状態は白濁したドロっとした状態のままです。生理の数日前からは、少量の血液が混じることもあります。

妊娠初期には茶色のおりものが見られることも

妊娠初期、受精卵が子宮に着床したときに出血することがあります。これを「着床出血」と言います。この出血がおりものに混じって出てくると、茶色いおりものとなります。着床出血は、着床の過程で起きる生理的な出血なので、通常心配はいりません。したがって、着床出血による茶色のおりものも、生理的なものと思ってよいのです。

着床出血は、受精卵が子宮内膜にもぐり込んで根付く際に、子宮内膜を少し傷つけるために起きます。排卵日の約1週間後から数日間起きることが多いようです。出血の量は微量です。おりものとして出てくる色は、微量な血液が酸化して、赤に近い茶色から茶褐色のようになります。

着床出血の時期が生理と間違えやすいため、妊娠が確定してから、振り返って着床出血だったことがわかることも多いものです。なお、着床出血は全くない人もあります。出血がなくても、妊娠に異常があるわけではありません。

着床出血には個人差があり、心配いらないことがほとんどですが、血液が混じった茶色いおりものは、子宮外妊娠(異所性妊娠)にも当てはまる症状ですので、念のため受診をしておくとよいでしょう。また、長く続く場合、下腹部痛がある場合には、早目の受診を。濃い茶色、鮮血の場合も同様です。

こんなおりものが出たらすみやかに受診を!

507237563

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おりものが茶色ではなく、鮮血が混じったような鮮やかなピンク色だったり、おりものにそのまま血が混じっていたりするような場合には、すみやかに受診しましょう。血が酸化していないわけですから、何かの異常で出血していることが考えられます。大量出血の場合には、流産の可能性もあります。

また、妊娠中のおりものは、お腹に痛みがあるかどうかを合わせて観察することが大切です。例えば妊娠初期、着床出血による茶色いおりものは、本来お腹の痛みや張りを伴うものではありません。ですから、もし茶色いおりものが出ていて下腹部痛もあるとしたら、着床出血ではなく別のトラブルの可能性が考える必要があるのです。

婦人科感染症5つ・腟炎別に見るおりものの特徴

503342387

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

腟が炎症を起こした状態を、腟炎と呼びます。腟の組織が赤くなり、かゆみやヒリヒリとした痛みを感じることが多いです。おりものが増え、悪臭がする場合もあります。

腟炎の原因として最も多いのは、性行為によって細菌や真菌に感染するケースです。妊娠中に感染すると、早産や流産につながることもあるので十分に用心してください。性感染症を予防するためには、妊娠中であってもコンドームをつけることをおすすめします。

過労やストレスも、腟炎の原因になることが知られています。腟は外からの刺激を受けやすい器官ですが、通常はおりものの働きで酸性に保たれ、細菌や真菌などの侵入や増殖を防いでいます。しかし、過労やストレスなどでからだの免疫力が低下すると、こうした腟の自浄作用も低下してしまいます。その結果、炎症が起きやすくなるのです。妊娠すると疲れやすくなるので、気をつけましょう。

カンジタ腟炎

真菌(カビ)による腟炎です。真菌はふだんから体内にあるものですが、疲労やストレス、病気、妊娠などが原因となって、腟炎をひき起こすことがあります。おりものは、白っぽく、においは強くありません。カッテージチーズのようにポロポロした状態になることが多く、量が増えます。外陰部に非常に強いかゆみがあり、灼熱感、刺激感を伴うことも。腟の洗浄や軟膏を使うことで、比較的早く改善しますが、再発も起こりやすいのでしっかり治療しましょう。

トリコモナス腟炎

トリコモナス原虫の寄生によって起こる感染症です。性行為によって感染しますが、水に強く長時間感染性があるため、トイレの便座や濡れたタオル、浴槽などで感染することもあります。

おりものは、細かい泡状で、悪臭があります。緑がかった黄色で、量は多くなります。外陰部や腟のかゆみなどの症状もみられます。放置して炎症が卵管にまで及ぶと、妊娠中には早産や流産の原因となることもあるので、パートナーと一緒に治療を受けることが大切です。飲み薬の服用で治療できます。

細菌性腟症

膣の中は、ふだん酸性に保たれていますが、抵抗力の低下などの原因で崩れると、自浄作用が弱まってしまいます。カビや雑菌が増殖しやすい環境となり、発症するのが細菌性腟症です。

水っぽいさらりとしたおりもので、黄色や淡い灰色、魚が腐ったような強いにおいが特徴です。量は多く、外陰部のかゆみが強く刺激感を伴うことも。妊娠中に発症すると、早産の可能性が高くなることもあるので、注意が必要です。

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマチスという微生物に感染して起こる病気です。性行為で感染することが多く、感染した女性の約80%は自覚症状がないため、知らないうちにパートナーにうつしてしまう危険があります。世界的に患者数の多い病気です。

おりものに変化がないことが多いのですが、症状が出始めると、水っぽいおりものが増えたり、軽い下腹部痛や排尿時の痛みが起きたりするようになります。感染を放置していると炎症が広がり、腹痛、発熱などが起こります。

妊娠している場合には、流産や早産の原因になることもあります。さらに分娩時には、赤ちゃんに感染する危険も。抗生物質の飲み薬の服用で治療が可能ですが、パートナーと一緒に治療することが鉄則です。

淋菌感染症(淋病)

淋菌という細菌による感染症で、主に性行為で感染します。女性は感染しても自覚症状がないことが多いため、知らぬ間に感染が広がりやすい病気です。症状がないことも多いのですが、悪臭のある黄色い膿のようなおりものが増えたり、外陰部にかゆみが出たりすることがあります。分娩時に赤ちゃんに産道感染し、新生児結膜炎を引き起こす危険もあります。他の性感染症同様に、パートナーと一緒に根治することが重要です。

まとめ

590258500

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

おりものは、女性の健康のバロメーター。いつもと違うおりものは、膣や子宮で異変が起こっていることもあります。何か心配なことがあれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月15日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録