読み込み中
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠5週目に見られる症状、赤ちゃんの状態は? ママの過ごし方

このコラムにありがとう

目次

妊娠5週目は、生理の遅れが決定的となるとともに、体や心にさまざまな変化が現れ始め、お母さんも、妊娠したことを意識するようになる時期です。ここでは、この時期のお母さんに現れる具体的な症状、お腹の中の赤ちゃんの状態、この時期に気をつけたいことなどをご紹介していきます。

この記事の監修ドクター

産婦人科医 岩木有里 先生 金沢医科大学卒。京都府立医科大学産婦人科、京都第二赤十字病院、済生会吹田病院を経て医療法人オーク会へ。東洋医学にも詳しく、 不妊治療での漢方薬処方も行なっている。産婦人科専門医、母体保護法指定医、日本東洋医学会会員、日本女性医学学会会員。

妊娠5週目のお母さんの体に現れる変化

183963978

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

つわりが始まる人も

妊娠5週目は、生理予定日の1週間後にあたります。この時期になると、生理周期が安定していない人でも、生理の遅れが決定的となるので、妊娠したことに気づきます。また、個人差があるものの、この頃から「つわり」が始まるという人も多いようです。つわりとは、妊娠初期に起こる不快症状のことで、だいたい妊娠5週目くらいから始まり、10週目頃にピークを迎え、胎盤が完成する15〜16週ごろにおさまるのが一般的です。

つわりはなぜ起こる?

つわりが起こるメカニズムは、まだはっきりとは解明されていませんが、妊娠によって大量に分泌されるようになる「hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)」というホルモンが関係していると考えられています。また、その他にも、ホルモンバランスの変化によって自律神経のバランスの乱れるという説や、母体が赤ちゃんを異物とみなしてアレルギー反応が起こるという説があります。

つわりの主な症状

つわりの症は人それぞれで、主なものには、胃のむかつきや吐き気・嘔吐、すっぱいものが食べたくなる、食べ物の好みが変わる、においに敏感になる、眠い・だるいなどがあります。つわりがあると、気分がブルーになりがちですが、症状の重さには、精神的なストレスも影響するので、積極的に気分転換をしたり、赤ちゃんが生まれてからの楽しい生活のことを考えたりして、前向きな気持で過ごせるように心がけましょう。

その他の妊娠初期症状

・熱っぽい ・胸の張り ・お腹・下腹部の張り、ひきつれ ・便秘、下痢 ・頻尿 ・おりものの変化

情緒が不安定になりやすい

また、この時期は、わけもなく涙が出てきたり、こらえ性がなくなったり、不機嫌になったりするなど、情緒が不安定になりがちです。しかしこれは、体の中のホルモンバランスの変化がもたらしているので、自己嫌悪に陥ったりせず、「今はそういう時期」と自分を受け入れましょう。また、パートナーにもそのことを伝え、理解してもらうようにしましょ

妊娠5週目の赤ちゃんの状態

581747783

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この時期の赤ちゃんの状態・大きさ

妊娠5週目の赤ちゃんは、まだ人間としての機能が備わっていないので、「胎児」ではなく「胎芽」と呼ばれる状態です。しかし、急ピッチで成長を続けており、先週までは、頭やお尻になる部分の見分けがやっとつく程度だったのが、今週に入ると、頭の部分が急速に発達し、背骨になる部分も弓なりになって、タツノオトシゴのような形に変化していきます。

お腹の中の赤ちゃんの頭のてっぺんからお尻までの長さを「頭臀長(とうでんちょう)」といいますが、この時期の赤ちゃんの頭臀長は、3〜5mmくらいです。

顔のパーツが発達

この時期になると、顔のパーツも少しずつでき始め、耳の元になるくぼみ、目の元になる膨らみができてきます。また、顎、頬、口、舌、脳神経などの元もできてきます。さらに手の形成がスタートして、小さな芽のような突起が体の側面にできるほか、肝臓、すい臓、胆嚢、胃腸、肺などの臓器の元も現れます。

心臓が発達

妊娠5週目になると、心臓につながる大動脈の形成もスタートします。大動脈は、体の中で一番太い動脈で、心臓から血液を全身に送り出す役割をします。赤ちゃんの心臓は、まだ発達の途中ですが、この週の終わり頃には脈も打ち始め、形成された臓器に血液を送り出すようになります。

妊娠5週目になれば妊娠の判定が下せる?

488029811

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠検査薬での判定が可能に

妊娠5週目は、妊娠検査薬での検査が可能になる時期です。というのも市販の妊娠検査薬は、尿の中にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が含まれているかどうかで妊娠の判定を下すもので、生理予定日を1週間過ぎた頃になれば、判定に必要な量のhCGが分泌されるようになるからです。

ただし、妊娠検査薬では、「子宮外妊娠」などの異常妊娠でも陽性反応が出ます。正常に妊娠できているかどうかを確認するために、陽性反応が出たら、なるべく早く産婦人科の診察を受けましょう。

産婦人科ではどんなことをするの?

