アプリでmichillが
もっと便利に

無料ダウンロード
ログイン・会員登録すると好きな記事をお気に入り登録できます

【医師監修】妊娠2週目の体内変化は? ママに必要な4つの準備と注意点

このコラムに「ありがとう」を贈ってください。
michillライターさんの励みになります

目次

友だち追加 新着記事をお知らせします!

妊娠4週目程度までは「妊娠超初期」と呼ばれています。今回は、妊娠2週目にスポットライトを当て、この時期に起こる体の変化・兆候・準備・注意点をお伝えします。

この記事の監修ドクター

産婦人科医 岩木有里 先生 金沢医科大学卒。京都府立医科大学産婦人科、京都第二赤十字病院、済生会吹田病院を経て医療法人オーク会へ。東洋医学にも詳しく、 不妊治療での漢方薬処方も行なっている。産婦人科専門医、母体保護法指定医、日本東洋医学会会員、日本女性医学学会会員。

妊娠2週目ってどんな時期?

520702316

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

わずか2週目では、まだ妊娠に気づいていない人も多く、子宮の大きさもまだ変化はありません。体内では受精卵が細胞分裂を繰り返し、妊娠2週目も厳密にはまだ「妊娠した」とは言えない時期にあたります。

妊娠2週目っていつから?

妊娠2週目は「最後の月経初日から2週目」という意味になります。この時期は「排卵日」と重なりますので「受精が成立するタイミング」に当たるということです。

受精卵の大きさは0.1ミリ以下です。生命と呼ぶにはまだ頼りない大きさ・重さではありますが、9ヶ月以上もお腹の中で育ち、出産直前には3,000g前後の大きさにまで育ちます。ある意味では、妊娠2週目こそが「妊娠の真のスタート地点」と呼べるのかもしれません。

受精成立の時期

妊娠2週目はあくまでも「受精成立の時期」であって、妊娠成立の時期ではありません。なぜなら、受精卵が無事に「着床」できていないからです。着床とは、受精卵が子宮内膜に根をおろすことで、妊娠が成立し、その場所(子宮)が赤ちゃんの育つ場所となります。

つまり、精子と卵子が受精しても、着床しなければ妊娠には至っていないということです。着床して妊娠が確定するには「妊娠3週目」を待たなければなりません。

妊娠2週目に起こる体の変化

636941604

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2週目は妊娠のスタートラインとも呼べる時期ですが、妊娠初期症状が出る、気づくことはほぼありません。しかし、すでに母体では赤ちゃんを守るための変化が始まっています。赤ちゃんはまだ受精卵の状態ですが、性別についてはすでに決定しているのです。

【母体】赤ちゃんを異物と間違えないためのサインを出す

受精卵の遺伝子の半分はパートナーの男性のものです。そのため、母体は受精卵を「異物」と検知して、排除しようとします。それを止めるのが「EPF」(初期妊娠因子)で、受精後1〜2日という早い段階で分泌がはじまります。つまり受精卵を保護しているわけです。

なお受精から妊娠につなげていくためには、「着床」の段階を経なければなりません。受精卵はEPFの保護を受けながら、1週間から10日ほどかけて子宮(子宮内膜)をめざし、卵管を移動します。移動しながらも着実に細胞分裂が行われ、子宮に根付くための準備が進められます。

【胎児】赤ちゃんの性別が決定する

まだ人の形になっていない受精卵ですが、実はこの段階で生まれてくる赤ちゃんの性別が決定しています。その秘密が、精子と卵子がもつ遺伝情報(染色体)です。

卵子はX染色体だけを持っており、一方精子は、X染色体を持つものとY染色体を持つものの2つがあります。受精の際、X染色体を持つ精子が卵子とくっつくと「女の子」になり、Y染色体を持つ精子が卵子とくっつくと「男の子」になります。ただし実際に赤ちゃんの性別を知ることができるのは、妊娠6ヶ月前後になります。

妊娠のサイン(兆候)は?

517962252

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2週目では、妊娠初期症状はあまり無いと言われています。また妊娠2週目に受精したが、着床して妊娠反応は出たものの、超音波で胎のうが確認できるまでに流産した状態を「化学流産」と呼びます。原因としては受精卵の染色体異常や、母体が着床を維持しにくい体質である、という可能性もゼロではありません。ただし、もともと受精する確率よりも、着床する確率の方が低いので、あまり悲観する必要はないでしょう。なお化学流産の場合も具体的な症状はなく、気づかないケースが多いようです。

妊娠2週目に必要な準備4つ

479996207

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2週目は受精が成立したかどうか、自覚症状が持てない時期です。しかし妊活中の方の場合、すでに受精が成立している可能性もありますので、準備をきちんとするようにしましょう。

葉酸を摂取する

厚生労働省では「妊娠の可能性がある女性、または妊娠を希望する女性」に対して、通常よりも多い「葉酸」の摂取を推奨しています。葉酸とはビタミンB群の仲間で、妊娠初期にかけて十分に摂取しておくことで「赤ちゃんの先天的な障害(神経管閉鎖障害)を防ぐ働き」があることが知られています。

通常の成人女性の場合、葉酸の1日の推奨摂取量は240マイクログラムとなっています。しかし「妊娠の可能性がある女性、または妊娠を希望する女性」は、それに加えて400マイクログラムの葉酸を、サプリメントが強化食品で摂取することが推奨されています。葉酸を摂取することは、健康な赤ちゃんを迎えるための準備です。妊娠2週目でも遅すぎることはないので、すぐに飲み始めてください。

