アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】1歳半の「心身の変化・食事・遊び・しつけ」

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

今回は、1歳半(1歳6ヶ月)にスポットライトを当て、この時期に起こる心身の変化ほか、必要なこと・注意点をお伝えします。かわいい我が子の成長を優しく見守りましょう。

この記事の監修ドクター

表参道首藤クリニック首藤紳介先生 小児科医。自身の経験から、薬だけに頼らず自己治癒力を高める医療を目指す。2013年より表参道首藤クリニックを開業。 http://shuto-clinic.net/

1歳半ってどんな時期?

520320179

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自己主張が出てきます

「うちの子、最近いうこと聞かなくなってきたな」…そんなふうに感じるママもいる事でしょう。これは、とても大切な発達の1つである「自己主張」が出てきたことを意味します。いやなことなら、大泣きしてその場を動かなくなることもありますが、それは「こうしたい」「これが好き」という気持ちが、かなりはっきりしてきた「成長の証」といえるでしょう。

感情表現も豊かに

自己主張がはっきりしてくると、感情の表現もより豊かになります。しかし言葉の語彙がまだ少ないため、文字通り全身を使って感情を表現するのです。早ければ、やきもちを焼いたり、すねたりと言った様子を見せる場合もあります。

1歳半で起きる変化

547405965

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

身長・体重の目安は?

■男の子の身長・体重

身長:75.6cm〜85.9cm 体重:8.70kg〜12.47kg ■女の子の身長・体重

身長:73.9cm〜84.2cm 体重:8.05kg〜11.77kg 新生児の体重は3,000g前後であることが多いですが、あれから1年半経ち、体重も10kg前後に増えました。 あっという間に3倍近くにもなったのですから驚きですね!

(*参考「乳幼児身体発育調査:調査の結果」厚生労働省(平成22年の結果の概要を使用) http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/73-22b.html#gaiyou)

1歳半健診を忘れずに!

乳幼児は頻繁に健診(乳幼児健康診査)を受けさせる必要があります。1歳までは任意の健診もかなり多く、2ヶ月に1度程度受けさせるママも多いです。さて、5歳までの定期健診(公的健診)の機会は3回ありますが、その大切な1回が「1歳半」となります。(あとは生後3~4か月と、3歳)

すでに、1歳半のお子さんの身長・体重の目安をお伝えしましたが、健診では身長・体重はもちろん、言葉や認知能力の発達、視聴覚器・歯のチェックまでおこなっている場合があります。早ければ、1歳半健診でも「自閉症」が発覚するケース(あるいは疑いがあると告げられるケース)がありますから、重要な健診です。飽きずにずっと1人でいる、特定の行動の繰り返し、など、違和感がある場合は担当医師に相談してみましょう。

定期健診は無料で受けられますし、お子さんの成長を把握する大切なタイミングです。1歳半健診は、ぜひ忘れずに受けましょう。

言葉

我が子が1つずつ言葉を覚えていく様子は、パパ・ママの大きな喜びと言えるでしょう。ただし1歳半の段階でも、どのくらいの言葉を話せるかにはかなり個人差があります。すでに10語もしゃべれる子も出てきますが、他の子と比べて落ち込んだりする必要はありません。パパ、ママ、じいじ、ばあば、マンマ、ブーブー、ワンワン…など、何かしらの語彙が1つでもしゃべれれば心配ありません。同時に、話しかけると笑い返したり、興味のあるものを指さしたり、言ったことを理解しているようならば、順調な発達が期待できます。

言葉は無理なく、子供に自然に興味を持ってもらう形で覚えさせるのがベストです。自分を指さして「ママよ」、旦那さんを指さして「パパよ」などと話しかけ、真似させてみましょう。言葉を覚えさせると言うよりは、遊んであげる感覚で大丈夫です。できたら思いっきり褒めてあげてください。普段から、言葉ほか身体的なコミュニケーションをよく取るように心がけると良いでしょう。

自閉症の疑いがあるサインは?

1歳半健診のご説明でも触れましたが、この健診で「自閉症」(の疑い)が発覚するケースがあります。中でも典型的な自閉症の大きなサインと考えられているのが「指さしの有無」です。1歳半の子供は語彙が豊富ではない分「あれ、面白い」「あっち見て」「あそこに○○があるよ」などといった表現で「指さし」をおこなうようになります。それが全く見られない場合には、健診の際に医師へ伝えましょう。

1歳半の食事

627264430

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

離乳食から「幼児食」へ

幼児食という名前は付いていますが、成人が口にするものとほとんど変わりなく食べることができるようになります。とはいえまだ乳幼児ですから、大人と全く同じものを食べると言うわけにはいきません。

まず、濃い味に慣れてしまうと将来大変なので、薄味を心がけます。それから、消化器官に余計な負担をかけたくはありませんから、消化の良い食材・調理法を考えてあげましょう。子供の分だけ別に作るのが大変と言うママは、家族みんなで食べられる薄味の料理を作れば良いのです。パパ・ママが口にする時は、調味料で味つけすればラクですね。なお、この頃になると好き嫌いが出てきますので、好きな料理に混ぜたり、お菓子にアレンジしたり、可愛い形にカットしたりなど、子供がだんだん食べてくれるように考えてみるのも良いかと思います。

どのくらい食べさせるといいの?