初めて産婦人科に行くときは、どんな検査をするのか、不安になる人が多いかもしれません。初診の場合は、受付で問診票に記入を済ませたあと、次のような診察をするのが一般的です。

(1)尿検査 尿の中にhCGが含まれているかどうかを調べます。

(2)血圧測定、体重測定 血圧や体重を測り、健康状態をチェックします。

(3)医師の問診 問診票に基づいて、医師からいくつかの質問があります。体調やお産について、何か気になることがあるなら、このときに聞いておくとよいでしょう。

(4)内診 下半身の下着を脱いで診察台に上がり、医師が膣に手指を入れて、子宮の大きさ・やわらかさ、卵巣の状態などを確認します。初めての内診は緊張するかもしれませんが、体がこわばっていると、正確な検査ができないことがあります。ゆっくりと深呼吸を繰り返し、できるだけリラックスを心がけましょう。

(5)超音波検査 子宮内の様子をリアルタイムでモニターに映し出して確認します。赤ちゃんが大きくなってくる妊娠中期以降になると、お腹の外からプローブ(超音波を送る装置)を当てますが、妊娠初期は膣の中にプローブを挿入します。

妊娠5週目頃になれば、超音波検査で「胎嚢(たいのう)」が確認できるようになります。胎嚢とは、お腹の中の赤ちゃんが入っている袋のことで、子宮内に胎嚢が確認できれば、子宮外妊娠の心配がないということを意味します。

ただし、妊娠の確定診断を下すためには、胎嚢だけでなく、「心拍」の確認も必要です。心拍とは、赤ちゃんの心臓の拍動のことで、確認できるようになるのは、だいたい妊娠6週目頃からです。このため、妊娠5週目だと「胎嚢は確認できるけど、心拍の確認ができない」といわれることがありますが、焦らずに次の受診日を待ちましょう。

妊娠5週目に気をつけたいこと

544403623

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

流産の可能性が高い時期なので注意を

妊娠22週未満で、妊娠が継続できなくなることを「流産」といい、流産の大半は、妊娠のごく初期に起こります。一般的に流産になると、出血やお腹の強い痛み・張りなどの症状が現れます。こういった症状がある場合は、すぐに病院を受診しましょう。

また、この時期の流産は、受精卵の染色体異常など、赤ちゃん側の問題で起こることがほとんどなので、お母さんが気をつけていれば、防げるというようなものではありません。たとえ流産してしまうようなことがあっても、あまり自分を責めないでください。

葉酸をしっかり摂ろう

ビタミンB群の1つである「葉酸」は、細胞の増殖に関わり、お腹の中で活発に細胞増殖を繰り返している赤ちゃんに欠かせない栄養素です。特に、妊娠前から妊娠初期にかけては、葉酸を積極的に摂ることで、「神経管閉鎖障害」を発症するリスクを軽減させられるといわれています。神経管閉鎖障害は、先天性異常の1つで、妊娠中に脳や脊髄などの中枢神経の元になる神経管がうまく形成されなかったことで、脳や脊髄が正常に機能しなくなる病気です。

葉酸は、ほうれん草や枝豆、モロヘイヤ、ブロッコリー、春菊などの野菜に豊富に含まれているので、これらの野菜を積極的に摂りたいものです。しかし、つわりが辛いと、「食べられるものを食べるのがやっと」という人も多いかもしれません。また、実は葉酸は水に溶けやすく、熱に弱いという性質があるので、食事だけで必要量を摂取するのは簡単なことではないのです。ですから、確実に葉酸を摂取するには、食品だけなくサプリメントも利用すると良いでしょう。厚生労働省も、食事に加えてサプリメントを利用して、1日400μgの葉酸を摂取することを奨励しています。

無理をせず休んで

この時期は、熱っぽさや眠気、だるさ、つわりなど、妊娠初期の不快な症状が現れやすい時期です。また、気持ちも不安定になりがち。「疲れたらなぁ」と思ったら、無理をせずに休むようにしましょう。また、夜も早めに就寝し、たっぷり睡眠をとることが大切です。

まとめ

183963997

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠5週目は、妊娠検査薬の結果に喜んだのも束の間、つわりが始まったり、情緒が不安定になったりするなど、体や心に変化にとまどいを感じるお母さんが多いかもしれません。でも、それらは全て、妊娠を継続するために起こること。「今はそういう時期」と割り切って、無理せず、おおらかな気持ちで過ごしましょう。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月22日

この記事に投票する

回答せずに結果を見る

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録