なお、葉酸の摂取は子宮環境の改善にもつながり「着床の成功率を上げる」という専門家もいます。妊活中の女性には良いこと尽くしのビタミンですが、実際に葉酸は「赤ちゃんのビタミン」とも呼ばれています。

体を冷やさない

受精卵が無事に着床するためには、「着床にとって理想的な子宮環境であること」が重要です。 中でも、子宮内膜に充分な厚さがあり、ふかふかとした柔軟性があると、着床しやすくなり、化学流産せずに着床が継続しやすくもなります。

子宮内膜が充分な厚さを獲得するためには「子宮の血行が良いこと」が条件の1つとなりますので、特に下半身の冷えにはご注意ください。また体が冷えると、黄体ホルモンの分泌にも悪影響を与え、子宮内膜の形成が充分にできない可能性も出てきます。

適度な運動を心がける

下半身の冷え防止には、やはり運動が大切です。最も気軽に始められるのはウォーキングで、骨盤内の血行促進には適しています。仕事帰りに家の周りを少し歩く、休日に散歩の習慣を作るなど、ちょっとした工夫でも血行促進と冷え防止の対策になります。

このように体を動かすことは、妊娠期間を乗りきるための体力づくりにもなります。しかしハードな運動はかえって体の消耗になるほか、活性酸素の発生により受精・着床しにくい要因を作り出す可能性もあります。そのためウォーキングのように、日常生活の延長であるような運動が好ましいでしょう。

貧血改善を目指す

妊娠すると赤ちゃんの成長のために、造血成分が優先的に使われるようになります。そのため、もともと貧血になりやすい方は、妊娠期間が進むにつれてどんどん貧血が悪化する恐れがあるのです。妊娠期間中の貧血は「妊婦貧血」と呼ばれますが、そうならないために、必要な栄養素をきちんと摂取しておく必要があります。

貧血予防に役立つ最も重要な栄養素は「鉄」です。鉄は赤血球のヘモグロビンの主成分となり、酸素運搬にかかわります。鉄は体内に蓄えることができますが、貧血が起きているという事はその蓄えもなくなっているということです。したがって今すぐ、毎日の食事を見直したり、サプリメントで補給する工夫が必要になります。鉄を十分に摂取し体内に蓄えがある状態ならば、妊婦貧血が起きにくくなることも期待できます。

また、先ほどご紹介した「葉酸」にも造血作用があり、貧血予防に役立ちます。胎児の成長に伴って優先的に使われてしまいますから、不足しないようにきちんと摂取することが重要です。

妊娠2週目の注意点

112798157

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

個人差はありますが、卵子の寿命は一般的に約24時間と考えられています。約1ヶ月の中でたった1日しか受精のチャンスがないので、なかなか思い通りにはいきません。ただし精子の寿命は2~3日ありますので、排卵日前後にもセックスすることでより妊娠しやすくすることが期待できます。妊娠が確定的でない以上、場合によっては「妊娠2週目のセックス」が望ましい場合もあります。

妊娠2週目もセックスが必要な場合がある

妊娠2週目はすでに受精が成立している時期として説明しましたが、これは「月経周期が28日である場合のモデルケース」です。実際の月経周期はかなり個人差があり、25日周期~38日周期までであれば正常と考えられています。さらに頻発月経(月経周期が25日未満)や稀発月経(月経周期が39日以上)の方も含めると、排卵日の予測がいかに難しいかがわかるでしょう。

このように考えると、「排卵日から2週目だし、もうセックスは控えて様子を見よう」という予測はあまりあてになりません。場合によっては妊娠2週目以降もセックスが必要なケースもありえます。やはりご自身のホルモンリズムを見極めることが、妊娠を目指す上で最も重要といえます。

そのため、完全に排卵日を予測できるわけではありませんが、なるべく早い段階から基礎体温をつけ、できる限り正確に月経周期を把握しておきましょう。妊娠率を高めるベストな方法です。

規則正しい生活を心がけましょう

妊娠1ヶ月目(妊娠超初期)は、出来る限り心身ともに健やかな状態で過ごすことが重要です。カロリーの取りすぎにならないように栄養のあるものを3食食べて、夜はしっかりと休息をとりましょう。

妊活中も仕事をしている女性の場合には、規則正しい生活をなかなか送れないかもしれません。このような場合も、極力ストレスを溜めないように過ごすことを心がけてください。マッサージ、アロマテラピー、ヨガなど、自分なりのストレス解消法を持っておくといいでしょう。

まとめ

129098955

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

妊娠2週目(受精成立)の過ごし方・準備が、妊娠3週目(着床)への橋渡しとなります。さまざまな体の変化がおこりますが、体調管理に気をつけて穏やかに過ごしてください。


関連記事


情報提供元:マイナビウーマン子育て

更新日:2017年4月22日


0

michillライターさんの励みになります

お友だち追加で最新のコスメ、ビューティー、ファッション情報などを専門家が毎日お届けします!

友だち追加 キャンペーン情報もお知らせ!
この記事に投票する

回答せずに結果を見る

よく読まれています

SNSでも新着記事をお知らせしていますmichill 公式アカウント

ログイン・無料会員登録