お子さんの体格によっても異なりますが、1日1,100kcalくらいのエネルギー摂取を意識すると良いでしょう。ポイントは「量よりも、栄養バランス」と言えるでしょう。なお、この時期の子供の胃袋は、成人女性の20%ほどしかありませんので、1度に食べる量が少なくても無理をさせない方が良いでしょう。早く大きくなってほしいと、食事を残すことを良しとしないパパ・ママもいますが、子供がその都度食べられる量を口にしているだけでも、ちゃんと立派に大きくなるので心配無用です。

そんな子供のカロリー摂取においては「おやつ」の役目が大変大切となります。遺伝子や腸内細菌のバランスを考えると、日本人の腸には、まずは日本の食材が最も良いです。食事で足りなかったカロリーや栄養素は、おにぎりやお芋など、和食中心で補うことをお勧めします。また、おやつは新しい食べ物に興味を持ってもらうチャンスでもありますから、子供が毎回のおやつを楽しみにするように、工夫してみてください。

1歳半の遊び

175230940

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「ごっこ遊び」で、成長の次の段階へ

小さな子供は何でもすぐに真似をしたがります。実はこの特性こそが言葉を覚えたり、新しい何かに興味を持つ上でも不可欠と言えます。しかし、1歳半になると「まね」が1段上に行き「そのものになりきる」ようになります。これが「ごっこ遊び」の始まりです。お人形遊びやおままごとは、身近なママになりきっているのでしょう。男の子の場合は、電車の車掌さんになったり、テレビのヒーローになったりします。これは社会性の発達、あるいは感情のコントロールといった面からも大きな意味を持つ変化です。

どんなおもちゃが良い?

■お外で遊ぶ場合 1歳半のお子さんにとって、お外はテーマパークに匹敵するほどの遊び場です。鳥、虫、猫に興味津々でしょうし、公園の草むらに行けば喜んで走りまわるでしょう。三輪車はまだ早いですが、ゴムボールはちょうどいいおもちゃでしょう。ボールは「物を投げる」という新しい面白さに目覚めるきっかけとなります。なお、車や自転車の危険がまだわからない年頃なので、ママが注意して見てあげましょう。

■お家で遊ぶ場合 お家で遊ばせる場合は、テレビだけでなく、創造的な遊びが脳や感性の発達を促します。お絵かき、あるいはねんどなどは最適でしょう。またブロックの中にも1歳半から対象の製品が出ているようなので、ブロックデビューしても良いかと思います。なお、お絵かきにはマジックやペンなどではなく、乳幼児が口に入れても大丈夫な「クレヨン」「ねんど」がおすすめです。これらは食品由来原料でできており、仮に食べてしまっても気道に詰まったり、体に悪影響を及ぼす心配がありません。大人が使うマジックやペンなどは先が尖っており危ないですし、なめたり、中身を誤飲したときは大変危険です。

1歳半の歯磨き

149353790

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

歯磨きの習慣を身につけさせましょう

歯磨きは、歯垢の除去によって、歯周病や虫歯の予防に役立ちます。自分で歯を磨きたがる子も出てくるかと思いますが、きちんと磨けていることはないでしょう。しかしそれで良いのです。正しいブラッシングを厳しくを教えて、歯磨きが嫌いになってしまうよりも、まずは「毎日歯を磨くこと」を常識にしてしまうことが重要です。なお、仕上げ磨きはママが担当してあげてください。

口移しは「NG」です

一昔前は、食べ物の「口移し」も当たり前に行われてきました。しかし近年では、口移しによって乳幼児へ虫歯菌が移るリスクが指摘されています。そのため、口移しのみならず、お箸やスプーンなども共有しない方が安全と考えられています。

1歳半のしつけ

506139898

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しつけの基本

1歳半ごろのしつけは「早寝・早起き」「歯磨き」「あいさつ」「片付け・お着替え」といった、日常的な生活習慣をつけることを目指します。これにより、健康の基礎となる生活リズムも自然と作られることでしょう。叱ることに重きを置くよりも、「褒めること」を重視することで、子供はどんどん伸びていきます。

夜泣き

夜泣きは1歳半ごろにはおさまるケースも多いようです。「うちの子、遅れてるんじゃないかしら?」などと思うことはありません。子供によっては2歳を過ぎても夜泣きが続くケースもあります。なお、対策としては、早寝早起きを心がけ、できれば一定の時間に寝起きすることが効果的とされています。眠りの質を高め、起きにくくするためにも、お子さんが寝たら寝室は真っ暗にしてしまいましょう。

まとめ

513214485

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

離乳食を経て、すでにほ乳瓶を卒業した子が多いでしょう。次はとうとう離乳食の卒業にもチャレンジです。パパ・ママと同じようなものが食べられる事は子供にとっても喜びですし、もちろんパパ・ママにとってもうれしいことでしょう。子供の発育には個人差があるので、ほかの子供と比べることはせず、のびのびとお子さんのペースを尊重しましょう。かけがえのない我が子に愛情を注ぎ、共に泣き笑うことが、結果として発育の最良のサポートとなります。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月18日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録